子育てあるある

子育ては飽きる!!そんなママが充実する方法

スポンサーリンク

子育てで「飽きた」と感じたことないですか?

飽きたなんていうと母性を疑われそうで

なかなか口には出せないですが・・・。

 

毎日同じことの繰り返しでつまらない・・・・。

周り子育てが楽しい、面白いという人ばかり。

 

子育ては初めての経験。

「飽きる」と言うこともあります。

 

でも、「飽きた」と思っちゃうと育児は

すごくつまらなくて辛いものになってしまう。

 

飽きる原因と飽きたときに、どうするかと

言うことを書いてみようかと思います。
退屈

そもそもどうして飽きるのか

どうして飽きるのかと言うと、一つは性格もあります。

 

同じことをしててもずっと面白く感じる人もいれば、

だんだん新鮮味がなくなって、

つまらなく感じることもあります。

 

仕事がそうではないでしょうか?

 

働き始めたばかりの頃は、覚えることも

たくさんあるし、ミスもあったりで

飽きている暇もないほど大変です。

 

ところがある程度仕事を覚えてくると

毎日の作業が「ルーチンワーク」に

なって面白みがなくなってくるのです。

 

かといって、仕事ができていないわけではないです。

 

一定のレベルの仕事はこなせているはずです。

 

そう考えると、育児が飽きたと感じるのは、

 

大変な時期を超え、育児の段取りが

うまく言っていて、余裕が出来ている、

毎日の生活バランスが整っているからともいえます。

 

あたふたすることが少ないからこそ

「飽きる」と言う感情が出てきます。

 

そう考えると飽きてきた自分を

褒めてあげてもいいのではないでしょうか?

 

あまり手のかからない赤ちゃんの場合

生まれたときから良く寝てくれる。

病気も殆どしない。

泣いていても授乳すればぐっすり。

 

特にハイハイをしだす前までは

殆ど寝ている赤ちゃん。

 

そばにいないといけないから

何か自分のことが出来るような時間は

取れないけど、

 

手がかからないそういう時は暇で

子育てに飽きたと感じることも多いです。

 

ただ、この時期の「飽きた」はハイハイしだして

子どもが動き回るようになると

あっという間に解消してしまうことがあります。

 

子育てが好きではない場合

子どもが欲しくて、子どもが好きで

産んだとしても、育児が始まったら、

 

「私には育児が向いていない」

そう思うこともあるのではないでしょうか。

 

やってみないと自分に向いているか、

向いていないかなんてわからないですよね。

 

子どもを産んだら誰もが

「育児が楽しいママ」と言う風に

思われがちですが、現実は

うまくいかないケースもあります。

 

その場合、子どもが動き回るように

なってくる時期になっても

「飽きた」感じが抜けないことがあります。

 

仕事と違って、「飽きた」から転職する

というわけには行かないのが育児です。

 

ただ、子どもはどんどん成長するので、

飽きている時期があるからと言って

それがずっと続くわけでは

ないので安心してください。

 

私は、正直、子育てが面白いなと

思い出したのは3歳を過ぎてからです。

 

意思疎通ができなかったのが、

だんだんおしゃべりが出来るようになって、

こちらの言っていることを理解するように

なってから面白い、

楽しいなと感じ出しました。

 

そして、それからは加速的に面白くなっていきました。

 

小学生の今は見ているだけで面白い。

かっこつけながら変なことをたくさんしてくれます。

 

「男の子」という生き物を観察している気持ちです(笑)

 

子どもを産んですぐの頃、友達と

「子育てが好きとか嫌いとかどうでもいいよね。だってやるしかないし」

と話したのを良く覚えています。

 

昔を振り返ると、もっとじっくり息子を

見ていれば良かったな、という気持ちに

なることもありますが、

 

今戻っても同じように、子育てが苦手に

感じそうなので、無理なものは無理。

 

それでよいと思っています。

 

飽きたときにすること

スポンサーリンク

子育てに飽きた・・・と言うときに

やってみることを書いてみます。

 

リトミックなど幼児教室に通ってみる

子どもが赤ちゃんのうちから通える教室があります。

 

音楽関係の教室だと子どもが

2ヶ月くらいからスタートするところもあります。

 

教室に通うと、子どもの脳の働きや

能力の発見があって面白いです。

新しいことを知るので飽きる気持ちが薄れていきます。

具体的にいくつか幼児教室を紹介します。

 

●七田チャイルドアカデミー

こちらの教室は全国展開しているので

あなたの住んでいる地域にもあるのではないでしょうか?

 

七田チャイルドアカデミーの教室は、

親子の一体感・愛情を育むことを

何よりも大切にしていて、

 

右脳の能力を引き出し、左脳の能力に

つなげる「全脳教育」です。

 

愛情を第一に考えた教室なので、

子どもも楽しみながら学んでいくことが出来ます。

 

●ベビーパーク

こちらも全国展開で、私が住んでいるような田舎にもあります。

 

ショッピングセンターの中に入っているので

気軽に通いやすい雰囲気です。

 

叱らず個性を育てる育児法」をテーマにしていて、

楽しく育児相談をかねながら行われます。

 

脳の力を高めるためのアクティビティが

たくさん用意されいるので、

こどもにあわせて柔軟に対応してくれます。

 

● カワイ音楽教室、ヤマハ音楽教室

こちらは1歳からになりますが、

歌を歌ったり音楽を聴きながら子どもと

一緒にリズムをとって踊ったり、楽器で遊んだりします。

 

子どもは音がなるものが大好きですよね。

 

小さい頃から音楽を聞かせていると、

ピアノを習いたいと言い出すかもしれません。

 

ピアノはこどもの知能を発達させるには

もってこいの習い事です。

 

指を動かすことで、神経系統も発達しますし、

また、音楽は心を落ち着かせるものでもあります。

 

最近では、認知症の予防にピアノが

取り入れられたりもしています。

 

考えながら指を動かしていくというのは

脳の働きにとって良い効果があります。

 

もっと気軽にパン教室や手作り教室などへ

パン教室
子どもが少し大きくなってくると親子で

パン教室などに通ってみるのも刺激になります。

 

私は子どもが2歳くらいとき、パン教室に通いました。

 

と言っても単発のものなので、

続けて通う必要がないものです。

 

個人の先生がされていたので、

生後半年の赤ちゃんや、1歳にならないく

らいの子どもも参加していて、

「教室」と言うより「お茶会」みたいな雰囲気でしたが。

 

また、地域で行ってる、例えば

「ソーセージつくり体験」とか「ねんど遊び」などの

イベントに親子で参加してみるのも

気分が変わっていい感じでした。

 

思い切って仕事を始める

スポンサーリンク

いろいろ試しても子育てに飽きてつまらなく

感じるというなら思い切って

働いてみるのも一つの手です。

 

仕事をすることで忙しくなるので飽きている暇がありません。

 

子ども以外の世界を広げることで、

「子育てが楽しい」と感じる可能性もあります。

 

子どもと接する時間が長いから飽きるのであって、

短くなると子どもとの時間が貴重になり

飽きると感じることがなくなります。

 

私は仕事に復帰してから、やっと子どもが

かわいいと思えるようになって、

息子ともっと一緒にいたいと思うようになりました

 

仕事をしていなければ仕事をしたいと思うし、

両立で時間がなければ息子とゆっくりしたいと思う。

 

ないものねだりの私です(笑)

 

仕事と育児の両立は大変ですが、

専業で子育てをするよりも、

仕事をしながらの方が私にとっては

バランスが取れていました。

 

仕事のストレスを育児で解消する。

 

育児のストレスを仕事で解消するという感じです。

 

もちろん、仕事と子育ての両立はかなり

大変なんですが、

 

それでも育児だけをしているときに

比べると精神的にはずいぶん楽になりました。

 

体力的にはどうしようもないくらいきつかったですけど。。。

 

「子育てが飽きた」と言う理由で

仕事を探すなら、パートなどの短い時間から

働き始めたほうが良いです。

 

いきなりフルタイムだと大変すぎて

挫折してしまう可能性もあります。

 

それから、仕事を選ぶときは自分が

楽しめるものを選ぶのが長続きするコツです。

 

給料などの条件だけで選んでしまうと、

飽きっぽい人はまた「飽きた」となってしまいます。

 

まとめ

 

 

「育児に飽きてしまう」

そんな自分を責めないでくださいね。

そういう人もいます。

 

育児がうまくまわっているからこその飽きたという場合もあります。

 

ただ、口に出してしまうと批判してくる人も

いるので、気をつけてください。

 

人は人、自分は自分でいいと思います^^

 

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ