子育て(育児)と人間関係

事を荒立てずにママ友の誘いをうまく断る具体的な方法紹介

ママ会

スポンサーリンク

子どもが出来て、時々遊ぶならストレス発散になったり、相談事が出来て、心強いママ友ですが、そのお付き合いに疲れてくることがないですか?

ママ友との関係を悪くはしたくないけれど、頻繁にお付き合いがあるのは疲れる。メンドクサイ。

ただでさえ、自分ひとりの時間を持つのが難しい子育て中、いつもお誘いを受けていたら、いっぱいいっぱいになってしまうもの。

でも、人の誘いを断るのはちょっと勇気が要りますよね。

嫌われたりしないかな?

断ることで、これからの関係が悪くならないかな?なんて。

ここでは、ママ友との関係をこじらすことなく上手に断る方法をお伝えします。

家族の用事を理由に断る

義理の実家に呼ばれていて・・・とか、夫がどうしても家族で出かけたいから・・とか、自分以外のどうしようもない理由をアピールします。

特に、自分の実家関連だと、「え~、実家優先??」と思われるかもしれませんが、「義実家」であれば、どのママも、同じような思いがあるので、それ以上踏み込まれることはないはず。

「そうなんだ、大変だね」とむしろ、共感してもらえるかも。

ママ友の中でも、発言力があり中心的な友人がいました。

彼女はとにかく、「子供を旦那に見てもらって飲みに行こう!」とよく誘って来ていて・・・。

我が家は旦那の仕事が忙しく、預けたい時間になんて帰って来ない…親も遠い…でも断り続けると誘われなくなるのでは?と不安もありましたが、

断る時は「旦那が遅いから…」「もっと遅い時間から途中参加になっちゃうんだ…」等、言っていました。
なかなか彼女の夜遊びに付き合う事ができなかったかわりに、半年に1回くらい、我が家で子連れのパーティ(ママは飲み会)を開催して、ご機嫌を取っていましたよ。

深夜までOK、子供は泊まってもOKだとママ友は割り勘でも喜んでくれていて、バランスよくお付き合いすることが出来ています。

 

子供の幼稚園のときのママ友。

友達を家に呼んでもてなすのが大好きな人で、頻度がちょっと多くてうんざりしていました。

夏になると、「うちでバーベキューしよう!」と、なんと昼間に集合をかけられました。

昼間ってことは…夕方くらいまで、場合には夜までズルズル続くってこと?勘弁して~と思って、ちょうど日曜だということもあって家族でお出かけするからということで断ろうと決めました。

「家族でこっちに来れば?」と言われるかなと思ったけれど、もしそう言われたら「主人は気を使う人だから、遠慮しちゃうと思う」と言おうかなと考えて。

実際には「ごめんねー、主人が久し振りに日曜休みとれて、家族で遠出することになって…」と言いました。

今回は家族の時間を優先したいというニュアンス、そして遠くに行くので顔も出せない、という雰囲気をこめましたよ。

特に関係が悪くなることもなく、その後もたまにお誘いは来ています。

 

私が誘われたのは気乗りしないランチ。

メンバーも微妙(そんなに仲良くないママさんがいた)だったし、そんなに楽しくないメンバーでランチしてもお金のムダだなぁと思ってしまいました。

なので、旦那の親の通院につきそわないといけない、という理由で断りました。

実際にそういう状況はありましたので(旦那の親は80代と高齢ですし)正直後ろめたいことはそんなにありませんでした。

実際に使った言い回しは「ごめんねー、旦那の親の通院に旦那と交代で付き添ってて、確認したんだけどその日に付き添うことになったから無理そうー。」という感じ。

ポイントは「自分の都合ではなく、相手がいること。そしてもう変えられない」というニュアンスを伝えること。

うまく断っているのでその後も同じメンバーのママさんたちとはたまにやりとりしています。

 

子どもの体調を理由に断る

スポンサーリンク

 

子どもはちょっとしたことで体調を崩したりしやすいもの。

また、その子の性格で、外に行くと機嫌が悪くなったり、夜の寝つきが悪くなったり・・・ということもあります。

子どもが理由でのお断りの場合、お互い様なので、殆どが理解を示してくれます。

どのママにとっても子どもが一番ですから。

特に小さいころのママ友ランチなどは、子どもの体調を無視してまでいく必要はありません。

お互い「ドタキャンやむなし」くらいのゆるい関係の方が楽かもしれませんね。

買い物へ行こうと時々誘われます。

すごく良い方なんですが、買い物となると好きなところへどんどん行ってしまうのでちょっとな、と思っていまして、子供の体調が悪いと言ってお断わりしました。

子供のことなら同じママさんなのでわかってくれますし、わたしが逆の立場だったら、お大事にしてねと言います。

関係も崩れず前と変わらないですよ。

 

幼稚園の行事の後、ママ友からランチに誘われました。

1歳の子がいて、食物アレルギーがあるので、この子を連れて外食に行きたくありませんでした。
幼稚園は行事の後もあったので、ママ友と下の子でのランチでした。

下の子が行事の間、よく泣いていました。

2日前にあった小学校の運動会が雨で風邪をひいて機嫌が悪かったので、このことを理由に断りました。

治ったらまた誘ってねというと、気持ちよく理解してくれましたよ。

 

子供の同級生のパートで働いているママが、自分の平日休みに必ずランチに誘ってきます。

しかも、気軽なランチではなく、隠れ家的な店を指定してくるので場所も見つけづらく料金も高めで困っていました。

ランチ会のメンバーも大勢の人が集合しているような状態で、とても気疲れしてしまう状態。
ママ友と距離をとりたいものの、子供同士は仲良しだったので、無視することも出来ず適度に参加していました。

しかし、数回に一度は「お兄ちゃんが風邪をひいてしまった」と子供をダシに断っていました。

これなら角が立たず誘いを断れるので、私は気乗りがしない時には、毎回使っています。

特にマンモス校に通っているので、学年の違う兄弟が欠席したかどうかはわかるはずもないので、気軽に使ってしまっています。

 

自分ルールを適用する

スポンサーリンク

 

自分なりの考えで、動いている人に対して、うだうだ言う人はあまりいないものです。

私は「こういう人です」ということを普段からはっきりしておくことで、断ったとき、相手も「あ~、そうなんだ、用事があるんだね」と思ってくれます。

上手くソフトな言い回しでお断りできればいいのかも知れませんが、それが努力しなくてはできないのであれば、それもストレスになってしまいそう。

正直な気持ちを伝えて、○○ちゃんのママではない自分という人間を知ってもらうように日常から会話をしておきます。

『今日は自分にご褒美の自宅で読書の日なの。一週間前から決めていたのよ。』

『予定変更すると、次はなかなかチャンスがなくて。』

など一回はっきりいうのがおすすめ。

自分の意思を持っている人と思われることと、付き合いが悪いと思われるのが違うと思います。

『今日は△△の日』という自分ルールをよく使っていました。

 

自分の体調を理由に正直に断る

子育て中はどうしても寝不足になったり、体調管理が難しいものです。

産後の体力や体調には個人差が多いので、昼間、動き回っても元気なママもいれば、外に出るだけでぐったりするママもいます。

私もあまり体力があるほうではなかったので、ママ友との外出は2週間に1回程度でした。

もともと一人で過ごすのが好きだったこともあり、ママ友が少ないのはさほど苦にならなかったです。

たまに寂しいと思うこともありましたけどね。

絵を描くのが趣味のママ友から、観たい展覧会があるので一緒に行きましょうと誘われました。

いつもなら喜んでご一緒するのですが、家事や農業の手伝いで忙しく疲れきっていてどうしてもその気になれません。

ウソをついて断るのは嫌なので、正直に「何だか疲れていてムリみたい。元気になったら行きたいからまた誘ってね」と素直に言うと「わかった。また声をかけるね」とあっさり承知してくれました。

子育ての大変さはお互い身に沁みているので、妙な遠慮はいりません。

まっすぐな気持ちは必ず伝わります。またわかってくれるからこそのママ友だと思います。

 

申しわけない気持ちを伝えつつはっきり言う

ランチくらいなら気軽に断れるけれど、なかなか難しいのがサークルなどの活動のお誘い。

でも、一度受けてしまうとずるずると興味のない活動に参加することになるのでしっかりお断りすることは大事です。

「時間がない」「余裕がない」「今の状況だと難しい」という理由を前面に出しつつ、本当は一緒にやりたいけれど、客観的に見て無理そう・・・とアピールします。

物理的、客観的に無理なことに関して、押してくるママはいません。

私は~したいのだけど、ごめんね~という感じで伝えるのがポイントです。

相手のママ友はとにかく一人行動が苦手な人で、地域のスポーツクラブに一緒に所属しないかと誘ってきました。

正直、私は仕事と家事でそれどころではない状況であるということもあり、断りにくかったのですが勇気を振り絞って相手の気分を害さないように柔らかく断りましたよ。

断り方ですが、まず大切なのは相手を気遣いつつ、「本当は時間があればご一緒したいんだけどとても今の段階では厳しい」ということを全面的に出すことです。

本当にごめんなさい、という気持ちで自分自身素直な気持ちでお断りすることが大切ですね。キーワードは”現段階では無理”という言い方です。

お断りした後でも、お互いの関係は変わりなく、今までどおり続いています。

あくまでも、自分の都合で相手に申し訳ない、という気持ちを全面的に出すことが今まで通りのお付き合いを続けるコツではないでしょうか。

 

習い事を一緒行かせようと誘われたんですが、その方は前からライバル心剥き出しの方だったのでお断りしようと思いました。
習い事は子供によって合うところ、合わないところがあるからよく考えて行かせた方が良いよと先輩ママから聞いたことがあるから、お互い自分の子供が合いそうな所に行った方が良いと思うよーと伝えました。

ただ、近くの習い事の一箇所だけは一緒に体験で行くことに。

本当の気持ちでは、一緒に行きたくなかったのですが、全て断ると角が立つので割り切りました。

お互い別の所で習い事をして、それぞれにそこで友達が出来て楽しく過ごしています。
会えば挨拶する程度です。

 

いかがでしたか?

ママ友のお誘いを断ってもその後もうまく付き合っていくことは可能です。

現代のママは忙しいので、ドラマのようなママ友争いはそれほどないので、恐れずにお断りしてみてくださいね。

自分が無理をしないのが一番。

 

 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ