[記事公開日]2017/09/15
[最終更新日]2017/10/03

双子の生後1ヶ月の生活~授乳はどうする~

スポンサーリンク

 

くるしい管理入院、そして出産を終え、NICUも卒業、めでたく我が家にやってきた双子の娘たち。

双子たちと過ごした1ヶ月、どんなだったかをちょっと振り返ってみます。

 

双子の授乳スケジュール

新生児といえば、2~3時間ごとにお腹をすかせて泣きます。

一人でも大変なのにそれが二人。

 

授乳、どうなると思いますか?

双子だからといって、同じ時間に寝たり起きたりお腹がすくわけではありません。

さらに、双子にありがちの低体重児だったので、直接母乳を飲ますことができないので、

3時間後との搾乳も必要になってきます。

 

双子2ヶ月

母乳は搾乳したものを哺乳瓶に入れて飲ませるという毎日。

 

新生児のころのわが子の授乳スケジュールです。

 

双子① 双子② 搾乳
02:00 01:00 02:30
05:00 03:00 06:00
08:30 06:30 09:00
11:50 07:50 12:00
14:30 10:10 15:00
15:40 12:30 18:30
17:30 17:20 21:30
20:00 18:10 0:30
23:30 20:00  

 

だいたいこんな感じ。

もちろん、日によって、ばらつきはあります。

 

双子の授乳がそろうとすごく楽なんですが、新生児のため、

起こしても起きないし、なかなかそろえるのは難しかったです。

 

見てもらえればわかると思いますが、

眠る暇がない!!!

 

しかも、1回の授乳で哺乳瓶を洗ったり、ゲップをさせたりもあるので、30分以上は必ずかかります。

1時間眠れたら、やった~!!って思っていました。

 

さらに、小学生の息子がいるので、昼間眠ることも殆どできませんでした。

産後ハイになっていたせいか起きることはできました。

過酷ながらも体調を崩さなかったのは妊娠前から飲んでいた、サジージュースのおかげかもしれません。

詳しいレビューなどはこちらの記事をどうぞ

サジージュースを飲み続けた体験談

 

まあ、でも、いくら健康的でも睡眠が取れないないのが続くのはしんどいです。

このままだと死んでしまう・・・・・と。

 

母乳は諦めて、完ミに!

スポンサーリンク

 

双子育児の場合、授乳をどうするか、一度は葛藤することと思います。

・完母

・混合

・完ミ

の3つの方法があります。

 

結論から言うと、完ミにして、育児がグッと楽になりました!!

徐々に母乳を減らし、生後2ヶ月くらいでミルクのみになりました。

私は、あの時、母乳をやめてよかったです。

 

完母のメリットデメリット

軌道に乗ってしまえば、ミルクを作り手間も省けますし、便利です。

母乳ならではの栄養などよさはたくさんあります。

母乳のメリットはこちらの記事でも書いています。

ミルクにするか母乳にするか

 

ただ、双子の場合、低体重児のことが殆どなので、完母になるまでが地獄かも・・・・。

マジで眠れませんし、母乳の量も倍です。

 

倍ということはそれだけ身体への負担も大きいです。

ママ友の一人が双子で完母なのですが、一日中喉が渇いてずっと飲み続け、食べ続けの状態。

それでも油断すると怖いくらい痩せていくといっていました。

 

混合の場合

一人の子育てと違い、双子で混合は一番大変かもしれません。

母乳をやった上にミルクを作る→ゲップ→哺乳瓶を洗う

 

私は一人目は混合でしたが、特に面倒でもなかったです。

ミルクと母乳のいいとこどりでよかったです。

 

ところが、双子だと、授乳が一日に平均16回はあります。

 

その手間たるやすさまじいものが・・・・・。

 

完ミの場合

搾乳の手間や、おっぱいのトラブルから解放されます。

夫だけが双子を見ることも可能。

その代わり、ミルク代金はすごいことになります。

 

NICUに通っている期間、ずっと3時間おきに搾乳を続けていたので、母乳は出ていました。

 

余談ですが・・・搾乳を手でしている方、電動搾乳機を使ったほうが良いです!!

 

私は頻繁な搾乳のせいで、両手の指が腱鞘炎というかばね指というか、とんでもない状態になってしまいました。

 

もっと早いうちから搾乳機を使っていればよかったです。

 

 

ピジョンの搾乳機はお値段も手ごろで大活躍でしたよ!

 

ただ、授乳が始まって・・・それに加え、搾乳もしていると、本当に身体が疲れてフラフラになっていました。

 

母乳が出ていたので、迷いもあり、辛くもあったのですが、

「完ミ」にする決意をしました。

 

私が双子を出産した病院も「母乳推進」だったので、母乳を止めたいと相談したら、ろくな返事はなかったです。

母乳を出す方法を教えてくれても止める方法は教えてくれませんでした。

 

この反応は一番辛かったかも。

ただでさえ、母乳をなくすことに対し、自分の中でも後ろ髪を引かれる部分はあるのに。

 

ミルクを飲む赤ちゃん

 

それでも、自分の心身のため、そして、

双子育児のストレスを減らす為に、ミルクのみで育てることを決断。

 

双子育児の場合、他人の意見など聞く必要ないです。

親の手伝いの有無、本人の体力、旦那の協力体制など、一人ひとり状況は違います。

 

母乳のためにイライラして子どもに当たるくらいなら、とっとと、ミルクに変えたほうがまし。

 

私の住んでいる市では、産後しばらく経つと、助産師さんの訪問があります。

早く相談したかったので、保健センターに電話をして、完ミにしたいことを伝え、来てもらいました。

 

実は双子育児は、産後ノイローゼの割合も、虐待の割合も高いです。

(市の保健センターや助産師さんが言っていました)

 

それだけ大変だからですね。

 

それを知っているので、来ていただいた助産師さんは

とにかく私が楽になる方法が一番ですと言ってくれました。

 

母乳を止めるためにやること

完ミにすると決めたものの、3時間おきに搾乳していた為に、母乳はだらだら出ていました。

おそらく、一人ならば完母にできた量です。

 

卒乳の場合と違い、食事量を減らしたりすると、

私の体力が持たないということと、どうしても時期的に止めにくいという話でした。

本来ならばこれからどんどん母乳が増える時ですからね。

 

私が母乳を止めるためにしたことです。

 

・搾乳感覚を少しずつ伸ばす

3時間おきだったのを4時間、5時間と少しずつ延ばすように意識していきました。

そして、搾乳は胸がきついなと感じる分だけ絞って、絞り過ぎないように注意。

 

・濡れタオルで冷やす

保冷剤などで冷やすと、乳腺炎担ってしまうことがあるので、

濡れタオルくらいの温度で、じんわり冷やし続けました。

 

・ミントティーを飲む

 

ミントって母乳を止める効果があるようで、飲み始めたら、ずいぶん胸のハリが楽になりました。

 

ハーブの力ってすごいです!

飲んでいる間はハリが楽になり、やめるとまた張って来る・・・。

結局完全に止まるまで、3週間以上飲み続けました。

 

 

頑張って母乳を止めて、2ヶ月になるころには完ミに。

おかげで、搾乳の必要がなくなりストレスがグッと減りました。

 

搾乳がない分、睡眠も多少取れるし、胸が痛いというイライラもなくなって、私は良かったです。

 

夜間の授乳はどうするか

 

頻繁な夜中の授乳。

旦那は仕事もあるし・・・と最初の1ヵ月半くらいまでは私一人でやっていました。

 

でも、毎日、まとめて1時間も眠れない日々が続き、

このままだとヤバイ・・・と感じたので、どうしたら一番夫にも私にもいいかを考えました。

 

一度、夫も一緒に夜中起きていてくれたのですが、

赤ちゃん二人をそれぞれが見る形になり、結局私も夫も全く眠れず・・・。

このままだと共倒れになるということで

 

我が家は交代制にしました!

21時~0時まで、夫が双子を一人で見る。

その後、0時からは私が見る。

 

そうすると最低でも3時間は続けて眠ることができます。

私は20時半には布団に入るように。

 

一応、交代の時間は0時ですが、ミルクのタイミングで1時くらいまで夫が見てくれたりしました。

 

このやり方だと、夫もまとまって眠ることができるし、私も続けて眠れるのでかなり良かったですよ。

 

ミルクの時間や量を全部つけているので、ノートを見れば簡単に引継ぎができるようになっています。

まさに、夜勤、日勤の業務!って感覚です。

授乳メモ

小学生の息子がいるので朝は6時半には起きないといけないので、夫の睡眠時間も結構少ないです。

 

他の人のブログを読むと、夜中は、一人ずつ担当というやり方をしている人もいました。

このあたりはそれぞれの体調や旦那さんのお仕事の時間などで変わってきそうです。

 

ただ、この交代制ができたのは、2ヶ月くらいまでです。

なぜなら、双子が19~20時に寝た後、次に起きるのが1時とか、3時とか、間隔が空くようになってきたから。

0時で交代するよりも、そのまま次の授乳まで寝たほうが楽になってきたのです。

 

なので、再び、私一人で夜中の授乳をするようになりました。

土日などは夜中の担当を夫に代わってもらって、私は一晩眠ることもあります。

これができるのも、完ミのおかげだな、なんて思ってます。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ