子育て(育児)と人間関係

甥や姪や友達の子供へ。小学校の入学祝におすすめのプレゼント。

小学校入学

スポンサーリンク

先日は、甥っ子や姪っ子にプレゼントする幼稚園の入園祝いについて書きました。

もうひとつの一大イベント、小学校の入学祝についてです!

幼稚園の入園祝いはあげなくても、小学校の入園祝いはあげる、という人も多いですよね。

私ももらいましたが、やっぱり嬉しいものでした^^

ここでは、喜ばれるプレゼントと、また、もし自分がもらった場合、どんなものをお返しすればいいのか、それについても書いているのでぜひ読んでみてくださいね^^

小学校入学

目覚まし時計のプレゼント

適度な価格ながらも喜ばれるプレゼントです!

私の息子も自分の目覚まし時計を買ってあげたときは大喜びでした。

ちょっと大人に近づいた気分になるのでしょうね。

そして、きちんと早寝早起きをこころがけるようになるので親にとっても嬉しい入学祝です。

小学校の入学祝いに親戚から目覚まし時計をもらいました。それまでは親に起こしてもらうことが当たり前でした。時計をもらったことで、「小学生なんだから自分のことを自分で管理する」という自覚が芽生えてきて、とても嬉しかったです。

次の日に目覚まし時計が鳴ることを考え、夜も早く寝るようになったので良かったなと思います。

お返しはもらった物の値段を考えて簡単なコーヒーギフトにしました。

 

会社の同僚からもらった目覚まし時計が嬉しかったです。それまでは、朝は一人では起きることはなく、母親に起こされていた子供ですが、小学校入学にいただいた目覚まし時計をきっかけに、自分で起きる時間をセットして、朝、一人で起きるようになりました。自立の一歩として、とてもありがたかったプレゼントだったと思います。

 

今年の春に小学校新一年生になる息子をもつ母です。少し早いのですが、お正月に実家に帰った際に私の弟から息子へ入学祝いをもらいました。中身は目覚まし時計。

私の弟は朝が弱く、学生時代はいつまで経っても母に起こしてもらっていました。

そんな弟が、私の息子には自分で起きられるようになってほしい、と入学祝いを選んでくれたのでした。

息子も小学生になったら自分で起きないといけない、と責任を感じたのか、今から必死に起きる練習をしています。

夫と私は小学校への物品の名前書きなどの入学準備に必死で、目覚まし時計なんて考えもしなかったので、有り難く思いました。

 

可愛い文房具のセット

スポンサーリンク

鉛筆や消しゴム、ノートはいくつあっても足りないくらい必要になります!

そして、いいものを買おうとすると想像以上に値段がするのですよね。

消耗品だし、いくつもらっても嬉しいです。

こどもも、初めての文具セットをもらうことで小学校生活に向けてわくわくが募ってすごく喜びます!

姉から、文房具のセットをもらいました。もともとセット売りになっているものではなく、子供が好きそうなものを一つずつ選んでセレクトしてくれました。筆箱や定規、消しゴムなどのほかに、鉛筆も20本くらい入っていました。

入学準備にお金がかかり、キャラクターなどの可愛い文房具は高くて買ってあげれなかったのでう嬉しかったです。

お返しは、箱入りのマドレーヌにしました。

お姉さんが一生懸命に選んでくれた。そう思うと、より嬉しく感じますよね。

かっこいい運動靴の入学祝

入学祝いに、叔母から運動靴をもらいました。毎日楽しく学校に行けるようにと、子供と一緒に買いに行ってくれました。子供は、かっこいい運動靴で頑張って学校に通いました。

学校まで2キロと遠い道のりを、1年生が重たいランドセルを背負って通うことに、親としても不安だったのでうれしかったです。

お返しは、叔母が好きなチーズケーキにしました

運動靴も助かります。

私の子は男の子だからか、靴は2ヶ月に1足のペースで履きつぶします。

毎日元気に走り回っている証拠で嬉しくもあるんですが、本当に大人と比べるとびっくりするくらい、ぼろぼろになります。

安いスニーカーだと下手すると1ヶ月たたないうちに、はきつぶすので、そこそこ値段がするものを選ぶのですが、それでも、持ちません。

かっこいい靴だと、子供もテンション上がるし、良い品を選ぶと足のためにも安心だし、助かりますよね~。

入学準備物の袋類

母から、ハンドメイドの袋をもらいました。学校で使用します。上靴袋、巾着袋、手提げかばんです

。私は、ミシンを持っていないので作れなくて困っていました。

とても、助かりました。子供の好きな柄で作ってくれて、うれしかったです。

何年も使っています。

お返しはしていません。

子供がお礼の電話をかけ、入学式の写真を見せました。

 

ハンドメイドの袋は大助かりですね。

小学校に入ると、手作り袋の嵐です。

学校指定のものって、微妙に市販のサイズと違ったりしているのですよね。

また、市販のものはデザインが子供の好みじゃなかったりします。

私も裁縫が苦手なので苦労しましたよ。

私は「オークション」で買い揃えてしまいました。

そして、無理なものは近所の生地屋さんにオーダー。

作成に結構値段がかかりました。

ハンドメイドが得意なママは、お友達の入学祝にプレゼントすると大喜びされると思います!

移動式ポケット

 

小学校入学時に友人から「移動式ポケット」をもらいました。近頃は、お店などでも見かけるようになりましたが、当時はこんなものがあるとは知りませんでした。使ってみると、本当に便利です。

男の子のズボンにはポケットがありますが、スカートは、ポケットがないものが時々あります。

それだと、ティッシュとハンカチが持ち歩けないんですよね。

でもこの移動式ポケットがあるとその悩みが解消されます。

1年生でも少し練習すれば自分で着脱ができるので、そこも良いところですね。

友達にはお返しとして近所のケーキ屋さんでプリンを家族分購入してプレゼントしました。

お返しは相手に気を使わせないようにあえて手軽なものにしました。

こんなものがあるんですね。

私は知りませんでした!

ポケットがない服のときは確かに便利ですね~。

息子はなんだかんだポケットに入れ込みます。

ポケットがないときは、一緒に出かけているときは拾った棒切れや石などを持っていて・・・といわれるので、これはあると便利かも。

正直助かる現金や商品券

お友達からもらうと困惑してしまうけれど、親戚からもらう「お祝い金」は正直嬉しいです。

そして、助かります。

祖母から、入園祝いで、商品券をいただきました。いただいた商品券は、近所のスーパーで使用できるものだったので、家計にすごく助かりました。お返しは、掃除機を購入して祖母にあげました。

祖母は新しい掃除機が欲しいと言っていたので、ケーズデンキに行って掃除機を購入しました。

祖母はとても喜んでいましたし、私自身も嬉しい気持ちになりました。

 

我が家では、祖母に、現金でのお祝いのほかに小学校で使うものを買ってもらいました。少し高価な靴、傘、レインコートです。入学前には、机を買ったり、入学式に着るス-ツ(親子の)代などで出費があり、その他にも入学時は、体育着やバッグ類など細かいものを揃えるのがとても大変。

実際に使うものを買ってもらえると本当に助かります。

長男はとてもヤンチャで靴も傘もすぐにボロボロになってしまったので、3セットぐらいづつあったほうがよかったですね。

ちなみに、実母なのでお返しはしていません。

 

小学校に入るときは思った以上にお金がかかります。

まず、ランドセル。

高いですよね。

6年間使えると考えるとお得なのですが、最初に買うときは痛い出費です。

他にも文房具などいろいろ。

また、学習机を買う家庭も多いです。

出費の大きい入学時の祝い金はありがたいです。

私も実母からお金をいただきました。

かなり助かりましたよ~。

今回の記事はいかがだったでしょうか?

お友達のお子さんや、可愛い姪っ子ちゃんや甥っ子ちゃんへのプレゼントの参考になれていれば嬉しいです。

ママたちの話を聞くと、おお、そんなのもらうなんていいわね~なんて思います(笑)

 

自分がママになると他にもいろんな人ととのお付き合いが増えてきます。子どもがいることで広がる関係についてはこちらの記事をどうぞ

子育てを取り巻く人間関係の悩みまとめ

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ