[記事公開日]2017/07/23

帝王切開後のむくみがひどい~画像あり~

スポンサーリンク

 

無事に双子を出産したわけですが、あまりにむくみがひどくて驚きました!!

 

上の子を出産したときには殆どむくまなかったのですが、今回は、「お相撲さん??」というくらいむくみましたよ~。

 

不思議なことに術後当日は、手までむくみましたが、翌日には引いてました。

ところが、4日目あたりからむくみが悪化、どんどん足が太くなっていって、動かすと痛いくらいのむくみに!!

むくみで痛いなんて初めての経験でしたよ。

 

顔は入院中は術後3日ほどむくんでいました。

 

むくみに関するレポです!

 

産後にむくむ原因

 

筋力の低下

私は管理入院のため2ヶ月病院でした。

 

後半は切迫早産になったため、点滴生活。そして、トイレ以外は寝たきり。

 

そのため、体中の筋力が相当低下しています。

 

むくみを排出するためには筋肉が必要なんですよね。

そのポンプの役割をする筋肉がないから、むくみがひどいことになりました。

 

身体から一気に水分が失われる

 

出産により、身体から一気に水分が失われます。

特に私は二卵性の双子妊娠だったので、二人分の胎盤やら羊水やらが抜けたわけです。

 

水分を奪われた身体は水分を「溜め込もう」とします。

 

これによってむくみが起きます。

 

そのため、むくんでいるからと水分摂取を控えると逆効果になります。

 

また、産後の便秘予防のために下剤である「酸化マグネシウム」も飲んでいました。

下剤を使うときは多くの水分を取る必要があります。

 

また、母乳を出す為にさらに身体は水分を必要とします。

 

とにかく身体は水不足になっている状態です。

そのため、看護師や医師にはとにかく水分を取ることといわれていました。

 

水分を取るとすぐにトイレに行きたくなりますが、それでも食事以外に1日2~3リットルは飲むように。

 

そして、むくみにいいお茶を毎日飲むようにしましたよ~。

むくみにはコーン茶が良いです。

ここで紹介しているがばい農園のコーン茶は、有機栽培で安心して飲めるのと、

味が他のメーカーに比べるとしっかりあって美味しいです。

コーン茶以外にもドクダミなど何度もリピしています。

 

ノンカフェインで授乳中でも安心して飲むことができます。

私は妊娠中から飲むようにしていました。

そのためか、産前のむくみは双子にも関わらずなかったです♥

 

 

あと、むくみ対策で、手術のときに使った医療用の弾性ストッキングをはいていました。

これを履くと、多少はすっきりしますが、根本的な解決にはならなかったです。

 

ただ、履くことで、むくみによる歩けないほどの痛みは軽減されたので、楽にはなったかな。

 

むくみの写真

 

さてさて、どれくらいむくんだかというと・・・・

 

産後のむくみ

 

ちょっと押しただけでこのようにぽっこり跡が残るくらい。

すごいむくみかた。

 

産後の足のむくみ

 

このように足首がなくなります。

私の場合、太ももから全部むくんでいて、本当にひどい状態でした。

太ももからふくらはぎまで、普段の1、5倍くらいの太さになっていました。

 

むくみがひどくてもちろん靴も履けず。

NICUに通うときは、スリッパで行ってましたよ~。

 

産後3週間後のむくみ

 

んで、こちらが普段の足。多少むくみは残っているもののほぼ取れた状態です。

 

比べると、産後すぐのむくみ具合のひどさが分かります。

 

産後のむくみはいつまで続く?

 

このひどいむくみですが、退院してからもしばらく続きました。

徐々に収まってきて、ほぼ取れたのは、産後3週間もたってからです。

 

むくんでいるときはこのままなのでは?と心配しましたが、

帝王切開の傷の痛みが和らぐとともに、むくみも引いていった感じです。

むくみが取れるにつれ、体重も徐々に減りましたよ。

 

産後1ヶ月は、水分量で体重変動もひどかったです。

1日で2キロ近く違うこともありました。

 

それも、1ヶ月たつころに落ち着いてきました。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ