子育てと環境

新米ママは里帰りした方が良いのか。メリット、デメリット体験談

妊婦さん里帰り

スポンサーリンク

新米ママの中には里帰りをして出産する方も多くいます。
もしかして、今、里帰り中のママもいるかもしれませんね。

ここでは里帰り出産のメリットとデメリットを体験談を元にまとめてみたいと思います。

これから出産を控えている方は里帰りするかどうかの参考に、現在里帰り中の方は、他の人はどうなのかな?
里帰りが終わって、自宅に戻ったあとの生活はどうなるのかななんて考えながら読んでみて下さいね~。

里帰り出産した理由

妊婦さん里帰り
 

 
●1人目の時も2人目の時も里帰り出産しました。主人は帰りが遅くとても育児も家事も手伝ってもらえるような環境ではなかったため、実家で産後お世話になりサポートを受けようと思いました。
 

●地方から離れた場所に嫁いだため近くに知り合いもなく、初めての出産で不安がいっぱいだったので里帰り出産することにしました。 陣痛がどのように始まるのかが1番不安でした。

 
●初めての出産で不安だったので里帰り出産にしました。夫よりも経験者である実の母がそばにいるほうが安心できるなと感じたのが一番です。
 
●親の協力を得て産前産後を暮らしたいというのが1番の理由ですが、一人で暮らす母のためにこういう時こそ是非帰って一緒にいる時間を作りたいと思ったのも理由の一つです。

 
●夫の転職と引っ越しが重なったため後期になって里帰りにしました。

夫は新しい職場で自分のことだで手一杯、私のことまでお世話してくれる余裕がなさそうだったので・・・。環境が変わりすぎて私も疲れたので、普段の家事からのがれて実家でゆっくりしたかったのもあります。
 
●初めての出産で、一人だと、夫がいても間違いなくパンクするだろうなと思ったから里帰りすることにしました。
 

 
初めての出産のため不安が大きいため里帰りした、夫が忙しくて、赤ちゃんや家事のフォローをしてくれる余裕がなさそうということで、里帰りを決意する新米ママも多いです。

産後は、想像以上に身体が自由にならないので、里帰りをすると、心強く感じますね。

また、中には親孝行もかねて里帰りと言う場合も。確かに、親としては娘が帰ってきてくれると、大変だけれども、可愛い孫も見れるし、嬉しいものです^^

実際の里帰り中の生活のメリット


 

 
●最初のうちは体も休められて赤ちゃんが泣いてもあやしてくれたり、家事はやってもらえるし話し相手もいるしそれはそれは幸せでした。
 

 
●夜から陣痛らしきものが始まりだんだん痛みと痛みの感覚が短くなり、一晩明けて、入院、出産しました。 退院時に母に迎えに来てもらい、荷物を持ってもらいました。

赤ちゃんを抱いて大きな荷物を持つのは大変で、退院時に母が来てくれて助かりました。 入院中も母や妹、父が病室に来てかわるがわる生まれたばかりの娘を抱っこしてくれて、退院してしばらく実家でお世話になりました。

 
●破水して陣痛が来た後に緊急帝王切開になったので、里帰りしていて良かったです。
その後、子供だけ無呼吸症候群で他院の小児科に入院したのですが、その際も実家だったので一人じゃないのが心強かったです。

 

●産後の慣れない育児の中で身の回りの家事全般をやってくれたのでとても楽だったことです。主婦歴の長い母で、出産の経験者であるので、いろいろなところに気を回してくれてとても助かりました。

 
●ゆっくり休んでいられた事は勿論、抱き続けで身体が辛い時に変わって貰えたので助かりました。孫を抱っこするのは母も嬉しいらしく、喜んで抱っこしてくれていたので、その姿を見ると親孝行できたなぁなんて嬉しくもなりました。
 
●実際に、里帰り出産は産後の体調が思うように動かないのに、2時間おきの授乳で夜も寝れない状況でした。そんな時、少し母に頼んで私自身がゆっくり横になることができたのでよかったです。
 

 
夫と違ってわがままを言いやすいのもよいところです。また、たいていの実母は娘の里帰りの時は仕事をしていても、休んでくれていたり、里帰りに備えて「お世話する気満々」なので、心強いです。

夫の場合は、通常の仕事をしながら育児と産後の妻のサポートをするのでなかなかかゆいところまで手が回ると言うわけには行かないのですよね。

その点、同じ女であり、経験者である母親は、言わなくてもやってくれるというところがあります。

里帰り中の生活のデメリット

ストレスたまる
 

 
●だんだんと赤ちゃんの泣き声など他の家族に気を使ったりするようになり、1人で気楽に育児するのもいいな、と思うようになりました。何より家族が疲れてくるのがわかるので、悪いなという気持ちになりました。
 

●子供が退院してようやく親子が揃ったのですが、母のお世話を煩く感じる事がありケンカを何度かしてしまいました。反抗期並みにひどかったと思います。
 

●夜中になると娘が泣くたびに「みんな寝てていいよ」と言いましたが、父、母、妹が部屋に来てワイワイするので娘が余計に寝てくれない気がして少し困ったことも。実家にいると、みんなが助けてくれて有難いですが、にぎやかすぎてゆっくり休めないという状態でした。 
 

●よく生活環境や育児の考え方の違いで母と喧嘩になることがあったということです。
 

●母世代とは育児の仕方も異なる為、時々言い合いになりました。授乳やおむつ以外母が構いっきりだったので子供を取られたような気分になりました。
 
●里帰り出産だと旦那があまり赤ちゃんと触れ合うことが出来ないというデメリットもあります。大変な時期を夫が経験していないので理解がないというか、親になったことにピンときていないというか、私との温度差を感じました。
 

 

1度結婚して自分たちだけの家庭を持つと、自分の親とはいえ、一緒に住むと、夫より気を使うものです。
昔の親の姿より年を取っていることもあり、疲労感が見えたりすると、悪いな~と感じますよね。

生まれた可愛い孫にみんなが注目しすぎて、ゆっくり出来ない、落ち着かないと言うことも十分ありえますね。助かる反面、騒がしい面もあります。

産後はどうしてもホルモンの関係や疲れからイライラしがちなので、実親でお互いに遠慮がない分、喧嘩が増えます。
それに、親の昔の子育て論を話されると「今はそうじゃないから!!」と向きになっちゃったりするのですよね。

私は里帰りと言う形ではなく、親に私の家に通ってもらったのですが、それでもイライラすることがありました。。。

今振り返ると、どうしてあんなに母につっかかってしまったのか・・・と反省です。

里帰り出産を終えての生活

 
●自宅に帰ってから多少大変ではあるけれど泣かせておいてもいいし気楽に育児ができました。でもそれは体が楽になったからの余裕です。やはり産後の疲れを癒すには家族の協力が不可欠でしたので里帰りして本当によかったです。

 

●里帰り中は喧嘩が増えた親とも、自宅に帰ってからはいい距離感で付き合えています。近所に住んでいるので、困った時などは助けを求めています。実家でゆっくりしてから自分の家に戻ったので多少大変ですが、家事はとにかく手抜きをしていたのでそこまで大変では有馬園でした。そのため、2人目の時は里帰りはしませんでした。
 
●里帰り出産を終えて自宅に戻ってくると、赤ちゃんのお世話と家事をやなきゃいけないので体力的にとても辛かったです。特にご飯を作るのが面倒に感じていました。
 

 
子育て中に大変な家事のひとつが、買い物と料理!こちらの記事を読むと楽になります♥
料理が苦手な新米ママも大丈夫。育児中の宅配利用で調理も買い物も楽ちん。
 

 
●里帰り出産後の生活はとても不安がありましたが、生後2ヶ月頃まで里帰りしていたので母乳などの栄養方法も軌道に乗ってきたところでしたし、なにかあれば夫の実家が近かったりしてサポートが整ってたので、徐々に慣れていくことができました。
 
●床上げまでのんびり過ごせた事もあり、自宅に戻ってからはそれまで動けなかった分家事などを楽しめたので結果として里帰りの御蔭だと思います。

●抱っこ、授乳、オムツ、総て母に教わりながら練習できたので里帰り明けにはすっかり世話に慣れて主人に教えられるくらい心身共にゆとりが出来ました。
 

 

里帰り中にゆっくり養生することでその後、自宅に戻ったときに余裕を持って生活できるママも。

産後の最大の敵は「疲れ」です。その疲れがたまっていないだけでずいぶん、生活の余裕度は違いますよね。

自宅に戻って疲れがひどくなってきた方はこちらの記事もどうぞ
→育児中の辛い不眠と寝不足のイライラ解消法

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ