子育て(育児)と仕事

子育て中に取得してよかったおすすめ資格8選。医療事務はやっぱり役に立つ!

幼児食アドバイザー

スポンサーリンク

ママたちが子育て中に勉強してよかった、

役に立った資格の感想を紹介します。

 

資格取得のために勉強することで、

自分の興味が子育て以外に向いて

気分転換にもなります。

 

子育てをしていると、なんだか孤独を感じたり

取り残された感じがしやすいのですが、

 

資格取得という目標を元に勉強を

することで自分の視野が広がって、

生活に張りが出ます。

 

大人になってからの勉強は楽しいものです。

 

その上、資格を持つことで再就職を

考えたときに履歴書に書く技術が増え、

就職にも有利になります。

 

通信講座を使えば、学校に通う必要もなく、

隙間時間でしっかり学習することも

できるのでママにはおすすめです。

 

私も今の仕事につく前に、色彩検定や、

パーソナルカラーなど

いろいろ資格試験を受けてきました。

 

おかげで仕事を探したときに書類選考で

落とされることがなくなり、

実際に今の仕事に活かされています。

 

幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザー

食育という言葉があるように

食事はすごく大切です。

 

小さいころの食べ方で好き嫌いが

大きく分かれたり、また、

栄養の取り方が情緒に影響を与えることもあります。

 

食育アドバイザーの勉強をすることで、

実生活にも生かせて、

こどものご飯を作るのも楽しくなりますよ。

 

「転職に有利」というより、

日常生活を充実させるための資格です。

 

通信教育で学べ6ヶ月間で習得しました。

 

子供の離乳食から始まり、

幼児食をはじめとした食の大切さを学べました。

 

学校の受験勉強とは違うのは、

その時とても興味のあることなので、

どんどん知識を吸収できます。

 

自分自身も食の大切さについて

再認識しましたし、子供のためにも良かったと思います。

 

 

調剤薬局事務の資格

スポンサーリンク

薬局事務の仕事は、

薬剤師のサポートをする仕事。

 

主にパソコンを使った入力作業になります。

 

調剤薬局は、土日が休みのところが

ほとんどですし、子育て中の

仕事としては選びやすいです。

 

妊娠4ヶ月から勉強し始め、ゆっくりと

時間をかけて資格取得に臨みました。

 

本来なら4ヶ月で取ることのできる

調剤薬局事務の資格ですが、

出産に向けての情報収集も同時進行で

行っていたので、

出産後の試験を受けるように勉強しました。

 

調剤薬局事務の試験は自宅でも

することができるので、

産まれて間もない子供を置いていくことなく

資格を取ることができました。

 

リンパマッサージの資格

リンパマッサージ

リンパマッサージは、仕事のためだけではなく、

覚えることで自分の美容にも

つながるので、勉強しがいのある資格です。

 

私も、自分がやっている販売の仕事とは

全く関係ないのですが、

身体の循環を良くしたくて、

講座を何度か受けました。

 

私は資格を取るためではなく

自分のためなので

「佐藤式リンパケア」というのを習いました。

 

疲れたときに合間合間で

セルフケアしているので、

以前よりも疲れにくくなったし、

毎日活用しているので、習ってよかったです^^

 

マッサージ系の資格は自宅サロンを

開いて開業につなげているママたちもいます。

 

息子が2歳ぐらいになった頃、

2~3時間のお昼寝中に、

 

何かしたいなと思ったのがきっかけで、

資格取得を目指しました。

 

興味があったのが、リンパマッサージの資格でした。

 

出産してから、8キロ近く太り、出産前に

履いていたズボンが履けずにいて、

ダイエットを決意したのと同時に、

身体のリンパの流れを学び、

セルフマッサージを修得しました。

 

資格取得までには、約5か月かかりましたが、

毎日のセルフマッサージの

甲斐あってか、マイナス6キロの

ダイエットにも成功しました。

 

マッサージオイルにも興味が湧いてきて、

今は、アロマテラピストの資格取得を目指しています。

世の中には自分が知らない

資格もいろいろあるものです。

どんな資格があるのかな~知りたいときは、

通信講座のガイドを見て

探してみるのもおすすめです。

 

人気の医療事務

医療事務

医療事務の仕事は、資格がなくても

出来るのですが、病院は即戦力を

求めているので、

持っていて損はない資格です。

 

医療事務は病院なので土日がお休みですし、

短時間のパートでの募集もたくさんあります。

 

医療機器関係の会社に勤めていて、

結婚を機に退職しましたが、

 

知識を活かしたいと思い、

妊娠、子育て中の空き時間を利用して、

「医療事務」の資格を取りました。

 

家事と育児の合間だったので、

勉強時間を作るのは大変でした。

 

子どもが昼寝をしている間、

夜中に少しずつ勉強を進めたので、

資格取得までには約1年少しかかりました。

 

今後は医療事務の資格を活かして、子

どもが小学生にあがったら

クリニックなどの受付で働きたい考えています。

 

「資格持ち」とのことで、少しは強みになります。

 

 

1日1時間半〜3時間を半年間勉強しました。

 

医療改定が2年に一度あるのですが、

細かくは毎年続く場合があるので

気を付けないといけなくなります。

 

医療事務の勉強をしているのとしていないのでは、

実際の現場での実践が大きく変わってきます。

 

専門職になりますので、ドクターからも

薬事法等の問い合わせがあったり、

 

また点数が取り漏れているドクターや

看護部へ指摘もする為緊張感がある為やりがいがあります。

 

 

医療事務は通信講座でも

勉強することができます^^

 

無料で資料を取り寄せることもできるので、

見てみてはどうでしょうか?

 

大手の通信講座はCMでも目にするケイコとマナブがあります。

 

公式サイトの「通信講座」を見てみると、

通信で学べるものが色々載っていますよ。

 

こういうのを見ると、いろんな

可能性があるとワクワクしますね!

 

 

医療事務講座は下の方にあります。

 

資料請求は無料です^^

ケイコとマナブ公式サイトはこちら!

 

 

秘書検定

秘書の仕事

秘書検定2級を取りました。学校などは通わず、

参考書を1冊と中古の参考書、過去問の3冊を購入しました。

 

秘書というと事務的なイメージですが、

検定問題は相手への思いやりと

コミュニケーション、

 

敬語や謙譲語の会話などが

問題の中心になっていました。

 

勉強期間は6か月程度で合格できました。

 

元々百貨店販売員として働いており、

出産を機に退職してしまいましたが、

接客が好きでしたので、

 

いつか子育ての合間に接客業に

再就職を希望しているのでその時に

役立てればと思いこの検定にチャレンジしました。

 

就職で持っていると有利になるほどの

資格ではないかもしれませんが、

 

秘書検定の勉強をしたことによって

社会人としてのスムーズなマナー、

円滑なコミュニケーションを

 

たくさん学べて就職、仕事だけではない

普段の生活にも役にたっています。

 

ハーブコーディネーター

ハーブとアロマ

育児を始めたとき25歳でまわりは

バリバリ働いている最中でした。

 

私は子供を産むことを選択したことで

キャリアを捨ててママになる道を選んだのですが、

 

このままではダメなんじゃないか、

すぐに仕事として動けないというのは

良くないのではないかと

思って資格を習得しました。

 

民間の資格なので半年ほどで試験に合格しています。

 

マッサージの仕事をしているので役に立っています。

 

薬を使わないで子供の体調を直したり、

授乳中の体調管理をしたりと

自分たちの体のためにもなり、

 

ハーブの効能を合わせることで

料理も華やかになりました。

 

今はお客様の体調に合わせて効能を選んだり、

マッサージに使うオイルのなかの

エッセンシャルオイルの調整をしたりと使っています。

 

趣味から仕事にするもとてもいい時間なので、

育児だけで疲れ切らずに自分の時間を

持つという意味でとってみるのもいいのかなと思います。

 

介護職員初任者研修

妊娠8か月の時に、チラシが来て、

介護の仕事をしたいと思っていたので、

応募しました。

 

研修は介護の基礎を学ぶ座学から、

介護の制度、他業種との連携の重要さ、

実際の介護職員としての仕事の流れ

という講義から、

 

実際に高齢者になってみる体験や、

実際に介護を行うにあたっての

留意点などの実習もありました。

 

実習も妊娠中なので、体に負担の

かからないように調節してもらいました。

 

講義・実習(現場体験を含む)ののち、

筆記試験でしたが、講義や実習の

内容が理解できれば合格できるものでしたので、

勉強時間はあまりかかりませんでした。

 

サービス介助士

出産するまで家で毎日同じ事の繰り返しで

退屈だった時に、母親として

中卒で無資格は駄目かなと思って資格を取りました。

 

私が、取った資格は「サービス介助士」です。

出産後も介助士の資格があれば、

福祉関連等の仕事に有利だと聞いて始めました。

 

意外にも簡単でたったの6ヶ月で

資格を取ることが出来ました。

 

妊娠をしていたので試験会場などには

行けなかったのですが、

サービス介助士は試験会場に

行かなくても受けれるので

妊婦さんにもお勧めです。

 

金額も分割等あって、

高額ではないので簡単に受けられます。

 

まとめ

 

子育てしながらでも取れる資格はたくさんあります。

資格を取るときは、

 

●趣味のためか

●仕事に役に立つからか

 

などを考えて取ると、目的がはっきりして、

勉強もはかどるので良いです。

 

資格について有名な通信サイトは

「ケイコとマナブ」があります。

 

聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

リクルートが運営しているので信頼があり安心です。

 

ケイコとマナブは趣味の資格から、

実務的な資格まで幅広くカバーしていて、

「通信講座」で探すことも、「体験型」で探すことも出来ます。

 

何か資格を取りたいのだけど、

何を勉強したらいいか分からないママは、

ぜひ資料を見てヒントをえてみてくださいね。

 

もちろん案内は無料です。


ケイコとマナブ公式サイトはこちら!

 

 

取った資格を実際に生かしたいと考えている人は、

子育て中に働きやすいパートの職種 

の記事では、実際の働いているママたちの

様子を書いているので、

一読しておくと、仕事の様子が

想像しやすくてよいかなと思います。

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ