子育て(育児)と仕事

【保育園と小学生の違い】子育てをしながらのフルタイム共働きの1日のタイムスケジュール

保育園の送迎

スポンサーリンク

こんにちは。

大変だった保育園時代がずいぶん遠くに感るようになって来ました。
私は独身のころから現在までずっと同じ会社で働いています。

仕事内容は変わらないのに、あのころはすさまじく大変だったな。と今振り返っても思います。
よく、子育てはあっという間といいいます。あっという間はあっという間なのですが、その時々は死ぬかと思うほど大変すぎました。

同じフルタイム共働きでも、保育園と小学生ではずいぶん違います。
ここでは私が経験してきた保育園時代のタイムスケジュールと現在のスケジュールを書いて見ます。

専業主婦の方の過ごし方が気になる方はこちらの記事をどうぞ
ちょっと気になる、新米ママの1日のタイムスケジュール【専業主婦、育児休暇中バージョン】

保育園時代の共働きタイムスケジュール

夫の出勤時間と帰宅時間 7時45分~19時(残業のときは20時)

私 9時10分~19時(残業時は19時~20時)

7時 起床 朝食作り 弁当作り 夫朝食 夫出勤

私が朝食の準備をしている間、夫は洗濯物を畳む。

8時 自分の食事  子供の食事 保育園に行くための準備着替えなど

夫が畳みきれない洗濯物を畳む。片付け。

汚れていたら床の掃除機かけ

テレビを見せている間に自分の身支度。メイクや髪のセット

9時10分 子供を連れて、保育園へ。

田舎のため車通勤。

9時45分 仕事開始
18時45分 仕事終了
19時過ぎ 帰宅後、夕飯作り
このころは朝のうちに夕飯の下ごしらえなどをする余裕がなかったので宅配をうまく利用していました。
育児中の宅配利用で調理も買い物も楽ちん。残業がないとき以外は夫が保育園のお迎えに。夫とこどもが帰宅
19時45分 夫婦で夕食

子供は保育園で夕飯を済ませているので、おやつなど。

この時間にお風呂をためておく

20時過ぎ 私が夕飯の片づけをしている間に、息子と夫がお風呂
20時半 私はお風呂。その間夫が子供と遊ぶ

お風呂をあがったらすぐに洗濯機を回す。

21時 子供に絵本を読んだり、まったりする
21時半 子供の寝かしつけ。

担当は夫だったり私だったりまちまち。

寝かしつけをしていない方が、子供のおもちゃなどの部屋の片付け。

22時 息子就寝
22時 洗濯が終わっていたら、乾燥機に放り込む。

床の掃除など。気になればトイレ掃除。

その後は夫とテレビを見たり好きなことをしたり自由時間。

23時~24時 就寝

 

保育園のときは毎日がこんな感じで過ぎていっていました。

睡眠時間はある程度確保していますが、復帰したてのころは夜泣きなどもあって、疲労感がハンパなかったです。
夜泣きについてはこちらの記事もどうぞ
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで続く。原因と対策
子供の寝かしつけと一緒に21時半に就寝してしまうこともよくありました。

夫婦ともども帰宅が19時を過ぎますが、それでもストレスが少なかったのは、保育園に夕飯をお願いできたからです。
給食
もし夕飯のサポートがなければ子供の食事が20時になってしまいます。それだけで私にとってはストレスです。
保育園にかなり助けらた生活をしていました。6年間お世話になった今、感謝の気持ちでいっぱいです。

保育園のおかげで、家族が笑顔になり、息子もすくすく育つことができました。
働く親にとって保育園はなくてはならない、そしてすごく重要です。

保育園選びに関してはこちらの記事をどうぞ
【共働きママの復帰準備】安心して仕事と育児を両立するための保育園の選び方のポイント
最初は希望の保育園に入れなくても、めげずにずっと転園願いを出し続けるのもポイントです。

本当はお風呂は17時、夕食18時、寝かしつけは20時くらいと育児書どおりの生活がしたかったです。
子育ての本を読むと子供の脳のためには早めに寝かせるという見本があって、そうできない自分に対してイライラしました。

専業主婦の友達が、子供は20時に寝るよ、と話すのを聞いて悲しくなったりもしたものです。

働くことを選択したので、うちはうち!と他人と比べず、あんまり育児書などは見ないようにしました。理想どおりに出来ないのが共働き家庭の子育てです。

保育園に入りたてのころは子供も疲れるのか、お風呂に入れている途中で寝てしまう・・ということもよくありました。

理想の生活は出来なかったけど、小学3年生の今のところ何の問題もなく成長しています。

保育園時代のポイント

スポンサーリンク

スケジュールを見てもらうとわかるのですが、家事の時間が殆どないです(苦笑)
洗濯乾燥機があるので、一番面倒な干す、取り込む作業がなくてすんでいます。

家電で楽が出来るところは何でも使うというのは共働きがイライラしないコツです。

二人とも日中家にいないのでそれほど部屋が汚れないというのもあります。
気になる掃除などは休みの日にするようにして、普段は、料理以外はしません。

我が家の家事分担はこちらの記事をどうぞ
子育て共働き家庭の我が家がケンカをしなくなった家事分担方法

保育園の送迎
小学生と違うのは保育園の送り迎えがあることです。
これって、毎日のことなので結構大変なんですよね。
まとわりつく子供を相手にしながら、自分の化粧をしたり、着替えたり・・・というのが一番大変だった気がします。

自分で着替えることができないので、親が着替えさせてやらないといけないし。
とにかく子供の準備だけで精一杯で家事をする時間なんかありません。

保育園時代は子供のことを第一にして家事は適当で大丈夫。そうしないと、ママが疲れすぎてつぶれてしまいます。

私は立ち仕事なので、仕事から帰ってからお風呂に入るまで座る暇ないのが辛くて、料理を作りながら涙が出てくることもありました。

何でそんなに辛かったのか、「疲れやすかった」からかと感じています。当時は慢性疲労気味だったのかも。現在は仕事が終わっても比較的元気なので、料理や家事も苦になりません。

健康って大事です。

小学生共働きのタイムスケジュール

さて、現在のタイムスケジュール。

保育園と違うのは

●こどもが一人の時間が増える

●宿題がある

です。保育園の途中から夫が仕事を変わったので、ずいぶん余裕のある感じになっています。

夫に仕事を探してもらうとき「土日休み」「夜が早い」ことを条件にしてもらいました。
その代わり給料は低いです。

夫の出勤時間と帰宅時間 8時~18時(残業のない仕事)

私 9時30分~19時(残業時は19時~20時)保育園に連れて行く必要がないので出勤時間もゆとりがでました。
また、以前よりも残業を増やすことが出来ています。

6時半 起床、朝食作り、お弁当作り、夫は洗濯物畳。

保育園のときと比べると学校は早いので、以前より早起きになっています。

7時 朝食、息子は7時半に学校へ。

仕事前に夫が息子の登校についていくことも。

1年生のころは私がついていってましたが、今は一人で行かせています。

集団登校がない学校です
共働き育児の小1の壁!小学生になって変わったこと。

着替えももちろん自分でするので私は殆どすることがありません。

8時 夫出勤
8時~9時半 朝の自由時間!!

掃除をすることもあれば、自分の出勤時間まで2度寝をすることも。

他には、パソコンをしたり。朝の1時間半は大きいです。

夜ご飯の下ごしらえなどもします。
共働きママが楽になる夕飯の時短料理のコツ

9時半~19時 仕事

17時過ぎに児童クラブから子供が帰宅。

1年生の後半には夏場は帰宅後すぐに18時までお友達と遊んでいます。

夫が18時に帰宅するので、私が帰るまでに、息子とお風呂を済ませておいてくれます。

19時過ぎ 夕飯作り

その間息子は宿題

 

19時40分 夕食
20時 夫か私かどちらかが夕飯の片付け

息子は宿題の続き。片づけをしていない方が、息子の宿題のまるつけや読み声などをします。
学校の準備をさせます。

宿題が簡単なときは、家庭学習。
小学校低学年の家庭学習の方法は習慣化が第一

20時半 宿題と学校の準備が終わり次第、子供は自由時間
21時半~22時 子供就寝
22時~24時 夫婦それぞれ自由時間
24時 就寝

小学生になると楽になる

相変わらず家事の時間が少ないです(笑)

なんだか、ドンドン掃除をしなくなっています・・。

保育園のころとくらべると、こどもが自分で片づけをするので親が片付ける必要がなくなっています。

また、子ども自身、食事の取り方なども上手になっているし、おしっこを漏らすこともないし、「何かが汚れる」ということがないのですよね。

赤ちゃんのころだとミルクを吐いたり、離乳食をこぼしたりということで床が汚れたりで掃除が多かったと思います。

トイレもうちの子は立ってしますが、上手にしているのでさほどに汚れたりしません。汚れたら自分で掃除します。

床に何かをこぼしたときも自分で拭き掃除します。

「自分で出来ること」が大人と同じレベルに近いので家事育児の負担がかなり少ないです。

また、当然ながら夜に泣くこともないので、「睡眠不足による疲労」がなくなります。
小学生

送り迎えもないのでその手間もなくなります。

今、保育園の共働きで疲れ切っているママ、子供が大きくなるに連れて、本当にびっくりするくらい楽になっていきますよ。

泣くほどつらかった育児と仕事の両立、小学生になった今は、「やめなくて良かった」と感じています。

やめずに続けてきたおかげで、順調に昇給も出来ました。

本音は今でもやめたくなるときはあります。

なりますけど、現実的に今と同じ勤務時間と休日日数で、同じ給料がいただける仕事があるかというとないのです。
看護師や薬剤師など、専門資格があるママなら別ですが。

さらに我が家は夫が体調不良から一度仕事を辞め、転職しているため、家計がギリギリです。

小学生の共働きは心配事が増える

体力的なことはだいぶ楽になりますが、精神的にいろいろ大変です。

学習の時間

共働きだと、塾に通わせるのも、送り迎えが難しいので、私は自宅で学習させるのが楽に感じています。
子供の友達は塾にいっている子もいますが、我が家は主に私が見ています。

見るといっても仕事としながらなので、そんなに多くの時間ではないです。
私は毎日の積み重ね、そして、学校の授業を一つ一つ理解して行くことが大切だと思っているので、教科書にそって、30分~1時間勉強をさせる程度です。

留守番の時間

保育園と違い、親が帰るまで子供はひとりの時間が出来ます。

すごく不安だったのですが、1年生も後半になると友達が出来てきて、遊びに行くようになります。
親が想像するよりも子供はたくましい。

「小1の壁」問題も1年生になった数ヶ月のことです。その時期さえ乗り越えれば何とかなっていきます。

1年生の数ヶ月だけ、ベビーシッター、ハウスシッターサービスを利用するのも手です。

今は学童保育に通っていますが、3年生になり、通うのをやめる子も増えてきました。
子供の行動を見ているとなるほどと思います。

親と過ごすより友達と過ごす時間が増えていくのです。

まとめ

家庭によって仕事に時間も違いますし、我が家はどちらかというと仕事にあんまり力を入れていない家庭なので、普通のタイムスケジュールです。

また、ママがフルタイムで働くためには夫の協力がないと無理がくると感じています。
たまに夫が出張で不在だと、しなくちゃいけない家事や子供の世話が増えて大変ですもの。。

 

子育てと仕事の両立について、知りたい方はこちらのまとめ記事もどうぞ

共働きママの悩み解決まとめ集

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ