[記事公開日]2016/03/19
[最終更新日]2016/05/17

赤ちゃんの離乳食で便利なお食事エプロンの選び方とおすすめブランド

スポンサーリンク

ミルクや授乳が徐々に減って、離乳食がスタート。

この時期のママの悩みは、とにかく周りが汚れることです。一日3回食事をするようになるとその大変さは壮絶ですね。
私も何度も嫌になって、「ああっ!!もうっ!!」と切れそうになりました。

それを防ぐためには、万端の準備が必要です!離乳食スタートと言うと、ついつい、食器や何を食べさせるかばかりに目が向きがちですが、実は「エプロン」は重要な役割をしています。

エプロンは毎度の食事の後片付けを楽にしてくれるし、また、可愛いデザインを選ぶことでママの気持ちもあがるし、必須のアイテムです!
いろんなメーカーから出ていますが、こちらでは実際に使ったママたちがおすすめするものを紹介していきます♥

離乳食用エプロンの選び方

ベビーエプロン

生後5.6ヶ月

この時期のエプロンは正直必要ないと思います。
離乳食初期は食べてもスプーン1口くらいだけなので、「ベビースタイ」もしくは、タオルで十分。

私はフェイスタオルを首にぐるっと巻いて、後ろを洗濯ばさみでとめて使っていました。大きくカバーするので、十分汚れを防いでくれます。

それに、いつも見慣れた素材の方が、子供の気がそがれないで、食事の方に目線がいくのでよかったです。

生後7~11ヶ月

食事のか数が1日2~3回になってくるこのころ。やわらかいものを食べるので、布製だと、べたっとエプロンにくっついて洗うのが大変なこともしばしば。ビニール製のものを選ぶと汚れを落とすのが簡単です。

この時期はスモッグ式で、すっぽりかぶせてしまうのも良いです。

自分ではまだ上手に食べれないけれど、自分で食べたがり始めるので、いくら汚してもOK!!という意気込みで臨めるエプロンがおすすめ。

この時期はお茶碗をひっくり返して、手を突っ込んだり・・・と言うことも。

1歳~2歳近く

この時期になると、だいぶ大人の食事に近くなってきます。
固形で堅さのあるものも増えてくるので、今度はぽろぽろ床にこぼすように。

エプロンはこぼれ落ちてくる食事をしっかりキャッチできるものを選ぶといいです。

スポンサーリンク


 

使い捨てタイプ

ピジョンお出かけエプロン

使い捨てエプロン

出展http://products.pigeon.co.jp/

 
ピジョンの食事用お出掛けエプロンは、外出時に使えて便利でした。
数百円で8枚入りという安さの上、食べこぼしポケットもついていて機能性もバッチリでした。

薄いのでオムツのようにかさ張らず、持ち運びがしやすかったです。絵柄もかわいくて、親子で気に入って使っていました。汚れたり破けたりしてもそのまま捨てられるのが良いです。

 
使い捨てエプロンもひとつあると便利ですよね。
特にこちらは表面が防水加工してあるので、飲み物をうっかりこぼしても安心。

外での食事は特に服の汚れが気になります。お店の紙エプロンはへにょっとしていて使いにくいことが多々あるので、これをバッグに入れていくと安心。

セサミストリート ポケットビブスター

コストコ 使い捨てエプロン

出展http://costcotuu.com/

 
コストコで購入した、使い捨ての紙でできているエプロンが使い勝手がいいです。

セサミストリートのキャラクターがプリントされていて見た目もかわいいし、外出先などではとても便利です。

汚れたら気楽に捨てれるので、子供がすぐに汚してもストレスがたまりませんでした。軽いしたためるので持ち運びにももってこいです。枚数が多いので友達と分けるのもいいと思います。

 

たっぷりはいって格安の使い捨てタイプだと、気軽に使えるのがいいですよね。紙製なので1回きりにはなりますが、洗うことさえ嫌だ!!と言うママにはおすすめ。

また、持ち歩いても、全くかさばりません。紙製でありながらも、3層構造で生地がしっかりしてるのできちんと汚れを防いでくれるのも嬉しいです。
また、デザインも可愛いので、お子さん・・というよりママが楽しい気持ちになるかも。

こちらの商品は、特に離乳食初期~中期におすすめです。初期はべたべた、ドロドロを食べますが、紙だと水分をしっかり吸収して、つるっと下に落ちることを防ぎます。

ただ、食べこぼしをキャッチするのは無理なので、離乳食後期~幼児食のお子さんには不向きかな。

ピジョン食べこぼしキャッチエプロン

食べこぼしキャッチエプロン

出展http://products.pigeon.co.jp/

 
ピジョンの調理&ベビー食器セットに入っているプラスチック性のエプロンはとても使い勝手が良かったです。

粉ものから汁物まで、子供が食べこぼしたものをキャッチできるようになっていて、掃除が楽々でした。

また、エプロンがどんなに汚れても食器と同じように野菜洗いや洗剤で洗うことが出来て衛生的でした。首の部分が調整できることで、多少大きくなっても長く使用できましたよ。

 
こちらはシリコン製なので、洗うのが簡単。落としたご飯をキャッチするポケットもしっかり深めなので、離乳食後期の赤ちゃんにおすすめ。

シリコンだけどやわらかいので、子供の不快感がありません。単品買いだと、無地が売っていますが、食器などのセットで買うとディズニー仕様があります。

また、折りたたんでコンパクトにできるので持ち運びにも便利です。


↑離乳食中はまさにこんな状態になるのです・・・。

ベビービョルンのシリコンスタイ

ベビービョルンソフトスタイ

出展http://www.babybjorn.jp/

 
ベビービョルンのシリコンスタイは私も含め、まわりのママ友たちに使い勝手が良いと評判でした。

シリコン製なので汚れたらさっと水洗いできますし、ポケットがついているので、スプーンやフォークを使い始めたころのポロポロこぼす時期にはすごく助かりました。

カラーもたくさんあるので選ぶのが楽しいです。1500円ほどで購入しました。

 

 
ベビービョルンのものを使用しています。まずはくまちゃんがアクセントになったシンプルなデザイン、たくさんあるカラーに惹かれました。

そして使い心地は、首もとは丸みのあるデザインになっているため、痛みがないと思います。
首の太さに合わせて簡単に調整ができるのもいいです。

汚れても流すだけでほとんど取れますし、汚れがたまりそうなデザインではないので清潔にも保てます。ペラペラとしたタイプも買いましたが、こちらが一番使いやすく、ずっと愛用しています!

 
2016年現在6色展開されています!カラーが豊富だと選ぶのも楽しくなりますよね。

ピジョンのシリコンスタイは肩掛けですが、こちらは首の後ろで止めるタイプ。

肩掛けは安定感もあり、また、首の負担がないのですが、着せるのがちょっと手間にかんじる方もいます。こちらのスタイは、首でかけますが、調節もできるので、フィット感がよく、赤ちゃんに優しい作り。

食事中にエプロンを引っ張るようなこの場合は、ピジョン、そこまでなければベビービョルンかな。

食べこぼし用のポケットも丁度良い深さでしっかりキャッチするので、こどもがつかみ食べをしてぼろぼろこぼしてもママのストレスになりません^^

食器と同じように洗えて汚れも落ちるし、なかなか丈夫で長持ちします。

エムケイエンタプライズのお食事エプロン

ミッフィーお食事エプロン

出展http://item.rakuten.co.jp/miffyhouse/4966840228980/?s-id=pc_shop_recommend

 
色々なエプロンを試しましたが、最終的に落ち着いたのは株式会社エムケイエンタプライズのミッフィーベビーお食事エプロンです。

このエプロンの気に入ったところは、まずあまり素材が固すぎないので子供の体にフィットします。更に食べこぼしを受けるポケットがあるので体にフィットしつつ、こぼれてくる離乳食をキャッチしてくれます。

そして、首の後ろで留めるのですが長さ調節が出来るようになっているので少し成長しても同じ種類を使い続ける事ができます。汚れても洗って拭いてしまえばきれいになるので簡単です。

ずっと使っていたらいつしか子供は自分でご飯の時につけるようになりました。

 
シリコン系など、がっちりしたエプロンが苦手なお子さんにおすすめ。
こちらはやわらかい樹脂で出来ているので、軽くて持ち運びにも便利です。

布製エプロンと同じ感覚で使うことが出来ます。

離乳食のときの床マット

エプロンについて紹介しましたが、離乳食のときの必需品のひとつが床のマットです。
床の食べこぼし、ほんとに辛いですよね。

何も敷いていないとあっという間に、床がベトベト・・・。

そんなときに便利なのがレジャーシート!軽くて汚れを拭きやすい上に、防水です。専用のものが売っていたりもするけれど、スーパーに売っている安いもので十分です。

新聞紙を敷く手もありますが、毎回だと結構なごみになるし、見た目がいまいちなので、私はレジャーシートを使っていました。
子供の周りだけ敷くのでそんなに大きなものでなくても大丈夫です。大きいと後で洗うのが大変です。

離乳食用のテーブルを別途準備

折りたたみミニテーブル

食事させるとき、大人と一緒のダイニングだと、高さがあるので、こぼしたときに広範囲で散らかるし、飲み物などはテーブルの足を伝ってストレスだったので、折りたたみ式の低い小さめの机を別に購入して、そこで食べさせていました。

そうすると、シートを敷くのも簡単だし、汚れたら、机もどかすことができるし、こぼしても高さがないので広がらないので良かったです。

雑貨屋さんに売っている1000円程度の折りたたみテーブルと、安いベビーチェアが活躍。

チェアも1000円くらいのこんなの

ベビーチェア

出展http://www.toysrus.co.jp/

ちなみにこのとき買ったミニテーブルは今は息子の勉強机兼遊びテーブルになっているので、もう少し質の良いものを買っても良かったかな?なんて思っています。

ただ、チープなものの方が軽くて便利なんですよね。。。

まとめ

いろんなタイプの離乳食用お食事エプロンが出ていますが、月齢や子供の性格に合わせて選んでみてくださいね。

エプロンひとつで離乳食の時間がグッと楽になります!この時期を乗り越えると自分で食事をするようになりママの負担は減っていきます。

短いけれど大変なこの時期をグッズで上手に乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ