子育てと本

絵本の読み聞かせはいつから?年齢別のコツ

読み聞かせ絵本

スポンサーリンク

 
読み聞かせをすることで、子供に良い影響があります。

●想像する力や集中力がつく

●親とのコミュニケーションになる

●言葉が発達する

などなど。

これらのメリットももちろん嬉しいのですが、読み聞かせにおいて一番大事なことは、親子が楽しく過ごすことだと感じています。

私は息子が0歳のころから本を読んでいて、今は小学校での読み聞かせのボランティアをしています。

その経験を踏まえて、読み聞かせのコツを年齢別に書いてみようと思います。

0歳~1歳の読み聞かせ

0歳児におすすめの絵本
出展http://www.ehonnavi.net/

読み聞かせは0歳からスタートしました。

寝返りを始めたころから読み聞かせをしています。

●絵本は絵がはっきり大きく書いているもの

●短い単語で構成されたもの

●「ぱらぱら」「コツコツ」などの音を表現する言葉が出てくるもの

このころの読み聞かせは、言葉を聞かせると言うよりも、ママの楽しい声を聞かせてあげると言う意味合いが強いです。

なので、必ずしも文字か書いているものではなくて、絵だけで、ママが想像しながら読めるものもおすすめ。

私は、ヘレン・オクセンバリーの「あそび」「したく」などをよく読んでいました。

文字はなく絵だけなのですが、赤ちゃんが好む優しい絵で、息子もニコニコしていましたよ。
 

スポンサーリンク


 

2歳~保育園、幼稚園の読み聞かせ

だんだんお話の内容などが理解できるようになってきて、どきどき、わくわくしながら聞いてくれます。

3歳くらいまでは身近な物を題材にした絵本も喜びます。

あ、これ知ってるよ!と言う子供の気持ちに寄り添うことが出来ます。

この時期によく読んだのは、平山和子さんの「くだもの」や松谷美代子さんの「お風呂でちゃぷちゃぷ」

2歳児が好きな絵本
出展http://www.ehonnavi.net/

優しい絵柄で、お風呂など身近な話題なので、絵本に引き付けられていました。

他にも、保育園では「はらぺこあおむし」の特大絵本があり、家にもあったのですが、何回読んでも嬉しそうでした。

4歳以上になってくると、空想の中のお話も自分で想像しながら楽しんで聞いてくれるようになります。

小学生の読み聞かせ

小学生に人気の本
出展http://www.ehonnavi.net/

長い物語も日を分けながら聞けるようになります。

また、文字が読めるようになるので、親子で読むのも楽しいものです。

このころは絵本以外にも、こどもの興味がある恐竜の本や、昆虫の本などの「科学本」に分類されるものも一緒に読んでいます。

科学本は分厚いので必ずしも全部は読まず、所々写真を楽しみながら読んでいます。

1年生のころは自分で読むことはなく、ほとんど私が読んで聞かせていました。

保育園年長さん~小学生1年までは寝る前に息子の方から本を読んで!と言って数冊持ってくることがよくありました。

2年生になると、だいぶすらすら文字が読めるようになるので、学校から面白そうな本を借りてきて自分で読んだりもします。

息子がはまっているのは「ほねほねザウルス」

他の本は読もうとしないのですが、これだけはシリーズで読んでいます。

読み聞かせの注意点

効果を期待しない

絵本を読み聞かせることで、良い効果があるとはいわれていますが、すべての子に当てはまるわけではないです。

本を読んでやっているのに、、、字が読めない、言葉が遅いなどイライラしては意味がありません。

読み聞かせは親子で楽しく時間を過ごすためのもの。

過度な期待は禁物です。

無理やり聞かせない

絵本読んで!と本を持ってくる割には、じっと聞いていないのがこどもです。

聞きなさい!と怒ると楽しいはずの時間が嫌なものになってしまいます。

息子はそうでもなかったのですが、甥っ子は、本を持ってくるのですが、読み始めるとちょろちょろどこかに行きだしたり、本のページをバンバンたたいたりしていました。

そんなときも、気にせず、子供に本をめくらせたり自由にさせていました。

また、読んでる途中でどこかにいっても、私は気にせず読み続けていました。

そうすると、こどもの方からまた戻ってきたりしていましたよ。

感想を強制しない

ある程度の年齢になって、お話の内容がわかってくると、ちゃんと理解してるのかな?と

「どんな話だった?」

「どう思った?」など感想を求めがちです。

こどもの方から「楽しかった!」「~はすごいね」などと話しかけてくる分にはいいのですが、

親が無理に何かをききだそうとすると、こどもは窮屈な思いをします。

特にまだ、小さいうちは自分で思っていることを言葉にすることが苦手です。

こどもに聞くのではなく、ママが、今のお話の~はこんなところが楽しいね、などいうことで、子供が心で感じていることを言葉で表現してあげることができます。

いくら読んでも本を読まない子もいる

同じ読み聞かせボランティア仲間の話です。

このママは子供が赤ちゃんのころから読み聞かせをしていて、また、さまざまなボランティアに参加し、講師などもつとめている、読み聞かせのプロです。

でも、「うちの子ほん、読まないよ!」と言っていました。

かなりの量の本を読み聞かせてきたらしいのですが、お子さんは全く読まないとのこと。

「個性だろうね~」と言っていたので、本をたくさん読んであげたからと言って必ずしもその子が読むようになるとは限らないようです。

これだけ読んだんだから、きっと本好きになるはず!と思い込まないほうが、ママのためにも子共のためにも良いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ