子育て(育児)と仕事

【親が泣きそう!!】2歳、3歳児が保育園を嫌がる理由と対処法。

泣く3歳児

スポンサーリンク

 

保育園、通いだしたころに泣くのはよくある話。
でも、それまではニコニコ通っていたのに

、2歳、3歳くらいになって、

急に保育園に行きたくないと嫌がるようになることがあります。

 

嫌だと泣きわめく子供を前にすると、

親である私たちのほうが泣きたい。

 

何度仕事を辞めたい。辞めて子供のそばにいたい!と思ったことか・・・。

 

どうして急に保育園を嫌がるようになるのか。


その理由と、

こどもが嫌がるときの対処法について、

私の体験とともに書いていきます。

 

保育園登園最初は全く泣かなかった

すやすや赤ちゃん

私が保育園に預けて

仕事に復帰したのは息子が10ヶ月のとき。

会社は1年間育児休暇を取ることができたのですが、

4月の方が入園しやすいと言うことと、

育児ノイローゼになっていたので、早めに復帰しました。

 

もともと支援センターに行ったり、

一時保育に預けたりしていたので、

登園初日から息子は全く泣く事がなくて、

朝預けるとき、

私と別れてもなんら変わらない表情で

保育士さんに抱っこされていました。

 

周りに、最初は泣くから大変よと

言われていたので拍子抜けです。

こどもがスムーズに保育園になじんだので、

預けていることは気にせず仕事に打ち込むことに出来ていました。

 

月齢が小さいうちから預けると、

子供にとって保育園に行くのが当たり前な環境なので、

さほど泣かないという話も聞いていたので、

楽だわなんて思っていたのですが・・・。

 

2歳、~3歳ころ突然嫌がるように・・・

その日は突然やってきました。
いつものように車に乗せて保育園へ。

車に乗っているときは普通だったのですが、

保育園について、降ろそうとすると

「いや~!!!!」と号泣。

 

その日以来、保育園に着くと、泣く様になりました。

車に乗せるまではいいのですが、

あ、ここでママとお別れするんだ!

とわかるとすさまじく泣きます。

 

それが毎日。

正直、心が折れそうでしたね。。。

降ろす為に抱っこしようとすると

ベビーシートに全力でしがみつく息子・・・。

すごいチカラでぎゃん泣きして、

保育士さんと一緒に引っ張り出したこともあります。

 

このころ、

仕事も、子育てに理解のない上司がいるときで、

毎日辞めたい辞めたいとつぶやいていました。

でも、辞めたら生活が出来ない。

 

朝は息子の泣き顔を振り切るように出勤し、

本当に身を切られる思いでした・・・。

 

こどもが保育園を嫌がる理由

スポンサーリンク

まずは園の様子を確認

いきなり、嫌がるようになった場合、

何か保育園内での様子で気になること、

変わったことがないかを確認します。

年少さんはあまり自分のことを話すことはできません。

 

親が知らないだけで、

実は噛み付き行為が

お友達の間で頻繁に起きている、

または、担当保育士がおかしい

と言うことも無きにしも非ず、

あまりないとは思いますが、

保育園での様子はきっちり確認しておきましょう。

 

ママと別れるとき、

ぎゃん泣きしても、

しばらくしたらけろっとして遊んでいるようなら

問題はないです。

 

保育園の様子を把握するためにも

普段から保育士さんと

信頼関係を築いていることも大事です。

 

私の息子が通っていた保育園は、

いつでも親の参観OKの保育園でした。
何でもない日でもどうぞ、

保育園を見てください。

どんな保育をしているか確認してくださいね

と言うスタンスでした。

 

保育士さんとこども

大事な子供を預ける保育園選びは

とても大切です。

待機児童が多く、

希望の保育園に入れない現実もありますが、

できるだけ最善を尽くしたいものです。
知り合いは希望の園に入れるまで、

転園願いを出し続け1年後にやっと入れていました。

共働きママの保育園選びのポイント

 

 

通っていた保育園は

とても行き届いた保育園で、

園長先生、保育士さんたちを信頼していました。

また、迎えにいったときは

いつも楽しそうに遊んでいたので、

安心はしました。

 

 

先生たちの話を聞いても、

号泣しているのはほんの5分程度で

その後はすぐ遊びだしていたようだったので、

大丈夫だと感じていました。

 

心配なら、子供を預けた後、

その後の様子をこっそり見ておくこともおすすめします。

 

家での様子も確認

子供の家でのしっかり見ておきます。

保育園に迎えにいったときの表情、

普段の家の様子。

 

朝はぎゃん泣きで嫌がるけれども、

他は笑顔が多く、

いつもどおりおしゃべりもするようなら大丈夫です。

 

自我の芽生え

自己主張がはじまる

 

2歳、3歳くらいになると自我が芽生えてきて、

「自己主張」をするようになってきます。

 

赤ちゃんのころには気づかなかったけど、

「あ、ママと離れちゃう!離れたくないよ!」

と言う気持ちを自覚できるようになっています。

そのため、ママと離れるのが嫌で「保育園に行きたくない!!」

気持ちになってきます。

 

保育園生活が全く問題なく、

朝だけ大泣きして嫌がるのはママが大好きだから。

大好きな人とは離れたくないのです。
ある意味、

順調に成長していると言う証拠でもあります。

 

保育園を嫌がるときの対処法

スポンサーリンク

あっけらかんと別れる

子供に泣かれると、

何で私はそこまでして働かないといけないのだろう。
預けるなんてかわいそうなのかもしれない・・・。

そんな思いが湧いて来ますが・・・・。

 

でもそれを子供に悟られてはいけません。

子供は敏感なので、

ママの気持ちを察すると

ますます不安になり、嫌がるようになります。
早めにこの「嫌がって泣く」と言うのを終わらせる対処法は、

ひたすら普通に「じゃあ、いってくるね!また夜、お迎えに来るからね!!」

と笑顔であっさり離れること。

いつまで子供のほうを振り返ってはいけません。

 

ママが後ろ髪を引かれていると、

「もしかしてもっと泣いたらママがつれて帰ってくれるかも」

とこどもが期待してしまいます。
仕事をやめることが出来ないのなら

割り切るしかないです。

 

そして、

保育園は楽しいよ!いいところだよ!と子供に表現します。

できるなら心から

この保育園にいくの楽しいことだよ、

とママが思うことです。

 

子供の話をよく聞く

落ち着く抱っこ

 

迎えにいったときは、

一日頑張った子供をほめてあげて、

「よく頑張ったね。ママも会いたかったよ~。今日は何をして遊んだの?」

としっかり話を聞いてあげるようにします。

 

大人も仕事に行くと疲れます。

子供も保育園で

いろんな人の中に入り頑張ってるんです。
にっこり笑顔でほめて、

抱きしめてあげてくださいね。

 

息子が3歳のときにこんなことがありました。
息子は指をかまれて皮が剥けていました。

しかも2回も。

1回目は息子がお友達のブロックを叩き壊し、

それで反撃されました。

 

2回目は、先生の言うことをきかないお友達に注意して、

しつこく言っていたら反撃されたようです。

 

そのときは「かまれた~痛かった~」くらいしか

本人は言っていませんでした。

「保育園行きたくない」がちょっと多くなったくらいで、

それはよくあることだから

そんなに気に留めていなかったのです。

 

夜「ふ~ん」「ふ~ん」と鼻を鳴らしてすねているような、

声を出しながら寝てました。

「どうしたの?」といくらきいても答えません。

 

「ちゃんと言葉で話してくれないと、ママは分からないよ。どうしたの?なんか言いたいことあるの?」

ときくと、

「まだ寝たくないの。水が飲みたい」と。

飲み終わって、残った水を私の服にわざとこぼしました。

 

もちろん・・・しかりました。

じ~っと怒った顔で顔を見て、

「何でそんなことするの、洋服が濡れたでしょ。お水かけられたらママはすごく悲しい」と伝え、

しばしにらみ合い・・・。

その後、大声で泣き出しました。

 

抱っこして、もう、怒ってないよ、

人の嫌がることはしないでねと言い、

寝かしつけていたら、

突然、ぎゃ~と泣きじゃくりだました。

泣きながら

「●●くんが僕をかんだの。ココをかんだの。僕、イヤだった。悲しかった」

と絞るように言い出したのです。

 

親の知らない保育園での出来事。

心が傷ついていたのですね。

でも、気持ちを吐き出す方法が分からなくて

無意識にもやもやしてたのかなと思いました。

まして2回目にかまれたのは

息子にとっては理不尽なこと。

 

「そう、悲しかったんだね。イヤだったね。

それなのに頑張って毎日保育園行っていたんだね。

頑張ったね。

あなたがそんなに悲しかったの、

ママ、気づかなくてごめんね。

話してくれてありがとう。

何があっても、パパもママも味方だからね。

守るから何でも話してね」

 

と語りかけながら抱っこしていると、

落ち着いてきたようで、

鼻水が出た~とか言い出して、

普通の感じに戻っていきました。

小さいころは

傷つけられてもそれをうまく表現できません。

些細なことが心に引っかかっていることもあります。

 

だから、

親が感情を吐き出させてあげることが大事です。

感情をしっかり出させて

受け止めてあげることが出来れば

心に抱えたことも解消されていきます。

そのうちまた嫌がらなくなる

心が折れそうになる

息子の保育園嫌がりも、

だんだん収まり4歳のころには全くなくなりました。

 

どの子もいずれ泣かなくなります。

こちらがちょっと寂しいくらい(笑)

 

仕事と子育てを両立していると

いろんなことが気がかりになってきます。

こちらの記事もどうぞ。

共働きママの悩み解決まとめ集

 

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ