[記事公開日]2016/03/17
[最終更新日]2016/06/07

【新米ママもこれで安心】赤ちゃんのオムツかぶれが治らない時の対処法、3つ。

スポンサーリンク

赤ちゃんがなりいやすい皮膚炎のひとつがオムツかぶれ。

どちらかと言うと肌の丈夫な息子ですが、下痢が続いたときにオムツかぶれになりました。
かぶれると真っ赤にはれて痛そうだし、赤ちゃんも不機嫌になります。

ここではオムツかぶれの原因と対処法について書いていきます。

オムツかぶれの原因

オムツが合わない

オムツはメーカーによって素材やつくりが違います。その種類が合わないこともあります。

たとえば、私は生理のとき、今は布ナプキンを使用していますが、昔は普通のナプキンを使用していました。
どのメーカーも一見同じに見えるのですが、合わないものをつけると、かぶれたりかゆくなったりしていました。

いろいろ使って、1つのメーカーだけかぶれなかったことを見つけました。
大人でもこんななので、皮膚の薄い赤ちゃんはもっと敏感です。

メーカーによってずいぶん違いがあるので、オムツもいろいろ試して見ましょう。

オムツについては、こちらの記事も参考にしてみてください。
どれを選ぶか迷う!新米ママにおすすめのオムツを実際の体験談とともに紹介

オムツをあまり替えなかった

赤ちゃんとオムツ
ついつい、おしっこやウンチをしたことに気づかなくて長時間、放置してしまった・・・。おしっこには老廃物が含まれていますし、ウンチも大腸菌など刺激があるものがたくさん含まれています。それに長時間はだが接していることでかぶれを起こします。

また、赤ちゃんは体温が高く、汗をかきやすいのでオムツの中がむれがちになります。

ずっと同じオムツをつけっぱなしだとかぶれが起こってきます。

また、うっかりしていなくても、オムツが高いので、1回おしっこをしたくらいではあんまり替えたくないな・・・と感じるママもいるかもしれません。でも、ここは可愛いわがこのため気づいたらこまめに替える様にしましょう。

下痢を繰り返したとき

オムツかぶれの最大の原因は下痢だと思います。
下痢のときは下手すると1日に20回くらいオムツを替える事もあります。

しかも、赤ちゃんの下痢は長引きます。
息子が下痢になった時、本当に泣きそうでした。チョビッとずつ、下痢がオムツにつくんです。今、新しいオムツにしたのに、ぶりっと・・・。ちょろっとしか出てないけれど、オムツを替えないわけにはいけません。

下痢が続くと、どうしてもその分、皮膚への刺激が強くなります。
ウンチによる刺激ももちろんありますが、そのたびにおしりを拭くので、その刺激でかぶれていきます。

カンジタ菌によるかぶれ

皮膚科
ただのオムツかぶれと間違えやすいものに「カンジタ菌」によるがあります。

自分自身がカンジタになった経験があるママも多いのでは?カンジタ菌と言うのは、カビの一種ですが、常在菌といって、口の中や胃腸、皮膚の表面など、どこにでも存在しています。

私は妊娠をきっかけに、抵抗力が落ちたのか、膣カンジタになって、それ以来、ひどく疲れたりすると再発するようになりました。かゆくて辛いですね。このカンジタ菌が赤ちゃんの皮膚で炎症を起こしてしまうのです。

健康な状態では影響はないのですが、からだの抵抗力が落ちたり、湿度が高いところで繁殖するので赤ちゃんのオムツの中で増えてそれが原因でかぶれを起こすことがあります。

オムツかぶれの場合は、ある程度気をつけていれば自然治癒しますが、カンジタ皮膚炎の場合は、治療しないと難しいです

カンジタ皮膚炎の特徴は、かぶれと似ていますが、オムツが当たっていない、股のくびれなどにも出来てきます。赤いぼつぼつが出来て、少しただれているような感じになります。また、菌が原因なので、オムツかぶれの薬を塗っても治りません。

オムツかぶれが長引くとか、ただれた感じになったときは迷わず病院へ。

カビが原因なので「抗真菌剤」が出ることになります。

オムツかぶれへの対処法

スポンサーリンク

オムツはこまめに替える

おしっこやウンチに気づいたらすぐに替えて上げます。

オムツかぶれの原因のひとつに「紙おむつ」と言う意見もありますが、布オムツでもかぶれる子はかぶれます。

どちらの場合もでまめに替える事が大事です。

おしりふきは使わない

おしりふきは良くない
息子のかぶれがマックスになったとき、一番よくなったと思ったのは、おしりふきをやめたことでした。

おしりふきはいくら低刺激とはいえ、いろいろな成分が含まれています。

水だけだとカビが生えるので、バラベンという防腐剤は必ず含まれてるし、セチルピリジニウムクロリドなどの殺菌剤も含まれています

添加物が少ないとされるものでも、正直、数回の使用でも赤くなるのを感じました。

なので、私はどうしても外出のときをのぞき、通常はおしりふきを使わず以下の方法でやってました。

①カットコットンを準備して、それにお湯を含ませてウンチを取り除くウンチをしたときは、まず、水をたっぷり含ませた、コットンでこすらないように、大きなウンチだけを拭い取ります。ウンチをしたら洗面器とカットコットンとビニール袋を準備!洗面器にお湯を張って、コットンをぬらし拭いていきます。吹いたそばからビニールに捨てて、最後はオムツもそのビニールにくるんで捨てます。②洗面器にお湯をためて洗い流す

下痢の時などは、おしりをあらうだけで10回以上だったので、疲労しましたが、毎回、ウンチのときはお湯で洗い流してあげるようにしたら、瞬く間にかぶれが良くなりました。

また、お湯につけてあげて、こすったりしないので、赤ちゃんにとっても痛みがないし、すごく気持ちよさそうにするんですよね。

③やわらかいタオルでお尻をぽんぽんとたたくように水気を取って、しばらく自然乾燥させる

最後にお尻を拭くときもけしてこすりません。また、タオルもがさがさしているのではなくて、やわらかい新しいものを使うようにしていました。水気を取った後は、完全に乾くまでしばらくお尻を出しておきます。

 

以上の3ステップでかなり良くなりました。
お金はかかりませんが、手間がかかります。でも、普段からこのやり方をすることで息子はオムツにかぶれることがなくなりました。

6月生まれだったので、むれやすかったのですが、大丈夫でした。

ありがたいことに、息子が通っていた保育園も、おしり拭きの使用はしていませんでした。子供がウンチをしたときは、先生が専用の場所でお尻を洗ってくれていました。おかげで、保育園に通ってからもかぶれることがありませんでした。

いちいちコットンを準備するのが大変、洗面器で洗う余裕がないという方は、こちらの商品がおすすめです。

新米ママと赤ちゃんが楽になるための子育て便利グッズおすすめ14選←こちらの記事でも紹介したのですが、「あったかいdeシュ!」というすぐれもの。
あったかいでしゅ

霧吹きのようなものを温めておいてくれる子育てグッズ。冷たいお水がおしりに触れると赤ちゃんはびっくりしちゃうのでそれを適温に温めてくれます。

冷たい水よりも温かい方が気持ちがいいですし、ウンチも落ちやすいです。

下痢をしているときは常に保温していて、いつでも使えるようにしていると安心です。おしりに5回くらいシュッシュッとして、ウンチを流してあげます。簡易ウォシュレットのような感じです。

その後は、やわらかいコットンでお尻を拭いてあげます。

お尻を綺麗にしたら保湿をする

おしりをしっかり乾かしたら、こまめに保湿をしておきます。

ベビーワセリンで保湿

かぶれているときにおすすめなのは、ワセリン。普通の白色ワセリンでもいいですが、さらに不純物が少ない「べビーワセリン」なら無添加なので安心です。ワセリンは、傷口にぬれるくらい刺激がありません。

ベビーワセリン

出展http://www.baby-waserin.net/

ワセリンは水分が飛ばないように膜を張るような役割があります。表面を保護することで中の潤いが逃げることを防ぐことが出来ます。

ママの手荒れにもワセリンはおすすめ→【新米ママの手荒れの悩み対策】赤ちゃんの子育て中でもできること7つ

ちなみにおしりだけではなく、口の周りのよだれのかぶれ、乾燥肌のガサガサなどさまざまなトラブルに使えます。お値段も安いし、1本あると重宝します。

かぶれているときに市販の保湿剤(乳液など)を使うときは、その成分(防腐剤など)に刺激を受けて悪化する場合もあるので要注意です。

 

 

サンホワイトで保湿

同じワセリンでこちらも高純度です。
サンホワイト

出展http://www.sunwhite.net/

サンホワイトはワセリンの中では、不純物を極限まで取り除いている商品。
通常の白色ワセリンでダメだった方もこちらだと大丈夫と言う人も多いです。

冬場は堅くなって出にくい&塗りにくいので少し温めて使うといい感じです。

市販されている中ではもっとも純度が高いとも言われています。不純物がないほど刺激が少ないです。ただ、ベビーワセリンでも十分純度は高いので、どちらを使っても良いかなと個人的には感じています。

 

 

ファムズベビーで保湿

ファムズベビー

赤ちゃんのために研究された保湿液です。こちらはワセリンのように表面に油膜を張るのではなく、角質に潤いが浸透していくというタイプ。保湿した上に肌をバリアする機能があります。

またワセリンとの違いは使い心地で、しっとりはするものの、べたつきがないのが特徴です。

口の周りの食べ残しかぶれにも良いです。

保湿プラスバリア機能で赤ちゃんの肌を守ります。

普通肌の子ならワセリンでも十分ですが、敏感肌や、アトピー体質のお子さんだとそれだけだと難しいこともあります。

@コスメの評判を見てみても、アトピー体質や肌の弱いお子さんには高評価。

わが子は今は小学生で肌も丈夫なので必要がないのですが、実は肌の弱い友達の子にプレゼントしたのですが、「すっごくいいよ~」と喜んでもらえました。

店頭で売っていると商品と違って、公式サイトから購入すると、使ってみて合わなかったら返金保障がありますよ。

【追記】

こちらの商品は4月にリニューアルしていて、24時間連貼り付けの閉鎖パッチテストを行い「皮膚刺激指数 0.0」「評価 安全品」となっています。

また、スティンギングテストといって、刺激性を感じやすい敏感肌を自覚する方のみを対象としてピリピリ、チクチク感についてのテストも行い、基準品(乳酸5%)の半分の数値で刺激性無しとされています。

それまでも、アトピーやかぶれに弱いお子さんの口コミは良かったですが、さらに企業努力を重ねて、より良いものを作っているところが好感をもてます。

私は、消費者のために品質管理と努力を怠らない企業が大好きです。

販売サイト→【ファムズベビー】

まとめ

赤ちゃんのオムツかぶれ対処は

●こまめにオムツを替える

●保湿する

●ウンチはお湯で洗い流す

の3点がポイントです。

かぶれがあるとママは大変ですが、がんばっていきましょう^^

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ