子育てと環境

ちょっと気になる、新米ママの1日のタイムスケジュール【専業主婦、育児休暇中バージョン】

娘と外遊び

スポンサーリンク

子供が生まれて、仕事をやめた。または育児休暇中。
昼間はパパは仕事へ。。。

自分も働いているときは、毎日決まった時間に家を出て、とある程度スケジュールがきっちりしていたのですが、その枠がなくなると、さてどんな風に一日を過ごそうか、とふと戸惑ったことがあります。

他のママはいったいどんな風に過ごしているのか気になりませんか?

私は気になりました(笑)そこで、個人的な興味も含めて、0~3歳のお子さんを子育て中のママで、働いていない状態の方のタイムスケジュールを聞いて見ました!

働いている人の一日はまたの機会に。

単なる好奇心です。でも、他人のタイムススケジュールを知ることでなんだかほっとします。
子供と二人だと何をしたかわからないうちに1日が終わったりして、少しあせりを感じたりもしましたが、みんなそんなものなのかもしれません。

生活は規則正しくが基本

一日のスケジュールを考えることのメリットは、生活を規則正しくできると言うことがあります。

規則正しい生活は赤ちゃんの成長にも良い影響を与えます。
生後3~4ヶ月くらいまでは、赤ちゃんは寝たりおきたりを繰り返すので、あまりカリカリ規則正しく!と思う必要はありませんが、朝になったらカーテンを開けて、からだに教えてあげることは大事です。

ある程度まとまって寝るようになったら、朝は早く起こして、夜は早めに寝かせましょう。
「早寝早起き」をすることで、自律神経のバランスも整いますし、成長ホルモンもしっかり分泌されます。

規則正しい生活のメリット

起床、食事、お風呂、寝る時間がある程度規則的にある事で子供は安心感が増します。
毎日同じことが繰り返されると言うことが安心感につながるのです。

毎日、ご飯が用意される、眠る場所がある。朝になったら起きる。そういった当たり前のことが当たり前に準備されていると言うことをからだで覚えていきます。

また、人間のからだは規則正しい生活の方が疲れにくいです。大人もそうなのですが、休みの日に、いつもと違うように、だらだら過ごしたり、夜更かしをしたりすると仕事をしていないのに疲れませんか?

また、もともと夜勤のある仕事など不規則な業態で働いている人は、日勤の人よりも疲れがたまりやすいです。実際に看護師さんなど、夜勤の無理がたたっからだを壊すことも少なくありません。不規則な仕事の方は体調管理人人一倍気を使っています。

深い睡眠が取れる

規則正しい生活をすることで、質のいい睡眠をとることができます。
特に赤ちゃん~こどものうちは、脳が発達する大事な時期です。十分によく眠る必要があります。

そのためには、きちんとした生活、朝は起きて太陽の光を浴びる、(太陽の光を浴びることで、睡眠に深くかかわりのあるメラトニンが分泌されます)、夜は部屋を暗くして眠る準備をすることが大事です。

ママも楽になる

規則正しく生活することで、子供は決まった時間にお昼寝をしたり、就寝をするようになります。そうすると、ママ自身の計画が立てやすくなります。

こどもが寝た後のほっとするひと時の幸せ感は、なんともいえないですよね♥

娘ちゃんが3歳のママの場合

娘と外遊び
5時 起床 弁当作り
6時 朝ごはん
7時 パパを送り出す
8時 娘起床、娘の朝ごはん
9時 掃除、洗濯
10時 買い物
11時 娘の昼ごはん
12時 自分の昼ごはん
13時 皿の片付け
14時 娘とお昼寝
15時 おやつ
16時 娘と公園へ外遊び
17時 パパのお迎えへ
18時 家族そろって夕ご飯
19時 お風呂の準備や夕飯の片付け
20時 入浴
21時 娘と一緒に私も就寝

 

息子君がが3歳のママの場合

スポンサーリンク


 

7時 起床と子供の朝ごはん。私は朝は食べないので楽ちん。
8時 洗濯や掃除など家事を済ませます。
9時 自宅内で子供と遊ぶ
10時 近くの児童館や乳幼児のプレイ施設で子供を遊ばせる。雨でもOKなのが嬉しい
12時 いったん帰宅して自宅で昼ごはん。子供と一緒に食べます。
14時 子供お昼ね。その間しばしの自分の時間。
15時 子供の起きるタイミングで買い物へ
16時 夕飯の支度。この時間にしておくと楽です
17時 子供とお風呂
18時 家族で夕食
17時 パパのお迎えへ
18時 家族そろって夕ご飯
20時 寝かしつけ。なかなか寝ないこともあり大変。
20時以降 この後はゆっくり自分の時間を楽しみます

 

子供と遊ぶので体力が要ります。

 

6時半 家族全員同時に起床、朝ごはんの準備、パパだけ朝ごはん
7時 パパ出勤、そのあと、息子の朝ごはん
8時 洗濯機を回しつつ、朝ごはんの片付けなどの洗い物
9時 このころ洗濯が終わっているので洗濯物を干す、それから床の掃除。掃除機と拭き掃除も。
10時 息子はベビースイミングを習っているので準備して出かける
11時 ベビースイミングスタート。親は見ているだけなので可愛いし楽ちん。
12時半 帰宅後お昼ご飯の準備をして一緒に食べます
13時半 昼ごはんの片付け
14時 外遊びへ公園に。ここでしっかり遊ばせることで夜の寝つきが違います。
15時 子供はお昼ね、その間に夕飯の準備を済ませます。
16時 息子におやつを食べさせ、洗濯物を取り込んで片付け
17時 子供と室内で遊びます
18時半 子供とお風呂に入り着替えさせたり
19時 パパが帰宅するのでみんなで夕ご飯
20時 夕飯の片付けや子供の寝る準備をして寝かしつけ
21時 この時間には子供は寝付くので、夫とおしゃべりしたり一人で好きなことをしたり自由時間です。
0時 大体いつもこの時間に寝ています。とてもハードな1日でしたが、息子との生活をめいいっぱい楽しむことができています。子どもを寝かしつけた後の1人の時間は私にとってご褒美の特別な時間です。

 

4歳児と1歳児のママの1日

新米ママの一日
6時半時 起床 朝食作り。朝はいつも早くできるように簡単なメニューです。
7時半 朝ごはん、その後パパは出勤
8時 4歳の長女は幼稚園に通っているのでバスの見送りに
9時 部屋を片付けたり掃除をしたり、この時間にぱぱっと家事を済ませます。
10時 1歳の長男のおやつ
10時半 必要なものがあるときは買い物に。近所のお店なので、ベビーカーに乗せていきます。ないときは、散歩をしたり外遊びをしたりします。
11時半 昼ごはんの準備をして12時には食べれる状態に
13時 息子がお昼寝をするので、その間に在宅の仕事をします。パソコンを使って、ライティングなどの仕事をしています。
15時 長女が幼稚園から買えるのでバスの出迎えに
15時半 二人のおやつタイム
16時半 夕飯作り
17時半 おもちゃを片付けたり、いったん部屋をきれいにします
18時 夕飯を食べてからお風呂に。二人いるのでお風呂も大変です。
19時半 パパが帰宅
20時 子供の歯磨きなど寝る前の準備を済ませて、20時半~21時の間にこどもたちは就寝
21時 夫の分の夕飯の片づけをして、その後はゆっくりお茶をすることもあれば、在宅の仕事の続きをすることもあります。
23時半 遅くともこの時間には寝るようにしています。

長女が幼稚園に行っていることもあってかなり規則正しいタイムスケジュールで日々を送っています。
本当はもう少し長男と遊ぶ時間を作ってあげられるといいかなと思います。

パパのご飯の用意はほとんど自分でしてもらっているので助かります。

資格取得のための勉強をしています

資格の勉強
7時半 起床して、夫のお弁当を作ります。節約のため毎日作っています。
8時 朝ごはんをたべて、パパを見送ります。そして、朝ごはんの片付け
9時 洗濯をしたり、掃除機をかけたり、家事をある程度済ませます。この時間に子供の着替えもします。
10時 子供と一緒に公園へ。外遊びをすると午後からしっかりお昼寝をしてくれるので自分の時間が取りやすくなります。
12時 お昼の準備をして子供と一緒に昼食
13時 息子がお昼寝をするので、その時間、資格を取るための勉強の時間に当てています。
15時 こどもにおやつをあげてから近所の散歩に出かけます。お昼寝をした後なので元気がいっぱいになっています。
16時 帰宅してそれからは自宅で遊びます。夕方からの遊びを家遊びにすることで子供の興奮も冷めるしいい感じがしています。
17時 夕飯の準備
18時 子供と夕食をとって、後片付け、その後お風呂に
20時 夫が帰宅するので夕飯の準備をして、また片付け。
21時 子供の寝かしつけ。早く寝てくれることもあれば、雨で外遊びが出来なかったときはなかなか寝ないときもあります。
22時 子供が寝たら自分の時間。お茶を飲んで一息ついたらまた、資格取得に向けての勉強を再開します。
23時 睡眠が足りないと体調を崩すので、勉強もある程度で切り上げて早めに寝るようにしています。

こちらのママは隙間時間を見つけては勉強しています。頑張ってますよね。
時間をうまく使うことで子育てしながらでもいろんなことが出来そうです。

勉強を考えているママはこちらの記事もどうぞ
→子育て中に取得してよかったおすすめ資格8選。医療事務はやっぱり役に立つ!

一日があっという間

 

7時 起床 朝食を作りながら夫のお弁当を作ります
8時 子供が起きるので着替えさせて、この時間にパパは会社へ
9時 洗濯や掃除などの家事全般。朝のうちにおふろも洗ってしまいます。天気のいい日はこの時間に布団を干して起きます
10時 子供と一緒に買い物へ
11時 近くの公園に遊びに行くこともありますが、庭があるので、たいてい庭で子供を遊ばせています。自宅なので気が楽。
12時 お昼ごはんを食べたら、子供は昼寝をします。寝ている間に、残りの家事をします。家事がないときは読書をしたりゆっくりします。
15時 子供のおやつタイム
16時 テレビの時間。一日のうちこの時間だけテレビを見せることにしています。子供がテレビを見ている間に夕飯の準備を済ませておきます。
18時 夕食を食べた後、絵本を読んだり、音楽を聴いて一緒に踊ったり、子供と遊びます
20時 パパ帰宅。子供と少し遊んでお風呂に一緒に入ってもらいます。わがやはお風呂はパパの役目です。その間に夫二分の夕飯の準備。
21時 子供の寝かしつけ。私が寝かしつけて入る間に夫は夕食を取ります。寝かしつけに1時間かかることもあり一緒にそのまま寝てしまうことが多いです。

私の睡眠時間が多いですが、どうしても子供と一緒に寝てしまいます。
こどもが寝た後に、起き上がる気力がもてません。疲れやすいので、私にはこの睡眠時間が必要なようです。

まとめ

こうしてみると午前中に家事を終わらせているママが殆どですね。
やることをやっていると後が楽ですもね~。

また、小さい子供がいると、1日が料理つくりで終わる感じもします。朝ごはん、おやつ、昼ごはん、おやつ、夕ご飯!
離乳食とかだと、食べさせるだけでも時間がかかりますしね。食べた後も、床に散らばるから片付けも大変ですし・・・。

仕事をしているときは感じなかったのですが、1日3回のご飯って、自宅にいると多く感じます。さっき食べたのにもうお昼??と感じることが多々あります。

こちらの記事が何かの参考になればな~なんて思います。大変だけど頑張ろう。。。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ