子育て便利グッズ

買う前に読みたい!これは失敗と思った子育てグッズ

スポンサーリンク

妊娠すると、出産準備品から子育て準備品、色々なものを購入して準備します。

雑誌を見るとあれもこれも必要な気がして、子どもが生まれると外出できないから!と思って買い揃えます。

初めての育児は何が必要かわからないので、とりあえず、雑誌に書いてある子育て便利グッズは全部準備する。

そんな方も多いのではないでしょうか。

でも、実際子育てが始まると、あ、これ、1回も使っていない・・・。

数回使ったけど必要なかった。と言うものもけっこうあります。

子育てはお金がかかるもの。出来るだけ無駄な出費は抑えたいものです。

小さな出費も積み重なると、大きな金額に。

便利な育児グッズを買う前に読んでもらいたい、ママたちが、これは買わなくて良かった体験談を集めました。

これから購入予定のあなたは参考にしてくださいね。
ベビーグッズ

生活に関わるもの

ベビーベッド

 
うちは畳のお部屋(布団)がありませんし、何かと必要なんじゃないかと漠然とした気持ちで購入しました。使用したところ、赤ちゃんが寝心地が合わなかったのか、すぐに泣いてしまってました。

人のぬくもりが恋しかったのかソファーで(自分の近く)で寝かすとよく眠りました。

結局使用頻度はすごく少なかったです。夜は寝室で私と一緒にベッドで寝ました。その代わり主人は床に布団を敷いて寝てもらいましたが(笑)。

もちろん人によって(赤ちゃんによって)違うとは思いますが、赤ちゃん用のマットレスと布団があれば十分だったのかなと思いますのであまりおすすめはできません。

 

ベビーベッドが必要なかったというママは多いようですね。

我が家もベビーベッドを買いました。赤ちゃんってベッドに寝ているイメージだったので。

息子の場合は、ベッドを嫌がることはなくすやすや寝てくれて、ある程度は活用したのですが、寝返りができ、ズリハイができるようになると、ベビーベッドの中が狭い感じで殆ど寝かさずベッドに私と寝ていました。

今思うと、なくてもそれほど困らなかったのでは?と思っています。

当時住んでいたのは、日当たりの悪い家だったので、使わなくなってしばらくしたら、マットや、ベビーベッドを置いていた床一面にカビが生えていました・・・。

ベビーベッドが必要なのは室内でペットを買っている場合とか、ママが腰痛もちでオムツ替えのとき、かがむのが辛いという場合じゃないかなと感じでいます。

試用期間は1年未満だと思うので、ベビー用品レンタルのお店があるので、借りた方が、使用後場所もとらないし、ベストかなと感じました。

私のママ友も、沿い乳(寝たまま授乳)派だったので、結局ベッドは使わなかったわ~と言っていました。

ベビーベッドって、個室で子育てをする海外の文化なのかも。

バンボソファ

 
かわいくって大人気のバンボソファ、高かったけど思い切って買いました!

しかし、腰がぐらぐらしているときに座らせるのが不安でした。

腰が安定してきた頃に座らせてみる・・・息子は混合だった上に大ミルクのみだったので、むっちむち!!太ももがいすの大きさにハマラナイ(泣)押し込むと泣く!!

で、結局殆ど使わないまま。。。。太めでない子は使えるのかも知れません。ママ友は離乳食を食べさせたり、お風呂に入るときに座らせたりと使っていました。

私には買わなければ良かったアイテムです。高かったのでもったいなくて捨てることが出来ず、息子が食学生になった今、思い切って、赤ちゃんが生まれる知り合いにあげることでやっと手放すことができました。

 

スリング

 

 
私はひどい肩こりで、スリングを使えば楽になるかな?ともって買ったのですが、スリングって、片方の肩にすごく重みが集中するんですよね。

息子をスリングに入れた状態で立ってるだけで、しんどくなりました。

また、不器用なのでうまく使いこなせず、結局1度使ってみただけ。肩こりのママは一度、赤ちゃんを入れて試着することをおすすめします。

腰ベルトがついたしっかりしたタイプの抱っこ紐はまだ肩への負担が少なくて大丈夫でした。それでも数十分が限界で、抱っこやおんぶはしんどかったです。

 

細長い歯固め

 

 
姪が以前使っていて可愛かったしネットの評価も高かったためと、3ヶ月の娘がおもちゃなどを舐めたりかじったりするようになったので、歯がためにいいかなと思い購入しました。

実際に使ってみたら、うまく握れないし、思うように歯固めのの先端をかじってくれませんでした。

ブンブン振り回すので目に入りそうで怖かったです。のどにささりそうになったという体験も書いてあったので、結局ほかのもっと丸い歯がためを購入し直しました。

もし使うとしても、親がそばで見てないと怖くて持たせられません。

 

口コミがよかったとしても必ずしも自分の子も大丈夫とは限らないものですよね。

我が家も歯固めは丸いタイプを購入しました。まあ、それをかじるというより、何でもかんでもかじっていましたけど・・・。

洋服系

スポンサーリンク

冬のニット帽

 
のびる素材なので、サイズはあまり問題ないと、最初の冬に数点買ったのですが、なぜか今年の冬は全然かぶってくれません。 夏用の帽子も嫌がる日はあったのですが、それとは比にならないくらいの拒否です。

仕方ないので、今はパーカーのフードをかぶせたり、抱っこ紐のフードカバーをしています。

特に、赤ちゃん用のアウターはフードがしっかり防寒用にできていふとのが多いので、それで良かったのでは?と今さらながらに思います。

最初のシーズンは、服や小物がより一層かわいく見えてたくさん買ってしまいがちですが、成長に伴って選んだ方が良いものもあると思いました。

 

赤ちゃんって体温が高いので、ぴたっとした帽子は大人が思うより頭の中が蒸れて気持ち悪くなってしまうものです。

自分で帽子をとることが出来るようになると払いのけてしまうのかも知れませんね。

息子はフードが大好きでした。にっと帽は同じく嫌がってすぐに自分でとってました。言われてみると確かに必要なかったかも。

ただ、好みがあって、3歳くらいのとき、「ひよこ」の帽子が気に入ってそればかりかぶっていましたね。防寒と言うより単にそれをかぶると周りが「かわい~!」と言うからだった気がします。

スタイ

 
乳児には必要不可欠と勝手に信じていて買いました。飾りにしかならなかったです。すべての赤ちゃんにスタイがいるとは限らないです。

初めて妊娠した際に、『これは絶対いる!』と思い買った物の中に、『スタイ』があります。しかし少なくとも我が家の子供には必要ありませんでした。

と言うのも、我が家の子供はよだれを口から流すということがありませんでした。その後、離乳食の際に使用すればいいかとも考えたのですが、それには、今度は小さすぎで意味がないものとなりました。

特に我が家の子供は離乳食開始時より『自分で食べる!』と喃語で怒り、私がスプーンで食べることを手伝う事すら嫌がり、故に、毎食大惨事でした。ですので、一番無駄になったのは、大量に購入した『スタイ』でした。

 

よだれがあまり出ない赤ちゃんもいるのですね!

私もスタイは絶対必要!と思ってまとめ買いしていました。

幸い(?)息子はよだれがひどかったので大活躍でした。

あっという間にぐっしょりでした。

ただ、よだれが多すぎる子はスタイでは追いつかないようです。

甥っ子は息子以上によだれが多かったので、スタイじなく、タオルを巻いていましたよ~。

一度に大量に購入するのではなく、最初は2枚くらい準備しておいて、必要に応じて徐々に買い足す方が無駄にならずに良いかもしれませんね。

食事関係

調乳ポット

 
母乳と粉ミルクの混合にするつもりだったので、粉ミルクを作るときにあると便利だと思って買いました。1日に一回程度しか使いませんでしたが、使うときはすぐに使えて便利でした。

産後、1ヶ月もしないうちに、子どもが粉ミルクを飲まなくなりました。完全母乳になり、親などに預けるときは母乳を凍らせたものを飲ませました。

子どもは1ヶ月もしないうちに使わなくなったし、日常的に使うには温度が低すぎるので、使い物になりませんでした。

ほとんどつかっていない状態で人に譲ることになりました。普通の保温できるポットでじゅうぶんだと思いました。

 

私は、混合だったので、長い期間ミルクのおせわになりましたが、特に使うことはなかったですね。

あると便利かもしれないけど、そこまで必要ないのかも・・・・。

私はすぐにミルクがあげれるように、湯冷ましを冷蔵庫に入れて置いて、泣いたら、ミルクを熱湯で作りその水で温度を調整してあげていました。

子どもがミルクを欲しがり泣いているときって、すぐにあげたいですよね。

いちいち冷やす時間がなかったので、この方法でしていました。一度煮沸した水で割るので、わが子は特に問題なかったです。

哺乳瓶(果汁用)

 
完母でしたが、麦茶や白湯などを飲ませたいのが目的でした。夏を迎えるにあたり、外で気軽に水分補給ができたらなと始めたのですが、全然飲みません。何も入っていないと吸って遊んでいるのですが、何か出てくるとびっくりした様子でした。

哺乳瓶に行き着くまでに、ストローマグ、スパウトを試していたのですがこちらもダメで、知人から哺乳瓶を勧められて試したのでガッカリでした。

しばらくするとある日突然ストローマグで麦茶を上手に飲み始めました。夏を前に焦りすぎていたのかと反省しました。

同じ月齢の子と見比べてしまいがちですが、うちはうち、でのんびり構えることが大事だと思います。

 

完母のママは買わなければ良かったという意見は多いですね。友人も母乳が出すぎて、乳腺炎になるくらいだったので、念のために買ったけど全く使わなかったと言っていました。

完母だと哺乳瓶の口先の感触が嫌と言う赤ちゃんも多いです。

我が家の場合は、哺乳瓶は必需品でした!!

すっごくミルクを飲む子だったので、途中で足りなくなって買い足したくらいです(笑)

我が家の哺乳瓶は5本はありましたね・・。160ミリの哺乳瓶は全然足りなくなって240ミリを買い足してました。

授乳クッション

 
あると楽だと言う知人の言葉で購入しました。一人目は子供の吸う力が弱かったので、しっかり頭を支えてやらないと授乳できず、縦抱きで授乳していたため使えませんでした。

二人目も使ってみましたが、吸いにくい形状の乳首だった(陥没気味)ためか、クッションを使うと常に子供の方に体を傾けなくてはならず、逆に疲れてしまいました。

お座りの補助にも使ってみましたが、普通の布団を丸めて置いておくのと大して変わらなかったです。

使いやすいかどうかは人によって違うので、人にはすすめません。産院で使ってみてから購入するようにすすめます。結構場所も取るのもおすすめできないポイントです。

 

授乳クッションも大きさがいろいろありますよね。私は授乳クッションがあると授乳が楽だったので、これも人それぞれと個人差が大きいのかも。

確かにお布団を丸めたら代わりになりそうなので、わざわざ買わなくてもいいものなのかもしれません。

冷凍できる離乳食トレー

 
離乳食スタート時に、本を読んだり知人から勧められて絶対必要だろうと数個購入しました。

おかゆやだしなどをまとめて作り、冷凍しておくのが目的だったのですが、いざスタートすると、うちの子は全く食べませんでした。

結論から言うと、まとめて作ることなど無く、利用しなかった為、買う必要は無かったと思います。

少しでも食べて欲しかったので、毎回濃度や味を変えて実験的に作っていたので、残ったものを冷凍するということもありませんでした。

離乳食は本当に個人差があるので、初めて見て足りないものを買い足す、くらいの気持ちで良いと思います。

 

確かに、離乳食を必ず冷凍して使うとは限りませんよね。

私は、100均で売っている氷ようの冷凍トレーを代わりに買いました。

おかゆを凍らせることだけに使って、時間がなくて作り起き離乳食をしなかったので、これだけで十分。

普段からお料理で作り置きする人には便利なのかもしれませんね。

お風呂関係

シャンプーハット

 
妊娠中に転勤で地方に引っ越してきました。子供が産まれてからはインターネットや友人に見たり聞いたことを参考にいろいろ試していました。

そんななかで、お風呂に入れることがとても大変で試行錯誤しました。

うちの子供はお湯が顔にかかるのが嫌いなようでシャンプーがまともにできなかったため、いわゆるシャンプーハットを買って試してみました。

まず、うちの子はシャンプーハットをかぶりませんでした…。

かぶせてもすぐに嫌がり自ら外してしまうため、一度もまともに使えることなくしまいました。今では顔にタオルをあてて、お湯がかからないようにしてあげればすんなりと洗わせてくれるので、必要なかったです。

 

子どもによって好き嫌いがあるのですね。

私自身は小さい頃シャンプーハットを使っていた記憶があります。

小学生低学年まで使っていたような・・。

わが子の場合は、頭からざば~!!と水をかけても全く泣かなかったので、必要性を感じたことがなかったです。子どもそれぞれの性格で使える、使えないが分かれそうなグッズです。

ただ、このママのように、水がかからないようにタオルを使えば済むのでなくても何とかなるアイテムかも。

バケツ型のベビーバス

これは私息子のことなのですが、

赤ちゃんが、おかあさんの胎内のときのポーズで入れるのでリラックスして入れる。

背骨にいいということできたい満々で買ってみたベビーバス。

さあ、お湯をためていざ!と息子をそのベビーバスに入れると・・・

「ひゃゃぁ、。。。」と恐怖におののいて泣き出してしまいました。

「大丈夫だよ~」「気持ちいいよ~」と何度かトライしたのですが、息子を少しでもそこに入れると大泣き。

なんだかすごくこわかったようです・・・。

結局普通のベビーバスを買いなおしました。

その後、バケツ型なので、おもちゃ入れにしていたのですが、周囲が丸いのでとにかく整理整頓には向かず・・・。

というお話でした。

 

 

子供の性格は様々なので、これ使える!と思った物が意外に使えない結果になることも多いです。

そして、赤ちゃんの時期はあっという間なのでなくても何とかなったんじゃない?と思うものも多々・・・・。

便利グッズはまとめて買うのではなくて、必要かな?と思ったときに、少しずつ買い足すのが、失敗しないコツかなと感じます。

皆さんも体験もあれば教えてくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ