[記事公開日]2016/06/17
[最終更新日]2017/04/17

まさか切れ痔になるとは!!産後の痔が痛いし辛い。治るまでの話と対処法

スポンサーリンク

 

 

本日は「産後の痔の話」ですので下の話が出てきます。苦手な人はそっと閉じてください。でも、まさに今、痛くて悩んでいる人は、読んでみてくださいね。

 

何とか頑張って息子を出産した後、出産後から私はお尻が痛かった!!

はじめは、下腹部全体が痛いし、会陰切開の傷が痛いんだろう、いきんだときの勢いでお尻が痛いんだろうぐらいに思っていました。

ところがお尻はずっと痛かった。

夫にも「あそこより、尻が痛い・・・」といい続けた私。

思い返せば、出産当初から痔だったのだと思う。でも、それに気がつかないくらい、産後の授乳生活が大変でした。

産後の痔

これって痔なんじゃ・・・と気づいたのは三ヵ月後

お尻(肛門)がとにかく痛くて、でも、今までの人生で一度も痔になったこともなかったし、お尻の痛みは、出産のときの痛みが続いているんだ、みんなこんなもんなんだ・・・くらいに思っていました。

でも、お尻の痛みは良くなるどころか、だんだん悪化している。

排便のたびに痛い・・。産後は授乳のせいか、便秘気味にもなっていたので、とにかく出すのが辛い。

トイレが憂鬱でした。

そしてある日、何気にトイレットペーパーを見ると・・・なんじゃ!!血がついてる。まだ生理は始まってない!!

このときはじめて、「痔かも・・・」と思いました。

勇気を出して病院へ

正直、病院へ行くかどうかめちゃくちゃ悩みました・・・。

だって、人前でお尻を出すんですよ。

いや、出産しておいてなんですが、それとこれとは別で抵抗感がハンパない。

でも、痔だと思っていても、腸の病気の可能性もあるし、あまりに痛みが長引いているので、勇気を出して病院へ。

診察はさくっと終了

診察

何科に行こうか迷いましたが、行ったのは、産婦人科ではなく、肛門科胃腸科という看板を掲げている専門の病院です。

行ってよかったです。

血が出ていたの、もしかしたら癌かも!!なんて超心配性の私はひそかに思っていました。

病院は肛門科というだけあって、とても手馴れた感じで、問診し、さくっと、

「ポリープなどないか、見てみますね」とお尻にカメラを入れられ、

「ちょっと触診しますね」と・・・・。

まあ、事務的だったので、恥ずかしい感じは全くなかったです。そもそも、毎日何人もの患者さんを触診されてますしね。

検査の結果、腸の中は綺麗だし特に病気の心配はないです。

薬は注入薬

ポステリザン

 

タダの切れ痔でしょうってことで、塗り薬がでました。

朝晩、二回、患部に散布します。

散布といっても、マヨネーズみたいな形の薬をお尻の中に突っ込んで中に搾り出します。

マジで、恐怖・・・でした!!何度やっても気持ち悪かったです。

しかも一袋にはいっている量がすごく多い。私は半分も注入しなかったです。とてもじゃないけど一袋は入れられない。

もらったのは、ポステリザンというお薬。痔の薬としては定番のようですね。

炎症を抑えるステロイドと、大腸菌死菌浮遊液といって、粘膜の抵抗力を強める成分が入っています。

痛みは1週間ほどで治まる

さすが強烈なステロイドを使っているだけあって、塗り始めて1週間ほどで痛みが嘘みたいに引いて行きました。

でも、もういいかなと思って塗らないでいるとまた痛みが出てきて、血が出る・・ということを繰り返していました。

でも、泣きそうになるような激痛はなくなりました。

産後の痔はいつ治るのか

私の場合、病院へ行って完治まで1ヵ月半かかりました。

病院でもらった薬を塗り始めてはじめてよくなる兆候が見えたので、もっと早めに行っていれば悪化せず、早く治っていたのかも・・・と思っています。

でも、産後って忙しくて自分ひとりで病院へ行く暇もないのですよね。

再発するのか

私の場合、全く再発しませんでした。

病院へ行き、以下のことを気をつけるようにしてから、あれから数年、1度も再発していません。

一度に多めに薬をもらったので、病院も行ったのは2回だけでした。

妊娠による、血行不良や、出産のいきみ、授乳での水分不足や栄養不足による便秘など、いろんな要素が重なって痔になったと思われます。

そのため、出産から遠ざかり、以前の身体に戻ってからは、便秘になったとしても痔になることはないです。

産後の切れ痔への対処法

便秘への対処

便秘になるとどうしてもお尻に力を入れてしまいます。そのため、せっかく治ってきてもまた排便時に傷めてしまうんですよね。

産後の切れ痔の原因の一つとして、「水分不足による便秘」があります。

赤ちゃんに授乳しているので、大量の水分が失われています。それとともに栄養も。

当たり前ですが、しっかり水分を補給して、バランスの良い食事を取ることが大事。

ただ、便秘には植物繊維だ!と思い込んで食べると、悪化します。

繊維には、「水溶性」と「不溶性」があって、不溶性を取ると返って、排便がころころしたものになり出しにくかったです。

水溶性の植物繊維は、海藻類や、ごぼうなどですが、それほど好きな食べ物でもないし、私はいまいちでした。

 

私は、もともと便秘がちなほうだったので、水分をよく取るのに加えて、オリゴ糖を取っていました。

オリゴ糖やビフィズス菌を取るのが私にはあっています。

オリゴ糖は、口コミで人気のカイテキオリゴを使っていました。(ネット通販大好きなので)

お味はほんのり甘くて食べやすい。

水に溶かして飲んでいましたよ。口コミを見ると子どもに飲ませてもいいようなので、お子さんが便秘がちの場合は二人で使うのもいいかも。

私の息子は数回しか便秘にならなかったので飲ませていません。

 

便秘対策で、はじめはビフィズス菌だけ取っていたのですがいまいちだったので、カイテキオリゴもあわせて飲むようにしたら快便になりました。

 

カイテキオリゴ
便秘解消にカイテキオリゴ・口コミ評価が絶大

・赤ちゃんにも大丈夫な安全性

・複数のオリゴ糖を組み合わせビフィズス菌を活性化

・全額返金保証

オススメ

 

私の場合、カイテキオリゴだけでは微妙。ビフィズス菌との組み合わせが良かったです。

結局、授乳が終わるに伴い便秘も徐々に良くなっていったので、4袋くらい飲んだところで、飲むのをやめました。

飲むのをやめた後も別にしつこい勧誘もなく、たまにDMが来るくらいだったので良かったです。

楽天だとまとめて買わないと安くならないのですが、公式サイトの定期コースを選ぶと1個から10%オフで買えます。

定期コースといっても、毎月お届けコースを選べば、気に入らなかったら、1回目から解約することが出来るので安心。

私は結局、4回リピートしたので、はじめから3ヶ月コースくらいにしておけばよかった・・・とちょっと悔しい。

ちなみに、ビフィズス菌は、

ビオフェルミン

医薬品でもあるこちらを今でも飲んでいます。

本当はこれだけも便秘解消する人も多いらしいのですが、授乳当時、私はこれだけではダメでした。

今は大丈夫です。たまに胃腸の調子が微妙なときに飲むと良くなります。

円座クッションは必需品

画像:楽天市場より

切れ痔になったからではなく、出産直後からお尻が痛くてまともに座ることが出来なかったので、すぐに夫に買ってきてもらいました。

特にこだわりはなく、そこ辺に売っているものを使っていました。というか、早急に欲しかったので選んでいる時間がありませんでした。

もう、これ無しで座るのは無理でしたね・・・。

円座クッション、私は何も考えずに購入しましたが、選ぶときのポイントとしては「固め」か「やわらかめ」のどちらにするか。

柔らかめだと座り心地はいいですが、沈み込んで、患部にクッションが当たって痛い場合も。

逆に固めはすわり心地が堅いですが、その分お尻の周りを支えるので患部に当たらず痛みが出にくいという特徴があります。

自分の症状の重さなどから選んでみてくださいね。円座クッションがあると、本当に座るのが楽になりますよ!!

ママが選ぶ場合、個人的には、赤ちゃんを抱っこするなど、重さの付加があるときは固め、自分だけのときは柔らかめ都分けて使ってもいいのかなと感じます。

円座クッションに授乳クッション。クッションだらけです(笑)

授乳クッションについてはこちらの記事をどうぞ
使ってよかった!おすすめの人気授乳クッション。ママの口コミ7選

トイレで頑張らない

トイレ

トイレで無理に出そうとしないことが大事です。

無理にするとお尻に負荷がかかり悪化する原因となります。

幸い、育児休暇中だったので、気の向くままにトイレに行くことができました。

便意を感じてから行くように。座って、無理そうなときはいったん引き上げ、また後から行くみたいな。

通常、無理にイキまなくても、出るものなんです。健康な人って「つるっと出る」といいますよね。

そのためには先にあげた便秘解消が一番重要ではあるのですけどね。

また、お尻はペーパーでこすらず、ウォシュレットで綺麗に洗って、ペーパーではぽんぽんとふくのが良いです。

温める

本当はお風呂にゆっくり浸かって、血行を浴することがおすすめなのですが、赤ちゃんがいるとそういうわけには行きませんよね。

自分の身体を洗うのでさえ大変なのに・・・。

旦那様がいるときは子供を見てもらってゆっくり半身浴をしましょう。

そんなの無理!!ってママも多いので、普段から下半身を冷やさないように。

上半身は半袖で薄着でもいいですが、夏場でも下半身は、冬用の、あったかボトムの1丈タイプなどを履くのもよいです。

私はワコールのものが薄手なのに保温性があり、さらに蒸れないので、好き。

後はホッカイロなどを使うのも良いです。

いかがだったでしょうか。産後は本当にいろんな体のトラブルがあります。
嫌になるけど可愛い子どもの笑顔を励みに頑張りましょう~。

 

痔の話は健康トラブルの一つに過ぎません。出産を経験することで、それまでにはない身体への不安も出てきます。そういった悩みをまとめました。

産後のママの健康の悩み

 

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ