子育てあるある

読むと楽しい。子育てあるある笑い話。ママの体験17話

笑う女の子

スポンサーリンク

子どもを育てていると、この子って・・面白い。と笑いが出ることありませんか?

大変な子育てだけど、子どもは思いもよらないことをして私たちママを笑わせてくれます。

ああ、うちの子もそうだったな~なんて、人の話を聞くとついつい口元が緩んでほっこり。

こどもって本当に素直な感情を口にするのでかわいくて楽しい。

いろんなママの面白話を集めてみました。

読んで、ちょっと一息入れてみませんか?

笑う女の子

ああ、勘違い

浜崎あゆみさんが好きな私なのですが、子供が倖田來未さんと間違うことがありました。

そしてある日「ままーこうだくみででるよーきてー」と番組を見ていた子供が私を呼ぶので行くと、そこにはIKOOさんが。

子供にはなぜか同じに見えたようですが、その場の大人は大爆笑でした。

今から数年前の話ですが、今でもたまに思い出しては家族で大爆笑になる話題のひとつであります。

なぜ問いかける?

二歳を前にして色んな事が出来るようになり、少しずつ話すことができるようになってきた息子。
なぜか息子の言葉の語尾はいつも疑問形(笑)。

私を呼ぶ時はいつもママか?と問いかけられ、寝る前におやすみと言えばおやすみか?なぜだか発する言葉が全てに近いほど疑問形。

言ってることはわかるけど、疑問形ばかりが続くので、いつ話が終わるんだろうなとこちらが疑問になってしまっています。

かわいそうだけどかわいいと思っちゃう母

スポンサーリンク

息子が3歳の時、近所のバス車庫の横の側溝にザリガニが住みついていました。

深さ10センチほどで子供たちは割り箸の先にちくわやするめをひもでくくりつけ、ザリガニ釣りを楽しんでいました。

夢中になり、覗き込んで吊り上げようとした息子は、頭が重たかったのか前のめりにはまってしまいました。

全身泥まみれの姿で泣きながら帰ってくるわが子に、大丈夫?と声をかけるどころか笑いが止まらず、お風呂に直行させシャワーで流しました。
想像するだけで今でも笑えてきます。

誰でも彼でも手を出す息子

息子が10か月ぐらいの時の話です。

すごくひとなつっこい我が子、抱っこをしていても、油断すると抱っこひもから手を抜いて、隣の人をポンポンとしてしまうんです。

母である私は毎回ハラハラしてるにも関わらず、無邪気な笑顔でポンポンしまくってました。優しい方だと相手してくれることも。

なんにでも興味津々で手を伸ばす息子に、渡しても大丈夫なものを貸してくれたり、いつも恐縮してました。1

歳7か月になった今も人懐っこさは健在で、お散歩中には会う人にバイバイしたり、ハイタッチしたり自由にしています。人見知りしないのは良いのですが、知らない人についていかないか、今から心配されてます。

兄弟同じ間違い

我が子の次男、現在4歳(保育園・年中)のお話です。

昨年より保育園に通い始め、たくさんの歌を覚えて帰ってくるようになりました。
覚えて帰って来た歌は、必ず口ずさんでいたり、「聞いて~」と言っては大熱唱しています。

最近覚えて帰ってきた歌は「どんぐりころころ」。

大熱唱していて、2番に突入したとき。
「しばらく」が言えずに「しらばく」に(笑)。

ゆっくりとなら「しばらく」と言えるのですが、口にするとどうしても「しらばく」になってしまいます。

4歳くらいの子供ってこういう言い間違いって多いのですが、なぜ私が大爆笑したかと言うと、現在8歳になる長男も全く同じだったからです。

長男もこの様子を見ていて大爆笑していましたが、兄弟って似るのかなぁと思ったと同時に、長男の成長を感じました。こんな次男の言い間違いも今だけだと思うので、見守りたいと思います。

それ言っちゃう~??

長男が3歳の時、私の母親との会話をそっと聞いていました。

私の父親は髪が薄いのですが、母親が部屋に髪の毛が落ちていて掃除をしていると「どうして掃除するの?」と息子。

母は「髪の毛はダニが寄ってくるからね」。

「じゃあ、じいじは頭をダニに食べられたの?」と息子。

母親は笑い過ぎて何も答えられませんでした。

子供って正直ですよね。

大人にはそんな発想はありませんし、薄毛の人に対してそんなこと言えませんよ。

よくある逆さ言葉や間違い言葉

息子が四歳の頃の話です。
子供が一度は通る道、いい間違え。

息子はこれが結構はっきり言葉を話す頃までずっと続いていて、「がんばって」は「ばんがって」、「パトカー」は「タポカー」を毎回大きな声でお外でも連呼してくれるので、結構恥ずかしかったです。

ズボンのことはボンズ。「ボンズはくの~」と言ってました(笑)

でも今だけだと思えば微笑ましくもありますね!

まわりの人達には笑われてますが、本人は全く気にせず幼稚園の年長さんまで続いていました。

スポンサーリンク

 

芸人を目指す子どもたち?

●歳の娘は私の機嫌が悪いと笑わせようといろいろ仕掛けてきます。

よくやるのが、私の洋服やパパのパンツをわざと履いて「ママ見てみて~」とやってきます。

洋服の組み合わせがおかしくて思わず笑ってしまいます。パパのパンツは娘自身のズボンの上から履くとずり落ちてこなくてその姿がなんとも滑稽です。

最近はお風呂上りにパンツだけ履いて「安心してください。履いてますよ」をやっています。

女の子なのでどうかと思いますが、ニコニコしてやっている娘を見るとついつい笑ってしまいます。楽しい娘でなんだかほっこりします。

●息子8歳もお風呂上りに「安心してください!」をやっています。

息子の場合は「履いてませんよ!!!」と言って一人で爆笑してますが・・・。

後は、「ダイソン!デューザキ!」と歌い踊りながら下校してきます。

秘密基地にはいろんな物が運ばれている

●子供が幼稚園の年長さん(6歳)の時の話です。

子供って秘密基地が大好きですよね。

空部屋に段ボールやプラスチックの衣装ケースなどを組み合わせて、友達と秘密基地を作っていました。

私が、「そういえば、○○がないんだけど、知らない?」と聞くと、たいてい秘密基地の材料に。

驚いたのは、秘密基地にお泊りする用と言って、自分のパンツまでしまいこんでいたこと。

1枚どうしてもみつからないと思った。

●私の息子も秘密基地を作っているらしい。場所は教えてもらえない。どうやら人の家の庭っぽいのでやばい気もしてます。

それはから揚げはじゃないのよ

子供が、幼稚園の年少さんの時(4歳)、おともだちの家へ初めて遊びに行くことになりました。

ほかの友達も大勢くるということで、何かかわったおやつを持って行こうと思いました。

パン屋さんに、サータアンダギーの小ぶりタイプがあったので、珍しいかもと思ってお土産に。

紙の袋に入っていたせいもあるのですが、子供たちが、「からあげだー」と勘違いして大喜び。

その後の顔が面白かったです。

親子そろってキューピーちゃん

今年生まれた3人目。パパ待望の男の子でした。

そんな末っ子も7ヶ月になり雰囲気がパパに似てきました。

日曜日は私と長女が一番に起き、次に次女が起きます。最後に長男におでこや髪を引っ張られパパは起こされるのが日課です。

ある日、いつも通りパパが長男を抱っこして起きてきたんですが髪型が全く一緒。

2人揃ってキューピーちゃんの髪型になってました。全く同じの頭を見て大笑いしました。
ホッコリしていい1日のスタートをきれました。

凶器は掃除機?

息子が4歳のころ、遊園地で初めてのお化け屋敷に挑戦しました。

自分で歩いて進むタイプのお化け屋敷で、出てくるお化けも人形ではなくスタッフの方がお化けに変装しています。

夫を先頭に真ん中に息子、一番後ろに私という順番で進んでいきました。

初めてのお化け屋敷に息子は騒ぎっぱなし。

ようやく出口で油断した私たちの前に、チェーンソーを持ったジェイソンが!

作りもののチェーンソーで大きな音を出して威嚇してきたジェイソンに向かって、パニックの息子が「こわいよ!掃除機持ってる!!」確かにそんな音でしたが…。

ジェイソン役の方も笑ってしまい、結局息子だけが怖い思いをした思い出になりました。

お遊戯会で合いの手を入れる息子

次男が4歳の頃の話です。 幼稚園での年少時、初めてのお遊戯会の時です。

マイペースで、練習にもなかなか参加しないと先生が困っていたので、不安でしたが、人前でも一切物怖じせず、むしろ調子に乗ってノリノリな次男。

メリハリつけて完璧なダンスに、歌や楽器演奏では、みんなが緊張する中、合いの手を入れながらバッチリ決めてくれました。

自分のおならにびっくり

ある日私が息子のとなりで洗濯ものを畳んでいるときでした。

当時1ヶ月になる息子は便秘気味だったので、布団の上で一生懸命ウンチを出そうと頑張っていました。

すると頑張って出たのはウンチではなくオナラ!

しかもかなりの爆音でオナラをしたのでびっくりしたのですが、一番驚いたのは息子でした。

その音を聞いて驚いた息子は、ビクッと反応。

その瞬間におぎゃー!と泣き始めました。

自分のオナラに驚いて泣いた息子が愛らしくてなんだか微笑ましくなりました。

スポンサーリンク

ママが病気になるとすっごい心配してくれる

●子育ては大変ながらも、時々ほっと癒されるような瞬間もあるものだと常に思っています。

私が咳をしていたら、5歳の息子が寄って来て、「ママ死なないでね。いっぱい生きてね。僕がディズニーランドに連れてってあげるからね。」って言ってくれました。

咳だけでこんなにも新心配してくれる息子にとってもほっこりさせられました。

●私がインフルエンザにかかったとき、寝ている横でおろおろしながら、息子が「ママが元気になるなら僕はなんでもするから。ママ早く良くなって。」

熱で辛かったけど、ああ、何てかわいいんだ~と思いました。

ただ、パパが寝込んだときは、「もう、パパは世話がやけるね」と言っていたので、対応の差は男女の違いでしょうか(笑)

かわいい服で駆け抜ける

●女の子あるあるです。4歳の時に、アナとゆきの女王をドレスを着て真似をしてました。

すると、ドレスを着たまま子供の自転車をこいでスーパーまで行くと行って、スーパーまでいきました。ドレスを着たまま自転車に乗るなんて恥ずかしかったです。

●私の息子は気に入った服があるとそれしか着なくて毎日、同じものを着て登園。洗濯してないと思われてるんは・・・と気が気でなかったです。

まあ、他の同じクラスの男の子はヘルメットがお気に入りなのか徒歩通園なのに毎日ヘルメットかぶって登園していたのでこんなものなのかもしれません。

いろんな夢を見ます

息子は犬が好きで、犬の人形を買ってあげたときに「ジロ」という名前を付けました。

夜、寝ていると夜中に息子が「やめてー!」と叫びました。

「どうしたの?!」と聞くと、「今ジロがおしっこかけてきた。今日トイレ行ったときにジロにおしっこかけちゃったから怒ってたのかな。」と息子は言いました。

夢の中で、ジロが仕返しをしてきたのか!と、思わず笑ってしまいました。

まとめ

皆さんいろいろかわいい経験がありますね。

私の息子は小学生になったので、どんどん、意味がわからない行動が増えています(笑)

風が強い日は、オレは風と戦ってくると言って外に飛び出し、棒が落ちていれば無意識に拾い、穴があればのぞきこむ。

週のお小遣い毎回宝探し形式で渡さないといけない。

ポケットの中には誰かからもらった輪ゴムが大量に。集めると楽しいらしい。

イオンの水を飲むコーナーで

「ママ!!ここってさ、ただで水が飲めるんだよ!すっごいサービスいいよね~。ラッキーだねただで飲めるなんて」

と大きな声で言い続ける。

クレヨしんちゃんを見ると、あ、これって普通の行動と思えてくる。

参観日で、ずっと友達と消しゴムのくずを集めて丸めて大きさを競っていた。超恥ずかしい。

かまきりを捕まえてきて、飼わないというだけで泣く。

体力が有り余ってたまらん、と言って突然、腹筋をはじめる。しかもそれを1分で何回できるか母に数えさせる。

あなたのお子さんの笑える話はなんですか?

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ