[記事公開日]2016/01/21
[最終更新日]2016/01/20

子育てしやすい髪型はロングへアかショートか。それぞれのメリットデメリット

スポンサーリンク

子どもができる前、何にも考えず、好きな髪型にしていました。

美容室も月に1回は通っていて、強いくせ毛だったので、半年に1回はストレートパーマをかけて、トリートメントもしっかり。

妊娠したら、周りが「なかなか美容室もいけなくなるよ」「とにかく髪を乾かす時間もない」と言っていましたが、あんまりピンとこず、そのまま、ミディアムボブの髪型のまま出産しました。

実際に子育て突入すると、本当に、髪を乾かす余裕すらなくなって、美容室も気がつけば半年行っていない!という状況になっていました。

子育て中は、ロングにするのとショートにするのどっちがいいのだろう・・・。両方経験したのでそれを書いてみようと思います。

似合う似合わないの問題もありますが・・・・。

ショートヘアのメリット、デメリット

短い髪

ショートヘアの最大のメリットは何と行ってもシャンプーが楽なことです!乾かすのもあっという間。

子どもをお風呂に入ると、ゆっくりシャンプー、トリートメントをしている暇なんてありません。

シャンプーで目をつぶっている間に子どもがおぼれやしないかとヒヤヒヤして、ゆっくり洗うことができませんでした。

お風呂から上がったら、すぐに子どもを着替えさせて、その後のお世話もあるので、ドライヤーで髪を乾かす時間がなかったです。

私の夫は頭が薄いのもあって、坊主にしているのですが、シャンプーすら使わず石鹸で身体と一緒にごしごしするだけなので、基本的にめんどくさがりやな私には、とってもうらやましいです。

乾かす時間もないですし。

髪が短いことでお風呂に時間をとられないので楽ちんです。

デメリットは美容室に行く間隔が短いということです。

ショートにしていると、髪が伸びるとぼさぼさになりやすいので、髪形を維持するためにはマメに美容室に行く必要が出てきます。

美容室に行くのが気分転換になって良いという方はいいですが、子供の預け先の確保が難しい、お金がもったいないという方にはおすすめできません。

また、ショートでも、かなり短いベリーショートにすると、きっちりメイクをしないと老けた印象になったり、逆に田舎の子どものような印象になってしまうので、顔が前面に出るだけに注意が必要です。

私が大好きなミディアムボブはとってもダメでした

スポンサーリンク

ショートとロングの中間、ミディアムボブ。

こういっちゃ何ですが、私はこの長さが一番似合うと思っています。

肩にはつかないけれどショートより長い、あごの下ぐらいのラインの髪型です。

長年このくらいだったのですが、この長さは子育て中、邪魔で邪魔でしょうがなかったです。

抱っこしようとかがむと髪が横から落ちてくる。オムツを替えようとすると落ちてくる。

授乳しようとすると落ちてくる。

子育てをしていると、必然的に前かがみの姿勢が多くなるので、中途半端な長さだと髪がたれてきて邪魔でした。

結局、なんていうのですかね、「ホタルノヒカリ」の干物女のようにサイドの髪を頭の上でちょんまげ結びをするのが一番楽!なんてことになってしまったのですよ。

ただでさえ、産後の疲れと、睡眠不足でお肌も荒れ気味なのに、髪型までこんなんだったら・・・・綾瀬はるかのようにかわいい顔ならいいのですが、そういうわけでもないので、女捨ててます度急上昇でした。

しかも、お風呂を上がって、しっかり乾かす時間がなかったものですから、朝起きたら、泣きたくなるくらい髪がはねてました。それはどうしようもないくらい。

なので、よほど時間に余裕がある方か、アレンジが得意な方以外はミディアムボブはやめておいたほうが良いと思います。

ロングヘアのメリットデメリット

長い髪のママ

ロングのメリットは何と言っても、結べばすむ!ということ。

髪がはねていてもきゅっと束ねてしまって、前髪さえブローすれば綺麗に見えます。

また、そこそこ長さがあるとアレンジもしやすいです。

ただ単に下のほうで結ぶとかではなく、ちょっとふんわり上気味にするとか、フォルムが丸くなるように結ぶとかわいく見えます。

持ちが良くて艶もでるデジタルパーマでもかけておけば、朝、ささっとブローして、洗い流さないトリートメントやオイルをちょっともみこむとまとまります。

ただ、長すぎる髪は赤ちゃんに引っ張られたりするので、そういうときはお団子にしてまとめると良いです。

なんにせよ、すぐにまとめることができるというのはとっても楽ちん。

長さがあるとのびてもさほど気にならないので、頻繁に美容室に行かなくてもすみます

。まとめているとき、私は1年、美容室に行かなかったです。。。

前髪は自分でカット。毛先も自分でカットしていました。

会社でもロングの方はあまり行かないと言っていました。結んでいるのでぼさぼさには見えないので、便利です。

デメリットはシャンプー、ブロー大変と言うことです。

髪が長いとそれだけ時間がかかります。

そして、長い分、痛みやすいのでマメなトリートメントも必要になってきます。

しかも、産後は髪が大量にぬけるので、長い分、抜け毛も目だって、へこみます。

そう考えると、一つに結べるけれども、それほど長くないくらいの髪型がいいのかな~と思います。ミディアムロングは一番手間がかからず楽だったように感じます。

髪の色は落ち着いた色にした方が楽

カラーリング

あと、髪の色は自然な落ち着いた色が良いです。

子育て中は忙しくてなかなか美容室にいけないです。

美容室に行ったとしてもカットだけでなく、カラーやトリートメントをしているとすごく時間がかかってシマシマす。

美容室への足が遠のくと、明るい髪の色だとプリンになってしまいます。

しかも、出産を機に敏感肌になる場合もあって、以前は大丈夫だったカラー剤に刺激を感じてしまうこともあります。

私は産後、全身が敏感肌になってしまいました。

約1年その状態が続いたのですが、シャワーを浴びると身体がちくちくする、いつもは気にならない化学繊維が肌に触る、下着の縫い目が気になるという感じでした。

そういうこともあると考えると、髪色は、伸びてもあまり差がわからない、落ち着いた色にしておいた方が無難です。年配の方への受けもいいですしね(笑)

思うとおりの髪型にできないのも数年です。

ちょっとずつ子ども自身ができることが増えて、自分の時間を作れるようになると、すぐにまた好きな髪形をすることができるので、子どもが1~3歳くらいまでは楽ちんさをとってもいいのかな、なんて思います。

 

今回の記事は参考になったでしょうか。

子育て中の皆さんはどんな髪型にしていますか?

こんな髪型は良いよ~、こんな工夫をして楽しんでいるよ~などあればぜひ教えてください^^

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ