[記事公開日]2017/04/04
[最終更新日]2017/09/09

双子妊娠6ヶ月目~比較的体と心が安定~

スポンサーリンク

 

双子妊娠もとうとう6ヶ月目に突入。長かったな~。特につわりの時期は壮絶に長かった。

後ちょっとで22週。

22週を過ぎると、万が一があったときの呼び方も[切迫流産」から「切迫早産」に変わります。

「ハイリスク」「ハイリスク」と言われる高齢での双子妊娠なので、少しだけほっとする気もします。

これまでのことについてはこちらをどうぞ。

妊娠初期~2ヶ月目の話

3ヶ月、4ヶ月目~つわりが辛くて仕事を休職~

5ヶ月目~体重増加が止まらない~

 

また、6ヶ月に入ったころから便秘がひどくて悩むように。

こちらについては試行錯誤の末、快便に持ち込むことができました!!!

快便になってからは、体重増加も緩やかになった気がします。

また、後日便秘解消については書きたいと思います。

書きました!

妊娠中の辛い便秘も2日で解消

 

20週目~体重増加は続く~

お腹がどんどん大きくなってきて、

とうとうトコちゃんベルトをし始めました。

いちいちはめるのがメンドウだな~なんておもっていたのですが、

つけるとすっごいお腹が楽です!

 

もうこれ無しでは生活できない!!!

 

 

単胎妊娠のときと違って、

今回の双子妊娠では恐ろしい勢いでお腹が膨らむので、

まだ6ヶ月に入ったばかりなのに、

お腹が重くてしんどいと感じることが増えていました。

 

そして、常におなかの皮膚が張り詰めている感じで、

大食いの後みたいな感覚が続く・・・。

トコちゃんベルトするとおなかのツッパリが和らぐ感じがします。

 

トコちゃんベルトについてはこちらもどうぞ。

骨盤ベルトは産前産後通して使えるものが多いです。

産後におすすめの骨盤ベルトと口コミ感想を紹介【トコちゃんベルトは一押し】

 

このころから日によって、

しんどい日と、身軽に動ける日の差が出てきます。

できるだけ長く仕事を続けたかったけれど、

あまりにお腹が大きくなってくるので、

本来の産休より前に、

有給休暇を使って休みに入れないか上司に相談することにしました。

 

 

ちなみに、体重は1日で1キロ増えたまま戻らず・・という日もあり、

1ヶ月で4キロ近く増加しています。

つわりで減った分を合わせると、1ヵ月半で7キロ増加・・・。

 

 

恐ろしいくらいの勢いで体重が増えるんです!!!

と先生に言いましたが、

個人病院の先生も、総合病院の先生も

「まあ、双子だからね~」だけで、

一切体重について注意などはされませんでした。

 

 

さすがにすごい増え方なので怒られるかな?

と思っていたのですが、その反応に拍子抜け。

 

実は第一子を産んだときも

体重について、何か言われたことはありません。

まあ、一人目のときは臨月で7キロ増加で、

適正体重だったけど。

マジで大丈夫なのか?と思います。

 

でも、特に暴飲暴食しているわけではなく、

普通に食べているだけなのに、

しかも仕事で動いているのに

どんどん増えるんですよね。

未体験なのでどうなることやら。

 

 

21週目~転院~

総合病院

前回の妊婦検診から1週間、

21週目から総合病院へ転院することに。

本当は個人病院で産みたかったけれど、しょうがない。

 

個人病院と違って、ふんわかした雰囲気はありません。

もちろん妊娠中以外の人もたくさんいるので

マスクをして病気にも注意です。

ただ、エコーや説明などはすごく丁寧で、

なんと言うかリスク対応がすごいな~って感じを受けました。

 

個人病院ではエコーは5分もないくらいだったのですが、

今回初めてということもあってか、

細かく15分くらい見てもらいました。

また、子宮頚管の長さもきっちり見てくれて安心感はありましたね~。

 

その結果・・・

なんと双子ちゃんのうち一人は臍帯が、

双子の壁の部分に癒着しちゃってて、

もしかしたらこれから成長がしにくいかも・・・・と言うお話でした。

 

お願いだから無事に育ってほしい。

祈る気持です。

 

ちなみに・・・体重は10日前より1.7キロ増加。

ひえ~っっ。

 

22週目~妊婦の糖負荷検査~

スポンサーリンク

 

22週目、前回から1週間とあかないうちに、

「糖負荷検査」を受けるように言われました。

 

特に、尿検査で引っかかったわけではないのですが、

「高齢妊娠」「双子妊娠」

と言う理由からです。

 

糖負荷検査は、

妊娠糖尿病になっていないかどうかをチェックする検査で、

これに引っかかったら入院と言われていました・・・・。

 

一人目の妊娠のときは20代で、

順調な妊婦だったこともあり

「妊娠糖尿病」という言葉自体はじめて耳にする感じで、

え?何で私がそんな検査受けなきゃいけないの?

と言うのが正直な気持。

 

でも、双子だし、素人の私には計り知れないことがあるのだろう・・・

とおとなしく先生の言葉に従うことに。

 

妊娠糖尿病って結構怖いもので、

糖尿になっているのにほおって置くと、

おなかの中の赤ちゃんが死んでしまうこともあるらしい。

早めにチェックして適切な治療を行うことで

リスクは大幅に軽減できるので

調べておいた方が良いと言うことでした。

 

糖負荷検査はどんなことをするのか

まず、前日の夜21時以降何も食べないように言われ、

検査当日も何も食べずに病院へ行きます。

糖分の含まれない飲み物、お茶やお水はOK.

病院ではまず、空腹の状態で血を抜いて、

その後、甘い炭酸水を飲んで、

1時間後、2時間後にまた採血。

 

空腹前の採血ですが・・・これがまた、総合病院なんで、

予約時間に行ってもそこから40分ほどは待たされました。

おなか空いてぺこぺこ。

採血は3回

採血で何を見るかと言うと、

空腹時の血糖値、食後1時間後、2時間後の

血糖値の変化を見ます。

 

空腹時で110mg未満

 

2時間後で140mg未満なら妊娠糖尿病の疑い無しってことで安心。

 

食後と言っても病院でご飯を食べることは出来ないので、

1食分に相当する「ブドウ糖75グラム」を飲むことになります。

 

ブドウ糖75グラム入り炭酸水を飲まされる

さて、すきっ腹のところまずは採血をされます。

しか~し!

私は低血圧・・・な上に朝食をとっていない為か、

針を刺しても血が出てこない・・・。

もともと血管が細く、採血しにくい身体なんです。

看護師さんも「ごめんね」と言う感じで申し訳なかった。

 

手に力を入れたりして、

一生懸命、血を出すように頑張りましたが結局足りずで、

反対側の腕からさらに採血。

しかも、長く針を刺し続けたためか、じんじん痛くて、少し腫れていました。

 

 

たった、これだけの採血で腫れていたら、

切迫早産などで点滴になったら

私の腕はどうなってしまうのだろう・・・。と恐怖です。
採血が終わったらすぐに、甘い炭酸水を飲みます。

すきっ腹だったのと、私は甘ったるいものが好きなので美味しかったです。

三ツ矢サイダーの炭酸が弱くて香りがないバージョンみたいな味。

ひたすら時間の経過を待つ

ブドウ糖液を飲んだら、ひたすら次の採血までの時間を待ちます。

待っている間はできるだけ安静に動かないようにと指示が。

気分が悪い場合は、横になることもできるので言ってくださいねと言われました。

 

時間がかかるのは予想していたので私は、読みたい本を持っていって読書に没頭していました。

そのおかげか待ち時間もあまり苦にはなりませんでした。

 

1時間後・・・採血。そしてまた1時間後・・採血。

このときは無事に血が出たのであっという間に終わりました。

 

2回の採血が無事すんだら、「結果が出たら診察があるので30分くらい待ってくださいね」と言われます。

まだ待つの~!!!!

と心の中で思いつつ、おなか空いたので病院の売店でサンドイッチとココアを購入して昼食。

8時過ぎに病院へ行って、検査が終わったのは12時。

ぐったりしました。

検査結果はすぐに分かる

その日のうちに検査結果が出ました。

糖負荷試験結果

こんな感じで正常の範囲内。ひとまず安心。

でも、異常ないなら、この時間が無駄だよな~なんて思ったりもしました。

まあ、万が一のことを考えての検査なので致し方ない。

23週目~胎動が激しくなってくる~

胎動

一人目のときの胎動と比べると・・・

双子は「異性物が動いている」と言う感じがします。。。。

 

おなかに手を当てて幸せを感じるというより、

なんか動いていて気持が悪く感じるのが正直な気持。

おなかの右と左で、それぞれが勝手に動くので、

言いようのないような感覚です。

 

おとなしければおとなしいで心配になるのですが、

動いていると何か気持悪い。

 

23週でこの感じだと、

妊娠後期になったらいったいどんな風に感じるのかちょっと不安。

 

そして、おなかの大きさが

すでに一人目の臨月近くになっています。

 

単胎と比べると恐ろしく早いスピードで

体がどんどん変化していって、それに心が追いつかない感じがします。

一人目を経験しているからそう思うのかもしれない。

 

単胎妊娠の時はむくみが現れたのは臨月になってからですが、

双子ちゃんの今回はすでに足がむくみ始めています。

また、お腹が張るな~って感覚も増えてきました。

 

双子妊娠って医学的には「異常妊娠」らしいのだけど、確かにそうかもと思えます。

 

また、夜は、寝付いても3時間おきくらいに目が覚めるようになっています。

トイレで起きるような、おなかの重みがしんどくて起きるような。

 

ある一説によると、産後の授乳にあわせて

体が細切れ睡眠でも大丈夫なように変化しいてると言うのもありますよね。

でも、出来れば朝までゆっくり寝たい・・・。

仕事もしているので、結構しんどいなと思うこともあります。

 

今のところ妊娠線は出来ていません。

でも腹囲100センチ超えるのが普通みたいだから、

そのうち出来るんだろうな。

 

結局妊娠線はできないままでした♥

どれくらい大きくなったかはこちら

⇒双子妊娠のお腹の大きさの経過

 

 

こんな感じで双子妊娠6ヶ月目は比較的、

安定して楽に過ごすことができています。

早く産休に入りたいこのごろ。

 

追記

元気なのと、お肌も荒れないのは

スーパーフードであるサジージュースのおかげかもしれません。

 

妊娠中に飲みだして、効果を感じたので産後も飲んでいます。

 

産後の今は、双子のため、睡眠不足がすさまじいです。だけど肌荒れ知らず。

体調管理のためにもかなりおすすめです!

体験談を書いたのでぜひ読んで見てくださいね。

豊潤サジーは双子妊娠の強い味方!

 

 

 

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ