子育て(育児)と人間関係

小学校は保育園よりママ友が必要になる!うまい付き合い方

ママ付き合い

スポンサーリンク

私は、マ友なんて必要ない!ってタイプなのですが、子どもが小学生になると意外や意外、保育園のころよりもママ付き合いが増えることになりました。

 

保育園のころは子どもの行動範囲がほぼ親と一緒なので、特に問題もなく、そして毎日忙しかったのでママ付き合いなんてなくても全然気にしたことがなかったです。

 

保育園の参観日などで話す相手がいないとき、ちょっと寂しい・・・と思っても、幼児は基本的にママとべったりなので、気にならないレベル。それに保育園の場合はどのママも忙しくて友達付き合いをしているのは本当に少数派でした。

 

ところが小学校になると思ったよりもママたちとの付き合いが出てきます。今回は人間関係が苦手な私でもうまくやっていけているママ友とのお付き合い方法を紹介。

 

小学校は意外にママとのお付き合いが豊富

小学校での付き合い

保育園のころは、両親ともに働いている人たちばかりなので、行事の参加や子どものことなど、どちらかというと父親も出番が多くて、パパもママも両方保育園に顔を出すというのが多かったです。

 

ところが、小学校は行事に来るのも、役員をするのも殆ど母親。父親はちらほらしかみません。そのため、必然的私が学校に出向いたり委員会のやり取りをすることが増えます。

 

そのほか、1人1役員なので親同士の連絡のやり取りは結構な頻度だし、PTA行事など参加できないときは他のお母さんにお願いしたりということもあります。

 

子どもが風邪などで休んだときは、お友達に連絡物を持たせることになっているので子どもの近所の友達は把握しておく必要もありますし、もちろん連絡物を持ってきてくれるのですから、その親に会ったときには一言お礼が必要。

 

また、保育園のころはこどもたち同士だけで遊ぶことはなかったですが、小学校に入ると各々で遊ぶようになります。そうすると、友達の家にお邪魔するわけです。

お邪魔した家にわざわざ連絡する必要はありませんが、いつも遊ぶ家の方には参観日であったときにきちんと挨拶をするのが必要にってきます。

 

また、平日は友達同士で遊ぶ約束をするのですが日曜日は、ラインを使って親同士が連絡を取って子どもが遊ぶ・・・というな状況も出てきました。

他にも息子は小学校になってからサッカーを始めているのですが、私も夫も仕事で試合にいけないときなどは、いける子の親に世話をお願いすることもあり、ギブアンドテイクが必要になるなと感じることが多いです。

 

ママ付き合い以上ママ友未満がおすすめ

スポンサーリンク

ここで安心して欲しいのは、テレビで出てくるような「ママ友」まで踏み込んだお付き合いは必ずしも必要ないということ。私もラインでやり取りするママはいますが、一緒にランチしたり、家族で遊んだり・・ということはありません。

 

もちろん、仲良くなって家族ぐるみでお付き合いが出来れば楽しいとは思います。ただ、それに伴いわずらわしさは生まれます。

たまに、子どもも親も仲良しの家族がありますが、子どもは徐々に成長します。親同士は気が合うけれど子供同士は中が悪い・・なんてことも頻繁に起こってくるので、安易に距離を近づけすぎると後々困ることになります。

 

とはいえ、小学校になると友達同士のトラブルや先生への不安など思いがけないトラブルもあります。そんなときにちょっとだけ話すことができる相手・・・ママ付き合い以上ママとも未満のお付き合いが良い距離なのかと思っています。

べったり頻繁に会ったりお付き合いはしないけれど、ちょっとした情報交換や、お願い事はできる。そんなお付き合いをしていると結構楽に過ごすことができます。

 

小学校のママとうまく付き合うコツ

基本は笑顔での挨拶

ママ付き合い
参観日はママたちと仲良くなる絶好の機会。かといっておしゃべりを長々する必要はありません。

「~君のお母さんですよね?いつもお世話になっています。いつも遊んで頂いてありがとうございます。うちの子、きちんとご挨拶してますか?」みたいな感じで軽く話せばOKです。

 

軽く挨拶して、後は子どもの参観を見ていれば大丈夫。後は参観が終わってからまだ挨拶してないお母さんにご挨拶。その程度。

余計なことは話さない

役員会やスポーツチームで一緒だったりと、より親密に話す機会がある事もあります。

そのときも、できるだけ余計な情報を話すようなことはしません。子どものことや、当たり障りないことならいいのですが、もし話しているママが他のままの悪口のようなことを言い出したら、「私はお会いしたことがないのでよくわかりません~」とスルーします。

 

人の悪口を言う人とはさらっと距離を置くのがおすすめです。そして深入りしないように。どこにでもうわさ好きな人はいるものです。

 

子どもの前で親のことを話さない

子ども
小学生にもなると親の会話を殆ど理解しています。他の親の噂話などを子どもの前で話さないこと。

 

子の時期の子どもは親の言うことをそのままストレートに受けてそれをまた他の友達に話します。子どもが話したことがへんな風にこじれて他の保護者の耳に入らないように注意が必要です。

 

子どもから、「~君のところ離婚したんだって!!」という話も聞いたりしますが、「へ~そうなの」程度に留めて、そういった会話については下手に広げないような心がけも必要。

 

こどもはかなり詳しく話してくるので本当によく聞いているな・・・・と驚きますよ。

 

ママ友がいるメリット

ママとも会
ママ友・・・というかママ付き合い以上の場合ですが、色々情報交換できるのが良いです。

何人もお子さんがいるママさんならそうではないのかもしれませんが、我が家は一人っ子なのでいろんなことが始めて。

一般的にこれくらいの子どもの成長ってどうなんだろう?と不安になることもあります。そんな時ママ友がいると、あ、みんなこんなもんなんだ、と安心したりできます。

 

また、小学生で、わんぱくだと、サッカーのときや遊んでいるときなど、友達とぶつかって怪我をするなんてこともあります。そんな時、友達の親のことを知っていると、すぐに電話を入れて、怪我をさせてしまったようだけど、大丈夫ですか?など聞くことも出来ます。

 

逆もありで、怪我をして帰ってきたときに、ひとこと、相手の親から連絡があるとそれだけで気持が違ってきます。

また、夏休みの学校行事など、仕事でいけないときは、付き添いをお願いしたりされたり、持ちつ持たれつな関係を築くことで、子どもも遊べるし、親の負担も減ります。

もう少し子どもが多くくなったら、ママ付き合いもさほど必要ないのかもしれませんが、小学校3年生の今は、最低限のお付き合いはありだなと感じています。

ママ友がいるデメリット

これは、付き合う相手で大きく変わるし、あまり深く付き合うとメンドウなことになったりします。

・毎回子どものお世話お頼まれる

・人の悪口に巻き込まれる

・誘いに乗らないと不機嫌になる

などがあります。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ