子どもと教育

赤ちゃんがハイハイしない、嫌がる子の体験談【練習を考えている新米ママへ】

ハイハイの良いところ

スポンサーリンク

赤ちゃんはハイハイするものと育児書に書いているので、

自分の子がハイハイしないと心配になったりしますよね。

 

確かに、ハイハイをすることで良い部分もありますが、

必ずしもしないから何か問題があることはないので、

心配しすぎないようにしてくださいね。

 

ここでは、ハイハイをしない原因と、

実際にハイハイしない赤ちゃんは

どうなのかについて書いていきます。

ハイハイはいつからするか

 

一般的には生後7ヶ月くらいからずりバイ

(ハイハイできる筋力がまだついていないため、足を残したまま腕だけで進む)

をはじめ、8ヶ月位で出来るようになってきます。

 

ただ、赤ちゃんの成長は個人差が多いので、

必ずしもこの時期にはじめるとも限りません。

 

遅い子だと、1歳前くらいで始める子もいます。

ハイハイをしない原因

スポンサーリンク

 

ハイハイをするスペースがない

昔に比べて、畳のだだっ広い空間のある家が減っています。

自由に動けるスペースが必要です。

また、物がたくさんある事でハイハイより、

つかまって立つということを先に覚える子もいます。

 

つかまり立ちをすると、

目線が上に来て赤ちゃんは楽しいです。

 

赤ちゃんの時期はできるだけ床のスペースをあけて、

動ける環境を作ってあげると良いですよ。

 

歩行器を使いすぎ

歩行器などを使いすぎることで、

赤ちゃんがハイハイするタイミングを

逃してしまっていることがあります。

 

歩行器は、便利な道具ではありますが、

本来の成長とは違う動きをさせることになるので、

個人的におすすめしません。

使用するなら長時間は乗せずに、

また目を離さないようにした方がよいです。

 

ハイハイが嫌い

ハイハイが嫌いな性格の子もいます。

 

実際私の友人の子ですが、

ハイハイをさせると出来るけど、

基本嫌みたいで、しようととしませんでした。

 

結局、数回ハイハイしただけで、

ある日突然歩き出しました。

ハイハイのメリット

ハイハイの良いところ

ハイハイは両手足を使った全身運動です。

全身を使うことで脳の発達にいいといわれています。

 

手を前に出すことで

歩き出したときに転んだとき、

手を出して怪我を防ぐ反射能力を高めます。

実際、最近の子は転んだときに

手が出ないので顔から怪我をしてしまうと

教育現場の方から聞いたことがあります。

ただ、このあたりは、赤ちゃんのころ、

ハイハイをしなかったとしても

後で補うことも出来ます。

 

たとえば、ジャングルジムに登るような

全身運動をしたり、とっさのときに、

 

首や背中を丸めてからだを守るような

訓練をするというのもひとつ。

(柔道の受身なんかは身を守るにはもってこいの運動です)

 

また、芝生など、転んでも大丈夫なところで、

小さいうちにたくさん走らせます。

 

走って転ぶことによって、子供は転んだときの対処法を覚えていきます。

はいはいの練習のやり方

 首が座って、寝返りが出来るようになってからはじめます。

 

赤ちゃんをうつぶせにしてから、

少しはなれたところから名前を呼んだり、

好きなおもちゃを見せたりします。

 

ママの声が聞こえると、ぐっと首を上げてくれます。

これだけでも背筋の運動になっているんですよ^^

 

赤ちゃんが好きなおもちゃはこちらの記事もどうぞ
ママが選んだ0歳、1歳の赤ちゃんが飽きることなく遊ぶ人気のおもちゃ10選

練習はこれを繰り返すだけです。

また、赤ちゃんと一緒にママもハイハイを

見せてあげるのもおすすめ。

 

保育園に通っている場合は他の子の

ハイハイを見ているので目で覚えていきますが、

 

ママしか接していない場合、

見本がないのでハイハイをしないと言うこともあります。

 

ずりバイが出来るようになったら、

うつぶせにした赤ちゃんをちょっと持ち上げます。

 

そうすると、手を前に出すので、

その手を床すれすれにおいてあげます。

 

ハイハイの練習をするのを嫌がるようなら

無理にはさせないでくださいね。

 

嫌がってまでさせなきゃいけないというものではないです。

ハイハイしないでも配しないで

いろいろやってみたけど、ハイハイしない。

このままで大丈夫かしらと不安になってるママへ。

ハイハイしないまま歩き出したお子さんは実はたくさんいます。

そして、普通に成長しています。

そんなママたちの体験談をご紹介しますね。

お尻で移動のままでした

 

私の子供は、女の子です。

ただ、生まれた体重が重かったので、

3500gを超えていたからか、 首の座りも遅かったです。

 

それから、寝返りができて、

腹ばいの姿勢になったので、

ハイハイするかなと思いましたが、しませんでした。

 

そうこうするうちに、腕で支えてお座りのような形に

自分でなるようになりました。

 

ハイハイせずに大丈夫と、保健婦さんに言われ、

安心していると、お座りの形で、

お尻を動かし動き始めました。

 

その後は、つかまり立ち、 たっちと普通に1歳くらいで、

歩き始めたのは、1歳2か月です。

何にも心配なく、育っています

 

8~10ヶ月でいきなり立つように

つかまり立ち
 

現在10歳になる男の子が赤ちゃんのころ

はいはいをしないで、9か月で突然タッチしました。

 

お座りして壁やソファーなどに手を付いて

遊んでいるなと思っていたら

おもむろに腰がグッとあがり、タッチしました。

 

もちろんその時はすぐに尻もちを付いてしまいましたが、

そんな事を繰り返しているうちに

立ちあがれるようになってしまいました。

 

ハイハイをせず、ほふく前進の様な

這いずりばかりだったので心配していました。

 

母や主人は

「かえって腕が鍛えられていい。

本人の成長に合わせて好きにさせればいい」

と気にしていませんでした。

 

現在、その息子は大変健康でリレーの選手にもなる様な

脚の持ち主になりました。

個人差があるものなので全く心配は無いと思います。

 

現在6歳になる息子が赤ちゃんのころ、

ハイハイを殆どしませんでした。

 

お座りしているな~と思っていると

あっという間にベビーベッドの柵で

つかまり立ちをするようになり、

壁伝いに歩くようになりました。

 

小児科の先生にもびっくりされましたが、

8ヶ月の終わりころ、一人で、

手を離しても歩けるようになりました。

 

100人に1人くらいかもしれないと、

先生に言われ、発達に異常はないかと

心配しましたが、

 

年長さんの現在は、習い事はスイミング、

体操、サッカーをしていて、

運動大好き、活発な男の子に成長しています。

 

他の子と比較しても格段変わったところはないです。

 

私の子供は歩くのが早かったです。

10か月のころに立ち始めました。

 

そのためハイハイの時期が短く、

歩き出して、転んだ時に手を出すことが

出来るかどうか心配をしました。

 

しかし、実際に歩き始めると

しっかり歩き始め転びそうになったときに

手を出すこともできたので安心しました。

 

ハイハイの時期が短くてもあまり問題はないなと感じました。

 

寝返りも下手な子でした

2歳になった我が子が歩き出したのは

1歳2ヶ月のときでした。

 

本当ならハイハイをし始めるだろう

時期に全くそれをせず、しかも寝返りも

上手にできない子だったので当時は随分と不安を覚えました。

 

ハイハイをさせてみようと両手と

膝をつかせてみても嫌がって座るだけ。

 

どこか問題があるんじゃないかな?

とネットで調べたり友人に

それとなく言ったりもしていました。

 

特に、初めての子という事もあり私も

何も分からなかったのが拍車をかけていました。

 

ですが、歩き出してからはあっという間に

走るようになり今では何の問題も無く走り回っています。

 

あの時期にあれだけ不安だったのは

なんだったんだろうと思うほどです。

 

うつ伏せで号泣していたわが子

うちの子は、うつぶせにすると号泣してました。

ですから、自然と仰向けばかり。

いつになったらハイハイするのかな・・・と、心配してました。

 

つかまり立ちをしたのは1歳くらいのときです。

ハイハイしないから歩き出すの遅いかも・・・

と思っていたら、やはりそうなりました。

 

歩き出したのは1歳半くらいのときです。

 

ですが、その子も今は中学3年生になります。

普通に生活してます。

 

ハイハイしないからといって、

心配することはなかったようです。

 

ハイハイするかしないかは個性ということも十分ありえます。

心配しすぎず、見守りたいものですよね。

 

子育てはいろんな悩みの連続。

 

こちらの記事はママの直面するいろんなことに

対するヒントが詰まっています。
【子育ての悩み相談】適当でもずぼらでも成功する方法や楽になるコツ

 

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ