双子妊娠

帝王切開後の痛みの経過~当日から3日目~

帝王切開後動けない

スポンサーリンク

 

初めての帝王切開。

今まで一度も手術したことなかったのですっごく怖かったです。

 

入院中から帝王切開後はどんな感じなのか他の人の体験が気になってしょうがなかったので、

せっかくなので記録しておこうかなと思います。

 

帝王切開手術当日

 

当日は午前11時ごろに手術が始まり、1時過ぎには終わりました。

終わったらベッドのまま病室へ。

 

術後すぐに夫と会話をしたことは覚えているのですが、その後、殆ど記憶がありません。

下半身麻酔のため身体を動かしたいのに全く動かせないことと、

とにかく喉がカラカラでうがいがしたいということを覚えています。

 

術後当日は水を飲むこともできないので辛かった。

眠っていたのか、気がついたら夜でした。

帝王切開後動けない

 

痛みは殆どなく、でも身体がしんどい感じ。

夫と息子が面会に来ましたが声を出すことさえ辛かったです。

 

その後、初めは30~1時間おきに看護士さんが来て、血圧を測っていきます。

そして、夜通し3時間ごとに体位交換。

私は全く動けないので、看護師さんが二人がかりで動かします。

 

これをしておかないと、床ずれになったりするようです。

また、体位交換のたびに、悪露を確認、産褥ナプキンを交換してくれます。

 

夜は麻酔が切れているので痛みが出てきていました。

硬膜外麻酔だったので背中からお薬は流してもらっているのでそれでも痛いです。

 

特に子宮の確認のために、おなかを押すのですが、それが「うっっ」とうめく痛さ。

体位交換のときも、おなかに痛みが走ります。

 

ただ、麻酔のせいか、痛みはあるものの途切れ途切れに眠ることはできました。

暗い病室の中、時間が経つのをひたすら待つ感じでしたね。

永遠のように感じで、早く明日が来て欲しいとばかり思っていました。

 

足は弾性ストッキングを履き、血栓予防のポンプを付けられていたのですが、

お腹が痛くて足を動かすことさえ怖かったです。

 

ちなみに、産褥ショーツは前開きを買っておきました。

全く動けない状態で替えてもらうので買っておいてよかったです^^

翌日からは動けるので前開きは2枚あれば十分だと思います。

 

 

また、帝王切開後にはめる腹帯をネットで購入しておきました。

これが大正解!退院後も引き続き使っているのですが、

洗濯しても丈夫だし、巻くのも簡単だし、付け心地も良いです。

 

こちらも洗い替えを考え2枚購入。管理入院中にぽちりました。

いつ手術になるかわからないから早目の準備がおすすめ。

 

 

これはウエスト55センチから対応しているので、

産後へっこんだお腹にあわせてしっかり留めることができます。

 

帝王切開後翌日~激痛~

 

スポンサーリンク

 

翌日・・・痛みのあまり身体を動かすことさえできません。

 

医師の診察があり、それで問題なければお水を飲むことができます。

 

まだこの日は絶食です。不思議と全くおなかは減りませんでした。

 

看護師さんがまずはナプキンを換えてくれ、

またおなかを押していきます。

 

なんというか、私は身動き取れないし、もう、されるがまま。

恥ずかしいとかそんな気持はどっかにいってました。

 

診察も病室のベッドの上のまましてもらいます。

お水の許可が出たので早速、水分補給。

 

そして、気がついたら、病衣が、手術のときに来ていたものと違うことに気づきました。

いつ着替えさせられたのか、全く記憶にないです。

 

看護師さんが二人で、身体を拭いてくれ、下も石鹸で洗ってくれ、

そして、自分のパジャマに着替えさせてくれました。

 

ずいぶん汗をかいていたので、すっきりしました。

歯磨きもできました。

 

このとき、身体を動かしますが動かすたびにお腹が痛い・・・。かなり痛いです。

 

痛い痛いと言っていたら、痛み止めの点滴も追加してくれましたよ。

術後の痛み止め

総合病院だったためか、傷みは我慢せず、

痛み止めを使いましょうという方針だったので助かりました!

点滴でも痛みが強かったので、さらに、ロキソニンも一緒に飲みました。

 

そして、午後からは歩く練習です。

歩くことができれば、おしっこの管を抜くことができます。

 

てか、麻酔したまま導尿カテーテルを入れられたので、

入ってることさえ気づいてませんでした。

全く傷みも違和感もなかったので。

 

歩くためにはベッドから降りないといけないのですが、これが恐怖!

でも、どうやったら痛くないのか、看護師さんも説明してくれますし、しっかり予習していたので、

想像よりスムーズに降りることができました。

 

こちらの記事を参考にしてイメトレしました→ハートライフなお産さんのブログ

 

痛いですけどね。痛いけど我慢できる痛みです。

 

歩くことで、カテーテルが取れ、そして、足についているポンプもはずしてもらうことができるので、

身体が自由になりたい一身で、トイレまで歩きました。

 

新生児

 

そして、NICUにいるこどもたちに会いに行きました!!

ほんの10メートルの距離が長く感じ、ゆっく歩いていき、帰りは車椅子で迎えに来てもらいます。

 

NICUにいるわが子は、小さい身体で、点滴につながれ、いろんな管が身体に入っていて・・・・。

このまま大丈夫だろうか・・・と不安になったのは事実です。

 

特に、体重があるはずの長女の方が呼吸が不安定ということで要注意な感じでした。

 

でもでも、生まれてきたわが子はとても可愛くて、

絶対に守ってあげなければ、愛しい、そんな感情が湧いてきました。

 

術後2日目~後陣痛は意外に平気~

 

手術当日をゼロ日、翌日を1日と数えます。

2日目、1日目よりはずいぶん楽に感じるもののやっぱり痛い。

 

この日も朝からおなかを押して子宮の戻りを確認されます。

押されるタイミングで、

息をふ~っと吐くと楽な気がしました。

 

二人目で、しかも双子なので、「後陣痛」の痛みはすごいと

いわれていたのですが、私はこちらはあまり感じませんでした。

 

子宮がきゅ~っとなる感じはありますが痛みほどはなかったです。

かといって戻りが悪いわけではなく、順調に戻っていきました。

 

痛みは主に手術で切った痛みです。

皮膚の痛みとおなかの中の切ったあたりが痛いです。

 

皮膚は縦切り、子宮は横切り。見事におなかの中も切ったあたりがなんともいえず痛い。

 

この日から食事が開始。

朝食は膳粥、昼食五分がゆ、夕食全粥

 

ペロッと食べてしまいました^^

もともとお粥は好きなので美味しかったです。

 

術後3日目~授乳食が出る~

産後の食事 

3日目、ずいぶん楽になっていました!

人間の回復力はすごい!

とはいえ、めちゃ痛いです。歩けるけど、よたよた歩き。休憩しながら。

 

点滴の痛み止めは終わったけど、6時間ごとにロキソンを飲みました。

薬が切れると痛くてたまらないので、我慢せず飲んでました。

 

2ヶ月に及ぶ寝たきり生活で筋力も落ちているし、すぐに疲れる。

 

でも、マグセントの副作用のだるさよりは楽です。

 

マグセントを打ってる時は、なんともいえない疲労感があって、

身体に力が入らなかったのですが、

 

術後はおなかは痛いけど、身体には力が戻っている感覚があり、

普段の自分へ向けて体が回復しているという喜びが大きかったです。

 

この日からご飯は、授乳食!

産前は妊娠糖尿病だったので、甘いものは殆ど出なかったですが、

 

今日からデザートにゼリーが付いたり、

おやつに果汁ジュースが出たり、バナナが食べれたり!

久しぶりの甘いものに幸せを感じます^^

 

血糖値もあっという間に問題ない数値になったので、

(妊娠糖尿病の記事はこちら→分食で血糖血が安定

何でも食べていいよと許可が出ました~^^

とはいえ、病院食をしっかり食べていたら十分な量でした。

 

双子が出た後のおなかはすっきりしていて、

もう食べて胸焼けしたり、胃が圧迫されることもなくなり、

ご飯が食べれるすばらしさをかみ締めました♥

 

総合病院のため、豪華ではないですが、バランスの良い食事が出てよかったです^^

 

また、この日から搾乳が始まりました。

双子はNICUのため、直接母乳をあげることはできません。

 

頑張って絞っても、5ccほどしか出ない・・・。しかも痛い。

看護師さんが丁寧に乳首をほぐしてくれました。

 

切迫早産だったため、おっぱいのマッサージなど禁止でしたので大変でした。

 

搾り出した数滴の母乳をチューブで双子に飲ませてくれたようです。

 

この日は久しぶりにシャワーを浴びることができました!

長く点滴生活だったので1ヶ月ぶりのシャワーです!

気持ちよかった~。

 

どんどん日常の自分に近づくのを感じて気持が明るくなっていきました。

精神的には管理入院中より気持が明るく楽でした。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ