[記事公開日]2016/01/25
[最終更新日]2016/06/23

【平日休みの仕事】アパレル業と子育てを両立してきた感想

スポンサーリンク

今、お仕事されていますか?

それとも、子どもが少し大きくなって時間の余裕が出来たら働きたいなと思っていますか?

女性がたくさん活躍している仕事にアパレル業界があります。

子どもがちょっと手が離れて、働きたいと思ったときに、求人で多いのもアパレルやサービス業です。

アパレルの仕事は年齢を経てもその年齢に合ったショップに転職したりと、いくつになっても求人があるのが良いところです

ただ、求人があるということは、それだけ辞める人が多い業界と言うこと。

正直、子育て中にサービス業の仕事をするのは、思った以上に大変かもしれません。

それでも、アパレルの仕事に興味がある、働きたい、また、今働いているからこのまま妊娠しても続けたい。

そいう方のために私の経験を書いてみようかなと思います。

大変だけど、私は今の仕事が大好きです。

お客様と楽しく話して、ありがとうと言って頂けたり、あなたがいるから買いに来たと言って頂けたり、嬉しいことがたくさんあります。

そして、何より商品が好き!好きなものに囲まれて働けるのは幸せです。

「売り上げ」と言うプレッシャーは、子どもがいようがいなかろうが、ありますけどね。
販売の仕事

アパレルの仕事は思ったよりも体力勝負

靴選びが重要になる

見た目は、好きな服を着て、楽しそうに働いていますが、実はかなり体力勝負です。

一日立ちっぱなしなので、足が痛くなったり、慢性的に腰痛もちの方もいます。

ただ、足が痛くなるのは、働き始めて最初の1ヶ月くらいでだんだん、慣れてきます。

忙しくて走り回ったときは、痛くなることもありますが、今は一日中立ちっぱなしでも平気です。

また、立ち仕事で腰痛になったり、足が痛いという場合、足にあっていない靴を履いていることが多いです。

どうしても見た目重視になるので、ヒールの靴であっていない靴を履くと、足が痛いどころか肩こり、頭痛まで引き起こします。

美しく見えて楽な靴を探すのはアパレル業の宿命のようなものです。

同業者は常に歩きやすい靴を探しています^^;

ショップによって靴の選び方が変わってくるので、これから働くなら、どういう靴を履いてもいいか確認しておくと良いかもしれません。

立ち仕事にとって、疲れず長く働くために靴はかなりの重要ポイントですので・・・・。

このブログではたびたび靴の話が出ますが、私は靴というのは健康を左右するすごく大事なものだと思っています。

特に私は足の幅が狭く(ワイズがAA)、本当に苦労しているので、どうしても靴の話題になってしまいます(スミマセン)
重い荷物

それから、商品は大きなダンボールにまとめて入荷することが多いので重い荷物の上げ下げがあります。

ラックにかかって入荷するものならまだ楽ですが、ダンボールに詰められて送られてくるところもあります。

布って、1枚1枚は軽いですが、重なるとかなり重いです。

ディスプレイを替えたり、店舗によっては、棚を変えたりするのですが、この棚が重い什器で出来ていることも多いですす、使っているマネキン(トルソーといったりボディーといったり)も重いです。

若い頃働いていてたショップのマネキンはものすごく重くて、ディスプレイを変更するのが苦痛なくらいでした・・・。

まあ、これも、最初は大変ですが、持ち方のコツとかを覚えるとそれほど大変ではなくなります。

マネキンが軽いお店や什器が軽いお店は楽です。

妊娠中はどうしてたか

妊婦と仕事
私は妊娠中、かなりきつかったです。

吐きつわりで、ずーっと気持ちが悪く、1時間に1回くらいトイレに駆け込んでいました。

働いている店舗は大きなショッピングセンターに入っていたので、重い荷物が入荷したときは、そばにいる男性に声をかけておろしてもらっていました。

また、誰もいないときは台車に向けて、荷物を落とすように載せて、あまり力を使わないようにしていました。

出張もあったのですが、妊娠がわかってからは行かないことを会社に伝えました。

中には妊娠中でも飛行機で出張に行く人もいましたが、体調がきつかったのと、万が一が怖かったので、「何かあっても会社は何もしてくれない」そう思って、はっきり断っていました。

仕事中は、ずっと立っているとむくんだり、身体が疲れてどうしようもなくなるので、暇な時間はカウンターの中にいすを置いて座らせてもらっていました。

幸い、とても理解のあるスタッフに囲まれていたので、周りが気を使って、私の代わりに力仕事をしたりしてくれていました。このときの恩は一生忘れないと思います。

妊娠しながら働くには周りの理解がないと無理だとかなり思いました。

そして、人の優しさに触れて、心がすごく温まりました。

周りのサポートをかなり受けましたが、それでも、早退や欠勤で有休は全部使い切ることになってしまいました。

でも、妊娠は個人差が大きいので、同じアパレル業界の私の友達は、妊娠しても全くいつもと変わらず働いて、いすに座ることもなく、疲れるけどね~と言いながら殆ど休みませんでした。。。

ちょっと羨ましかったです。。

元気な人は元気なんですね。

女性の職場なので人間関係が激しいところが多い

スポンサーリンク

人間関係はアパレル関係に限らず、あなたも悩んだことがあるのではないかと思います。

アパレルショップは小さな店舗だと2人、大きなところでも5人くらいで店を回していってもます。

ギャップとかユニクロみたいに大きなところはもっと人数が多いので、この話にはあてはまらないかもしれませんが。

女性が2~5人のギリギリの人数でお店をまわしているところが殆どなので、一度、人間関係がこじれると、かなり辛いです。

狭い空間で一日一緒に過ごすことになります。

そして、女性だけの職場と言うのは男性の目がない分、遠慮がなくなっていきます。

けっこう激しい経験もしました・・・。

男性がひとりでもいるとまた違うのですがね。

また、個人売りがあると、表面上は仲良くても、基本的にはライバルなのでかなり気をつけないと、ぎすぎすしてしまいます。

これは、そのときの店長やお店を運営している会社の方針で大きく変わります。

逆に、ものすごく同じ店舗のスタッフたちと仲良くなると、楽しいことこの上ないです。毎日仕事に行くのが楽しいし、しばらく休むと働きたくなります。

今まで働いた中で、お店の雰囲気が良くなりやすいのは「個人売りがない店」が多かったように思います。

個人売りがないと、お客様の取り合いにならないので、仲良くがんばろうね!と言う感じなります。

これから探す方は、個人売りがない店舗がいいかもと思います。

土日祝日は必ず仕事

アパレルに限らず、求人の多いサービス業は土日祝日は必ず仕事と言うところが殆どです。

みんなが休みのときに働くのがサービス業。

人数が多い店舗だと交代で休んだり出来ますが、まず休めないと思ったほうが良いです。

土日に休むと会社も回りの同僚も良い顔はしません。

忙しいときは人手が欲しいので。

ただ、主婦がたくさんいると言うところだとお互い様で土日のお休みを交代でうまく取っているところもあるようです。

土日仕事のデメリット

この、土日に休めないと言うのは子どもが小さいときはきつかったです。

独身のときは、気にしたこともなかったのですが、仕事復帰して、保育園は日曜が休み。夫は土日休みの仕事だったので、まず、休みが合うことがありません。

お盆や年末年始は全て仕事です。むしろこの時期に合わせてセールが入るので休むのはありえない。という感じ。

家族の時間が取れないことがかなりストレスでしたね~。

子どもと過ごしたいのにゆっくりできない。

また、保育園は遠足や行事が日曜日にある事が多かったので、そのたびに葛藤していました。

こどものお遊戯会の後に、そのまま仕事、運動会の後に仕事、と言うようなことも良くありました。

また、土日が仕事と言うことは必ず夫がこどもの面倒を見ることになるので、夫婦でしっかり話し合わないと夫婦関係にも亀裂が入ることがあります。

1週間の仕事で疲れているのに、一日中子供の面倒を見る夫はかなり疲れます。

我が家も最初の頃、夫が「育児ノイローゼ」になってしまいました。

その話と、どうやって乗り切ったのかはまたお話したいと思います。

だんな様がサービス業の場合、祖父母の支援がないとどちらかが辞めざるをえなくなると思います。

回りのアパレルママも、旦那さんがサービス業の方は仕事復帰しても続けるのが難しくて、辞める方が多かったです。

ただ、祖父母の協力が得られる方は元気にがんばっています。

土日仕事のメリット

デメリットが多いように感じる土日が休めない仕事ですが、メリットもけっこうあります。

保育園は平日休ませることが出来るので、仕事がない日は休ませて、まったり子どもと過ごすことも出来ました。

保育園では、平日休みの方はそんなに多くなかったので、プラス自分がシフト制なので、休みと知られず、堂々と自分が休みの日でも子どもを預けることができます。

子育てから解放された自由な一日が手に入ります。

その上、自分が休みのときに夫がいないので、更に自由です(笑)

まるまる自分の休みです。

子どもが病気をしたときも平日なので病院が開いているときにスムーズに連れて行くことが出来ます。

役所関係の書類を出すときや、銀行に行くときも休みの日はいつも開いているので、楽ちん。

ショッピングモールにお買い物にいっても、平日なのですいてます!

また、旅行に行くときも安い金額で行くことができます。

平日休みだと、けっこう、自由を満喫できます。

子どもが小学生になると、お友達と子どもだけで遊びに行くようになるので、それほど土日休みじゃないと!と思うことがなくなりました。

それに、保育園時代と違って、小学校は平日の行事が多いので、私にとっては今の仕事が都合がよくなりました。

家族旅行は年に2回有休を使って土日に休みを取るか、夫に平日休んでもらうようにしています。

お互い休める方が休むと言うスタンスです。

また、夫とは休みが合わないですが、二人の休みが合わないことで子どもが病気のとき、お互いに仕事を休まずにすんでいます。それぞれの月の休みが8日ずつだとすると月の半分はどちらかが休みということなので。

繁忙期は残業が多い

アパレル業界の繁忙期は、大体、4、5、6月、9、10、11、12月です。

この中でも最大の山場は12月。

ただでさえ、クリスマスやら、正月準備やらで忙しく、保育園や小学校も休みになるのに、仕事も多忙を極めます。

この時期は本当に疲れます。はっきり言って家事をする余裕はなくなります。

また、お客様が多く売り上げが上がる分、裏方の業務も多くなります。

売り上げチェックや店頭の整理もいつもより時間がかかりますし、商品の発注も増えていきます。

結婚する前ですが、福袋を出す店舗では夜中の12時まで残業と言うこともありました。

この時期は家族の理解がかなり必要になります。

楽しいクリスマス当日も、大晦日もお正月も仕事なので、子どもにはちょっとさびしい思いをさせてしまうかもしれません。

我が家の場合は、クリスマス当日が土日に重なるとか、こどもの誕生日の日が出張とか、そういう時はイベントを前倒ししてやっています。

当日にせかせか準備しても自分がイライラして楽しく出来ないので、余裕のある休みの日にイベントを設定して、楽しく準備してプチパーティーをやるようにしています。

前倒しだと、子どもも、得した気になるのか納得してくれてます。後ろ倒しはダメらしいです。(笑)

さすがに正月は前倒しできないので、おせちを食べて、仕事に行っています。(手抜きのために毎年おせちは買っています)

元旦からお店を開けるかどうかは店舗によって違いますので、そのあたりもチェックポイントです。

私は毎年元旦から仕事です。

【まとめ】周りの理解があるかどうかが続けられるかの鍵

いろいろ、アパレルのことについて書いてきましたが、仕事を続けるには周りの理解があるかどうかです。

特に旦那様の協力なしには絶対と言っていいほど働けません。

旦那さんが協力してくれないと、どこかで無理がきます。

旦那さんの協力が必要不可欠なのは、アパレルに仕事に限ったことではないかもしれませんが、土日に子どもをみてくれる人がいないとどうしても難しいです。

子どもを喜んでみてくれるなら祖父母でも大丈夫だと思います^^

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

子育てしながらのアパレルの仕事について、想像するお役に立てたでしょうか。

少しでも参考にして頂ければ嬉しいです。どんな仕事も大変だと思います。

私がアパレル業なので、そのことについて書いてみました。

子育てとの両立で、何度も泣きながら悩んできましたが、子供が小学生になった今、続けていて良かったと心から思います^^

 

アパレルに限らず仕事と子育ての両立にはいろんな壁が出てきます。こちらの記事もどうぞ

共働きママの悩み解決まとめ集

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ