[記事公開日]2016/04/21
[最終更新日]2018/02/28

共働きの我が家の子供の朝ごはん。基本は和食です。

スポンサーリンク

 

子育てしながら共働きの朝ごはんは、

大変じゃないですか?

私は主婦歴10年になろうとするのに

いまだに悩むことがあります。

 

それに加えて私は朝が弱い!!
疲れて朝起きれないのです。

 

たまに息子よりも寝てしまうこともあります。

 

私より早起きの夫に朝食つくりを

任せたいのですが、早く起きるのに

夫は絶対料理をしません。

 

大人は朝は排泄の時間だから

食べない方が身体によいとか諸説

ありますが、子供には食べさせない

わけには行かないです。

 

ここでは我が家の朝ごはん事情を書いて見ます。

 

朝食を和食にしている理由

食欲とお金の関係から和食

朝ごはんが、パンだったら

楽だと思いませんか?

トーストとコーヒーとヨーグルト・・・。

 

我が家もこどもが小さいときは

週に3日くらいパンのこともありました。

ところが年長さんを過ぎたころからでしょうか、

息子はぐんぐん食欲が増してきて

ものすごく食べるようになってきたのです!!

 

ちなみに夫も、大食いです。

 

先日も息子と昼食にパン屋さんに

行ったのですが、一人で800円分くらい

ペロッと平らげ、それでも足りないといっていました。

 

別にお高いパン屋さんではありません。

 

私の昼食は300円くらい。(コーヒーは無料)

最近は、パンにするとものすごく高くつくのです。

 

お米の減りもバカにはなりませんが、

パンよりもかなりお得です。

 

そして、腹持ちの違い。

 

学校があるので朝食は7時前には食べます。

 

パンだとどうやら、給食までお腹が

すいてしょうがないらしい。

 

お金と、食欲の理由から我が家は

めっきりお米とおかずの和食派となりました。

 

添加物の理由

パンも、市販のスーパーで売っているパンは安いです。

 

でも、そこに書いてある、食品成分表を

見ると、どうしても「食事」として

食べさせる気にはならないのです。

 

たまに食べるおやつとしてならいいのですが、

常食するものではないというのが私の考え。

だったら自分で焼けばいいのですが、メンドクサイ。

添加物の少ないパンを買うと高い。

 

そこまでこだわっているわけではないのですが、

忙しいから結構冷凍食品や出来合い物を

活用しているんですよね。

 

そのため、楽に添加物を抜けるなら

抜きたいと考えてやっています。

 

そのあたりもパン食をやめた理由になります。

 

朝ごはんの定番メニュー

メインはおにぎり

朝ごはんはおにぎり
子供には「おにぎり」プラス軽い

おかずが定番メニューです。

 

私たち大人はご飯茶碗で食べますが、

息子はおにぎりが大好き。

 

夕食の後に「おやつ」といって自分で

おにぎりを作るくらいすきなのです。

 

おにぎりにすると、不思議とお茶碗についだときよりも

ササット食べ終わります。

(箸を使わないでいいのが楽なんでしょうね)

 

おにぎりの具はふりかけが多いですが、他にも

 

●梅干をたたいたもの

●鰹節に醤油をまぶしたもの

●テンカスと醤油

●細切りチーズ

●鮭を焼いてほぐしたもの

 

などを準備していてバリエーションをつけています。

 

本当は「焼におにぎり」が好きみたいですけど、

朝から面倒なので出すことはありません。

 

とはいえ、我が家の焼おにぎりはすっごく簡単。

 

●塩で味付けたおにぎりを作る

●みりんと醤油をあわせたものをおにぎりの表面に塗る

●ごま油でこんがり焼く

 

ポイントは、おにぎりを握った後少し乾燥させること。

 

そうすると焼いたときにべたべたしません。

 

でも、時短ではないので、これを出すときは

前日に作っておいて、朝、起床と同時に

トースターに放り込んで焼きます。

 

果物

朝食に果物
今の時期は日向夏が旬です。

 

起きて朝食をつくっている間に

2口分くらい子供に出します。

(カットが必要な果物を切って保存容器に入れておきます)

イチゴはそのまま食べれるので楽です。

 

これは私自身が寝起きは果物を食べる

となんだか頭が働くからというのがあります。

 

寝起きにボーっとしている息子の脳に

糖分を入れたら活動開始するかな?

という感覚です。

 

実際、朝起きた後の果物の「果糖」は

すばやく身体に吸収されて、

内臓を活性化するといわれています。

 

ちょっと糖分を入れることで身体が

目覚めるのですよね。

 

果物でちょこっと身体を起こして、

朝食に備える感じでしょうか。

 

朝は食欲が湧かないというお子さんに

試してみるのもいいかもしれません。

 

卵料理

定番は卵焼き。

お砂糖は卵2個に対して小さじ2分の1程度です。

 

卵焼きってなぜか食べたくなるし

すっと入りますよね。

 

毎日それだと飽きるので、目玉焼きをしたり、

スクランブルにしたり、ちょこっと工夫しながら作っています。

 

時短には目玉焼きが楽

スポンサーリンク

もう1品

卵焼きともう1品で我が家の朝ごはん終了。

 

●前日の夕飯の残りのお肉や魚

前日の残りを使うと楽ですよね。

ただ、これは息子には超不評です。

 

夫は黙って食べるのですが息子は

「これ昨日も食べたよね?」と口うるさい

 

●さつま揚げ

●豚こまを焼いて塩コショウ

●魚の切り身を焼いたもの

●2週間に1回くらいウィンナー

●たまに冷凍食品(ミートボールやから揚げなど)

 

大体こんな感じ。適当。

 

他は共働きママが楽になる夕飯の時短料理のコツ

紹介しているような作りおきおかずを

たまに準備しておきます。

 

作り置きおかずはあるとすっごい

便利なんですが、作り置きをする気力が

湧かないことが多々あります。

付け合せの野菜

付け合せの野菜
付け合せの野菜は夏場はもっぱらレタスです。

切る必要も、炒める必要もないのでめちゃ楽。

 

手でちぎって盛り付けます。

 

後は冷凍ブロッコリーをチンして

塩をかけるか、小松菜をさっと炒めて終了。

 

赤ピーマンも結構活用してます。

青ピーマンより甘いし彩が良いので使いやすいです。

 

大人はプラス味噌汁など

夫はこれだけでは足りないので、

プラスインスタント味噌汁と納豆などを出します。

 

私は、あまり食欲はないので、

ご飯と納豆のみ、または味噌汁のみです。

 

私が小さいときは朝食は毎日味噌汁と

目玉焼きでしたが、夫も子供もそれほど

 

味噌汁が好きではないので

朝食に出すことはないです。
(基本汁物は夕食です)

 

朝はインスタントを時々。

たまにパンやシリアル

明日は寝坊するぞ!と決心しているときは

パンやシリアルを買ってきて準備しておきます。

 

これなら、夫と子供だけでも食べてくれるので。

めったにないので子供は大喜びです。

まとめ

基本はおにぎり。

おにぎりのバリエーションを増やせば良い感じ。

 

本当はバランスよく食べさせるのが

理想でしょうけど、無理なもんは無理です。

一時期頑張りすぎて余計に朝起きれなく

なっていたので、そこそこで十分だと思っています。

 

ただ、どんなに時間がなくても朝ごはんは

しっかり食べさせるようにしています。

 

何なら寝坊して遅刻しそうでも朝食はとらせます。

 

ちなみに最近は、風邪予防のために

子どもにもサジージュースを飲ませています。

 

手抜き料理の栄養カバーと言うことで・・・。

 

そのおかげかどうか、私も子どもも

まったく病気してないです^^!

サジージュースは妊娠中に知って、それからずっと飲んでいます。

妊娠中の貧血予防に良かった豊潤サジー

 

こんな感じで毎日適当でも何とかなってます。

ありゃりゃ、適当すぎて何の参考にも

ならなかったらごめんなさい。

 

朝ごはんだけではなく家事と育児を両立させる

ためには工夫が必要です。

 

ポイントをまとめた記事を書いて見ました。

お時間のあるときに覗いてみてください^^

子育てと家事をうまく両立する為に

 

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ