[記事公開日]2015/12/16
[最終更新日]2018/03/05

子育ての息抜きに。ママにおすすめの親子や家族がテーマのドラマ7選

感動したり、共感したり、がんばろうと思えたり、

みんな一緒だと思ったり。育児中の息抜きに観たい。

 

見出すと、共感することが多くて

ついついやめられない。そんなドラマを集めてみました。

 

名前をなくした女神

名前をなくした女神
出展http://matome.naver.jp/odai/2142096430379004901

幼稚園入園前に押さえておくべきドラマ!

 

小学校のお受験を控えた幼稚園ママ達の

どろどろした世界を見事にドラマ化しており、

 

決して絵空事ではなく、リアルに起こりうる

ママ友トラブルや幼稚園トラブルが

描写されています。

 

お受験とは無縁の方でも、ママ友との

つきあい方やさまざまな家庭環境が

あることが参考にできるドラマです。

 

 

 残念な夫

残念な夫
出展http://www.fujitv.co.jp/zannen/index.html

これは夫婦で見てほしいです。

 

産後間もないときの育児の大変さを

旦那さんにもわかってもらうきっかけに

なると思います。

 

このドラマの放送時期に私も0歳児の

育児に奮闘中でした。

 

旦那と一緒に見ましたが、言葉の通じない

赤ちゃんと一日中一緒にいる母親の

大変さをわかっているようで

わかってなかったと言ってくれました。

 

その後、さらに育児に協力的になった気がします。

 

育児疲れを感じた時に見ると、

自分がどれだけ大変なことを

しているかに気づけ、自分を誉めてあげたくなると思います。

 

 

何か笑いたいなと感じる時に見たくなる作品です。

 

子育てだけではなく、産後の夫への

不満が多くのママに共感できる内容となっています。

 

思わずクスッと笑ってしまうようなシーンが

いくつもあり、子育てに悩んだり、

疲れてしまった時は見てみると元気が出るドラマです。

 

夫に、もうちょっと積極的に子育てに

参加してほしいと感じているひとにおすすめ。

 

育児に関する漠然とした夫へのモヤモヤが

はっきりできる内容です。

そうだよね!とうなづけるところが何度もあります。

 

しかし、旦那さん側からの、大変さや

想いも感じることができる内容なので、

自分自身の考え方も変えないとなぁと思わされる作品です。

 

スポンサーリンク

子育て仕事の両立の大変さに辛くなった時。

 

生後7ヶ月くらいの花ちゃんという赤ちゃんが

出てくるのですが、ちょうど私の娘も

 

同じくらいで1歳になったら仕事をしようと

思っていた所だったので子育てに関して、わかるわかる!

 

と共感できるだけでとても楽な気分になれるので、

子育てに追い詰められてる人などが

見れば、落ち着いて我が子を

見てあげられるかもしれませんね。

実際に私がそうでした。

後は、全く旦那が子育てに協力的じゃない所ですね。

 

世の中のママさんたちに共感を得られ、

なおかつ最後は感動できて家族の

大切さなどを感じられるのでおすすめです。

 

マザーゲーム

マザーゲーム
出展http://www.tbs.co.jp/mothergame/

このドラマは庶民派のシングルマザーが

セレブな幼稚園に入ってしまう事から始まります。

 

普通に生活していればこんなことは

起こりえないとは思いますが、

 

そんな状況でも日常の幼稚園、保育園でも

起こりうるママカーストやさまざまな形で

誰もが抱えているであろ闇や孤独を、

 

主人公のさっぱりとした強い心の持ち主が

戦い貫いていく様をえがいたドラマです。

 

ママ友と言われる関係を築いていくのに

疲れてしまった時にこのドラマをみると、

自分の状況はそうたいしたことないな。

と思えるのでそんなときオススメです。

 

私はマザーゲームというドラマを

夢中になって見ました。

 

子育てに奮闘するママたちを

描いたドラマはすごく良かったです。

 

私は二児の母親で2歳の上の子が

保育園に通っています。

普段の生活の中で周りを

気にしてしまうことがあります。

 

1番大切なのは子どもの成長に合わせ、

無理をしないことだと思いました。

 

子どもらしく自分らしくそんなふうに、

育って欲しいし、そうなるよう子育てに

頑張っていきたいと思う作品です。

 

 

幼稚園入園前に、またお受験や転園前に

押さえておくべきドラマ。

 

セレブ園に貧乏な主人公親子が入園し、

格差やいじめ、お受験などを経験する

ドラマであるが、

 

参考になる点は母親達の

子どもに接する態度や言い回しです。

主人公は子どもに対してはいつも言葉を選び、

前向きに進めるような接し方を

努めており、自己肯定感を伸ばす

子育ての参考になりました。

 

また、どの家庭も直面する、教育にかけれる

お金と子どもへの期待値の

バランスについても考える材料になります。

 

 

コウノドリ

コウノドリ
出展http://www.tbs.co.jp/kounodori/

 

私自身、現在育児中でもうすぐ

7ヶ月になる子供がいます。

 

望んで妊娠をしたわけではない私は、

なかなか母親になるという実感がなく、

子育てをしてから少しづつですが、

実感が湧くようになりました。

 

最近は他の人がどういう出産をしているとか、

子育ての事などいろいろと調べていたり

するのでドラマはフィクションが

入っているのとは思いますが、ドハマリしています

 

育児をしていると、嫌な事などたくさん出てくるのです。

 

そんな時にこのドラマを観ると子供を

産んだ時の事を思い出します

 

こんな風に大変だったな…とか、

入院中こんな事があったな…なんて(笑)

 

それと、保育士の人や産婦人科の先生たちは

どんな思いで向き合っているのか、

など描かれていますので妊娠中の方にも

観てもらいたいドラマです。

 

育児に疲れたら“コウノドリ”のような

ドラマを観て初心に戻るものいいかもしれないですね

 

「見たら絶対泣いちゃう系だし…」と、

敬遠していたのですが、

周りでも見ているお友達が多くて視聴をはじめました。

 

そしたら、ただのお涙頂戴ではなく、

出産って奇跡なんだ、何事もなく

出産を終えるのが普通なように

 

感じていたけど、そうではないんだ

ということが伝わってきました。

 

日常生活では、子供に手を焼いて

イライラすることもありますが、

「産まれてきてくれてありがとう」と、

わが子を抱きしめたくなるドラマです。

 

 

マルモのおきて

マルモのおきて

出展http://www.fujitv.co.jp/marumo/index.html

日々の子育てで、親として我慢しなければ

いけないことがあった時に見たくなります。

 

おすすめポイントは、自分の子ではない

子どもたちを、親として大きな愛で

つつんで色々な事を乗り越えていく姿をみると、

 

お腹を痛めて産んだ我が子のためなら

どんな事だって乗り越えてやろう!と思える所です。

 

また、笑えるところも沢山あって、

疲れた心が癒されます。

 

woman(ウーマン)

ウーマン
出展http://www.ntv.co.jp/woman2013/

子育てに行き詰まった時とか

大変だなと感じた時に見たくなります。

 

旦那が電車事故にあい亡くなってしまい、

幼い二人の子供のシングルマザーになり、

世間の苦しみや身内からの嫌な事にも

 

耐えて行く母親としっかりものの娘と、ま

だ幼い弟と3人で力あわせて生活している

様子を見ると、自分も頑張らないととなります。

 

笑顔に溢れた家族に胸をうたれます。

 

フルハウス

フルハウス
出展http://natalie.mu/eiga/news/145520

やや古めのアメリカのドラマですが、

存分に笑えてちょっと泣けて、疲れた時や

心がささくれだっているような時に

見るとなんだかほっとして癒されます。

 

シリーズが長く続いているので子供の成長とともに、

初めての幼稚園のこと、友達のこと、

恋人のこと、お化粧のこと、

飲酒についてなどいろんな悩みが出てきます。

 

自分の時はこんな感じだったなとか、

自分が親の立場ならこうしたらいいのかなとか、

一緒に悩んだり考えたりしながら見ています。

 

大人たちが不器用ながらも一生懸命子供たちを

愛して育てている姿が微笑ましく、

子供たちも可愛くて本当に大好きな作品です。

 

 

色々気になるドラマがありますね。

 

ただ、子育て中って、なかなかDVDをレンタルする時間さえなくて辛い!!ってことないですか?

 

そんなママにおすすめなのがアマゾンファミリーです!

 

アマゾンファミリーは、

・オムツやおしりふきがいつでも15%オフ

・少額商品もいつでも無料

・配送が早くなる

 

という得点があるのですが、

 

私が一番気に入っているのは

映画やドラマが見放題!

というところです。

 

アマゾンファミリーは子どもがいる家庭の

プライム会員のサービスになります。

 

会費は月々300円のみ!

 

日本のドラマも

 

 

洋画も無料で見れます!

 

しかも定期的に新作が追加されて、

見たいなと思ったものがたくさんあります!

 

ネットで見れるので、子どもの

お昼寝とかチョコチョコ見れるんですよね~。

 

レンタルと違い返す手間や時間の

制限もないしかなりのストレス発散^^

 

アマゾンファミリーの月々の会費は

300円なので、一月に3本見れば元が取れるみたいな(笑)

 

こんなお得なものに何で今まで

入っていなかったんだろうと思います。

 

家族で誰か一人入れば、全ての

スマホやネットで見ることができます!

 

ぜひ公式サイトからどうぞ!

 

アマゾンファミリー公式サイトはこちら!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ