子育てとお金

共働き家庭のボーナスの使い道。ママはお小遣いを何に使ってるのかを暴露します。

スポンサーリンク

共働きで頑張っててよかったな~と思えるのがボーナス!!
たくさんもらえるわけではないですが、少しでもまとまってもらえると嬉しいですよね。

子育て中だとどうしても子供のことにお金がかかるので自分のことは後回しになってしまいがち。
ここでは私や他のママたちのボーナスの使い方をご紹介します。

ボーナスを年間の生命保険に充てている・・という家庭も多いのでは?

我が家は保険を全体的に見直すことで年間20万以上支出が減りました。固定費を減らすとストレスなく家計が潤うので手っ取り早いです。

保険を見直すときに相談した体験談を書いてみたので、なかなか決まった保険屋さん以外に相談する勇気が出ないと言う人は参考にしてみてくださいね。

妊娠したので保険を見直してみた

気になる共働きのボーナスの金額

世の中では夏のボーナス60万とか100万とか騒がれていますが、おお・・・そんなのほど遠い。

我が家は夫がバリバリ働いていたときはボーナスは60万ほどありました。

ボーナスが多いってことは普段のお給料も多いってことで、もともと、貧乏性なので、全額貯金してました。
(夫が無職になる前の貯金額はなんと、1000万弱ありました。それが数年でゼロに・・・)

なぜゼロになったのか詳しくはプロフィールをどうぞ。

それが、現在は夫は無職期間を経ての契約社員なので、ボーナスはゼロ!!!

悲しい現実ですね~。お金は貯めるのは大変ですがなくなるのはあっという間なものです。

現在の我が家のボーナスは私のみで20万です。

我が家のボーナスの使い道

ボーナスの使い道

さて、使い道ですが、基本的に10万は貯蓄に当てます。残りの10万を自由に使います。
少ないボーナスでも自由に使えるお金と思うと大金ですよね。

普段、10万も自由にできるお金なんてないですもん。

普段がカツカツで殆ど貯金ができていないので、貯めます。本当は全額貯金したら良いのでしょうけど、それだとストレスが貯まるので半分は自由に使います。

私は販売の仕事なので業績がよいと、たまに数万円上乗せでもらえます。めちゃ嬉しいです。頑張って売り上げ上げてよかったな~と思う瞬間。

その代わり、売り上げが落ち込んだ年は若干、支給金額が下がっちゃいますがね。。。

車検代と保険代に当てる

我が家は車を2台持っているので毎年のように車検がきます(夫と私で交互に)
そのため、夏か冬のボーナスのどちらかは車検代に消えることになります。

たいてい冬が車検なので、車検代プラス自動車保険1括払いで、ボーナスは終了(チーン)

ちなみに今年の自動車保険は年間19430円です。

私は同じ保険会社で継続契約ってことはせずに毎年必ず、こちらの自動車保険は比較で安くなる!
で、一括見積もりをしてから検討しています。

全く同じ条件なのに会社や時期によって全く保険料が違うんですよね。事故にあったときの対応はどこの保険会社も一長一短なので、割り切って安さで選んでいます。

ボーナスを自動車代に当てたときは10万貯金したのこりが自由にできるお金です。

スポンサーリンク

おいしいお肉を食べに行きます

大好きな高級牛肉のお店があります。
高級っといっても、一人4000円くらいなのですが、家族3人で行くと1万超え。

小学生の息子は私以上にペロッと1人前平らげますのでお子様セットはもう無理です。

外食で1万って相当ですよね。なので、ボーナスが出たときに食べに行っています。年に2回のお楽しみ♥

洋服をまとめ買い

毎回のボーナスでは無理ですが、2年に1回くらい、洋服をまとめ買い。

ストレスが貯まっているときは貯金を引いた残りを服につぎ込みます!!!

一気に6~8万くらい。めっちゃすっきりしますよ~。

ハウスクリーニングに使う

共働き家事

ボーナスをもらったら、ハウスクリーニングや庭の除草作業を業者に頼みます。

プロの技で掃除してもらうと、いつも出来ないところまでピカピカ。一度綺麗にするとその後の日々の掃除がとっても楽になります。

家が綺麗になって、運気も上がるし、家族も喜ぶし、いいこと尽くしの使い方だと私は感じています^^
最初利用するときは迷いましたが、一度頼むとまた頼みたくなる魅力があります。
贅沢かな?と思うけどボーナスだしたまには思い切って楽してみるといいですよん。
ハウスクリーニングだと大体1回当たり2万~3万位しますが、プチ贅沢をするなら、家事代行などを利用するのもおすすめ。
ハウスクリーニングに比べるとずいぶん安いです。

家事代行とはいえ、家事のプロの方がやってくれるので、自分よりピカピカになったという声が多いのが、お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy
です。一度覗いてみてください。

家事代行はいろんな業者があるので私はいくつかお試し的にお願いしてよかったところを継続してます。

除草作業は私はシルバー人材の方にお願いします。普通の業者の半額くらいなので助かります。

ただ、ご年配者にやってもらうのでたまに申し訳ない気持ちになったりしますが。
お茶菓子などを準備して感謝の気持ちを示すようにしています。

夫のボーナス小遣いはなし!

ボーナスですが、私が夫に、2万くらい自由に使ったら?というのですが、自分の稼ぎのなさと過去のお金遣いの荒さ反省しているのか、「俺はいらない」といいます。

我が家でボーナスをお小遣いとして使うのは私のみです。

まあ、上に書いたようにたいてい家庭のことに使いますがね~。

私が次のボーナスで狙っているものは赤ちゃんのいる家庭におすすめの掃除機5選の記事でも触れました「アイロボット社のブラーバ」掃除機の記事を書いたときに見つけて、欲しくて仕方ありません。

これがあればフローリングはいつもぴかぴかなはず!!

雑巾がけって面倒なんですよね。

ではでは他のママさんたちはどのように使っているのでしょうか聞いてみました。

共働きママのボーナスの使い道

妻のお小遣いの使い道

普段買えない化粧品をまとめ買い!

普段は購入できない自分の化粧品や基礎化粧品、洋服やバッグ、靴などをここぞとばかりにボーナスの3分の1ほど使います。いつもは子供のものばかりで自分のことは振り返る暇がないのでこんなときぐらい欲しいものを思う存分買います。

次の3分の1を家族共用の貯金に回し、残りを旅行や娯楽費、消耗品の家電製品の買い替えなどに主人のボーナスと合わせて使用するように。

何となく出てしまう端数は面倒くさいので適当な区切りで私のお小遣いに回しています。

 

夫のスーツを新調

夫婦合わせてスズメの涙ほどのボーナスですが、今回は夫のスーツを買うことにしょうかと考えています。ずっと新調してなくてヨレヨレなので、ビシッとしたものを、と思っています。ビジネスマンも、見た目をこざっぱりしておかないといけませんよね。この投資が、今後の彼の年収に跳ね返ってくることを信じます。

本当は革靴も買ってあげたいところですが、それはまた冬のボーナスまで待ってもらうことにしましょう。

 

半分は貯金

ボーナスの半分は貯金します。残りの半分に関しては旅行や大きな買い物、お互い3万円は毎回自分の自由なお金としてここから出しています。これで使ってもいい方のお金が余った場合には、貯金に回します。

お互いの3万円の使い道ですが、主人は釣りや自転車が趣味なので新しいアイテムを購入しており、私は洋服や靴、鞄などファッションアイテムを購入することが多いです。

 

ボーナスの50パーセントは貯金します。30パーセントは支払で使い、残った20パーセントを家族みんなで使います。使い方には特に差はなく、家族で旅行へ行くための旅費や、お出かけでなくなってしまいます。まれにその時に特別な出費があるときは、貯金の50パーセント分から引いて使いますので、基本はなにもかわりません。

半分は貯金に回すママも多いですね。日本人ならではでしょうか。

貯蓄しているといざというときの安心感もあります。

諸費用の支払い。残りは夫が自由に

目標としては、ボーナスの8~9割を貯金しようと思っていますが、なかなかそうはいきません。子供の幼稚園の入園費用や制服費用、保険の支払い(年一括払い)、家族旅行などや税金の支払いなどに消えてしまっています。夫のほうが、ボーナスの金額が多いし、仕事のストレスも多いようなので、趣味のことにバーンと使ってもらっています。結婚して子供がいるとこういうときじゃないと、たくさんお金を使えませんもんね。

夫も年に2度の楽しみがあるので仕事も頑張ろうと思えるみたいです。

 

いかがでしょうか。

まとまってもらえるお金のことを考えるのは楽しいですよね~。

あなたは何に使いますか?

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ