[記事公開日]2016/02/22
[最終更新日]2016/02/21

人見知りしないのは赤ちゃんの性格?心配なママへ

スポンサーリンク

赤ちゃんは人見知りするものと言われています。

育児書に書いてあったり、ママ友や親に、「あなたの子供人見知りしないけれど大丈夫なの?」なんて言われて不安になったことはないですか?

人見知りをしない理由は何か、また、しない赤ちゃんを育てたママたちの体験談を紹介します。

人見知りしない赤ちゃんの何が心配?

●たとえば、自閉症など、何らかの発達障害がある赤ちゃんの場合、ママと他人との判別がつきにくく、人見知りがしない場合があると言われています。

ただ、赤ちゃんのお成長には個人差が大きく、専門家の判断を仰ぐ必要があります。

ママが不安に思っていても実は性格の範疇と言うこともありますし、また、逆に、心配なところを放置しておくことで、診断が遅れ、そのことで、ママも子供も辛い思いをすることもあります。

不安に思うことがあれば、市町村の子育て支援センターや保健師さんなどに相談することをおすすめします。

●愛情不足で親に甘えられない場合、その分の愛情を誰でもいいから求めて、他の人にかまって欲しくて人見知りをしないと言う話を聞いたことがあるママもいるかもしれません。

ただ、これも全部が全部そうではないのと、こちらのページに来ているママはお子さんのことを心配して来ているので、まず、愛情不足ということはないかと思います。

愛情を注いでいないママは人見知りしない赤ちゃんのことを気にかけることもないからです。

人見知りをしない理由

赤ちゃんの生まれ持った性格

個性がある

赤ちゃんは生まれたときから個性があります。

赤ちゃんのころから良く寝る子、物音がしても気にならない子、逆に、ちょっとしたことでかんしゃくを起こす子など、これらは、生まれたときから違っています。

そのひとつの性格として、もともと、誰が来ても緊張しない赤ちゃん。

実は私の兄がそのタイプで、小さいころから誰に抱っこされてもニコニコ、人見知りが全くなかったそうです。

そんな兄は、その特徴を生かしてか、現在はバリバリの営業マンです。

小さいころからだれかれかまわず仲良くなるような性格の兄でした。

逆に私はすごく人見知りで、今でも人と付き合うのはちょっと苦手です(接客業でありながら)

私の家系の血が強いのか、私の息子も人見知りがなかったです。

その上「後追い」もありませんでした。

周りの子はママの姿が見えなくなると、泣き出したり、追いかけたり激しかったのに・・・うちの子は、私がトイレに行っても、その間、動揺することもなく、他のママに抱っこされてました。

それはそれでちょっと寂しかったです・・・。

生まれたときから周りに人がいる環境

大家族

家が自営業で人の出入りが多かったり、赤ちゃんのときからいろんな集団の中にいたり、と言う場合、他人がいる環境が赤ちゃんにとって当たり前になっているので、人見知りをしない場合があります。

息子は小さいときから支援センターに行ったり、早いうちから人に預けることもあったので、人慣れしていたのかもしれません。

人見知りしなかった体験談8話

そうはいっても、心配と思うあなたへ。

小さいころ人見知りをしなかったお子さんが今どんな感じになっているのかを、ママたちに体験談として話してもらいました。

あなたの不安が和らぎますように^^

 
わが子は8歳なのですが、小さい頃から人見知りがなく誰にでも懐く性格です。一人っ子で周りに大人が多いせいか誰にでも寄っていきます。

心配だったことは小学生に入る頃は誰かについて行かないかな?って言う心配はあります。

今はそのおかげか誰にでも挨拶をしたり頭を下げたりと人見知りがなかったからちゃんとできているのかなあと思います。

 

 
うちの息子は昔から全く人見知りをしない子でした。芸能事務所に入っていたこともあり、仕事をする上で、男性女性関係なく抱かれることも多くあったのも関係しているのかもしれなません。

心配はしなかったですし、むしろ人見知りをしないおかげで色々な人に可愛がられたのはよかったなと感じました。

現在5歳半ですが、誰にでもすぐに話しかけ人懐っこい息子です。

 

スポンサーリンク

 
ベビーカーに乗せて散歩に行った時に、知らない人に話しかけられても、ニコニコ。

公園に行っても、知らない子とすぐに仲良くなり、お母さんたちとも気軽に話していました。

一度迷子になった時、私たちが必死に探している中、知らない高校生に手をひかれニコニコしながらつれて来られたときは、誰にでもついていきそうで不安になりました。

大きくなった今はいろんな友達が出来て楽しそうです。

 

 
うちの子たち3人は、長男は極度の人見知り、次男、長女は人見知りしませんでした。

長男が極度の人見知りだった為、子供はこんなものと思っていましたが、次男、長女は、長男の幼稚園などでいろんな方々にどうしても会わずにはいられず、自然と人見知りしなかったのだろうと思います。

生後半年から一歳までは誰に話かけられても機嫌がよく、誰かに抱かれても泣いた事がなく、私は気が楽な反面、親と他人を判別しているのか不安に思うこともありました。

幼稚園に入るまでの時期でも、子供から誰にでも話しかけたり散歩中の犬に突進したりで、子供に急に話しかけられた方や散歩中の飼い主さんにご迷惑をお掛けしました。

なので、外に連れ出したときは目が離せませんでした。

幼稚園以降、現在も言い聞かせていますが、学校御以外の大人に話しかけたり、ついていかない、散歩中の犬を見かけても飼い主さんに断りなく触らないことを言い聞かせています。

 

 
半年くらいからスーパーなどで話しかけてくださる知らない方にもニコニコ。

10ヶ月健診の時も医師、看護師、栄養士にもニコニコ。

私の友人にも「抱っこさせて」と言われさすがに泣いちゃうかな?と思っても、嫌がる素振りもなく、抱いている人の顔をジーっと見つめているだけでした。

一歳を過ぎた辺りから、仕事に復帰し、保育園が決まるまで市の『ファミリーサポート』(市の講座を受講した、一般の方の家に預かっていただくサービス)を利用して居たのですが、

お預けするときに、泣いたことも一度もなく、ならし保育でも逆に帰りたくないのかお迎えに行くとひっくり返って泣く感じでした。

今でも一切人見知りしないので、これから学校へ行くようになっなら登下校中知らない人についていかないか心配です。

 

 
現在、小学一年生の息子は産まれてから人見知りをする事無く育っています。

最初の子だったので、経験よりも体験談や育児書の話ばかりだったので、かなり頭でっかちになっていて、赤ん坊はある時期を境に人見知りをするようになるものだと思い込んでいました。

でも、息子は愛想よくニコニコ。誰に話しかけられても、触られても、抱っこされても機嫌よくニコニコしていました。

まぁ、さらに物事が理解できる年齢になったら人見知りをするのかな?と構えていた私。

その後の息子は人見知りをする事無く、その場に居る子とすぐにお友達になれる位フレンドリーに育ち、それは今でも続いてます。

新しい環境に入って、最初のほんの少しだけ様子を見るようですが、すぐにたくさんのお友達を作ります。

そんな息子の成長過程で、人見知りという部分では全く心配はしませんでした。逆に素晴らしいと我が子ながらに褒めてしまいます。

 

 
私の子供は男の子で現在9歳です。

人見知りというと知らない人やたまにしか会わない人だと泣いたり嫌がったりということなのでしょうが、うちの子は初めて会う人に抱っこされてもまったく泣きませんでした。

全員ではないですが、なんとなく気に行った人には笑顔も見せます。

ですので知らぬ間に誰かに連れて行かれてもわからないなという不安もありましたし、あまり人見知りしないというのも発達に問題があるのかも?など思ったりしました。

その割に保育園に行ったら保育士さんに慣れなくて大変でした。

 

 
小さい時から人見知りしなくて、知らない大人にも話しかけますし、知らない同世代の子供にも年上の小学生にも、積極的に話しかけます。

娘は一人っ子で、ただみんなと仲良くしたいだけなのですが、私は私の目の届かない所で、知らない大人に話しかけてしまうのを心配しています。

犯罪の多い世の中ですし、誘拐とかが心配です。

今は幼稚園生ですから幼稚園の送り迎えは私がしているし、娘1人で出かける事はありません。

小学生になってからが心配なので、今のうちから、知らない人には絶対についていってはいけないよと言う事を教えている所です。

そのせいか、スーパーやショッピングセンターなどで少しでも私の姿が見えないと、声を出して私を呼ぶようになりました。

 

こうしてみると人見知りをしないお子さんをお持ちのママは結構な割合でいます。

そして人懐こいまま小学生に。

どのママも心配するのは「誰かについていかないか」ということ。

確かに、知らない人でも警戒することがないのでママとしても心配ですよね。

息子も人見知りをしない子だったので、スーパーに言ってもすぐに一人でどこかへ行ってしまって、ひやひやしたことが何度もあります。

出かけるときは親の元を離れないことと、知らない人にはついていってはダメと言うことをしっかり言い聞かせる必要があります。

最近はいろんな悲しい事件も起きているので、私も日常からこどもには絶対に人についていかないことを口すっぱく言ってあります。

このことに関しては、共働きの小1の壁、小学生になって変わったことの記事の、登下校や留守番の注意点の項目で詳しく書いてあるので、人懐っこいこれから小学生になるお子さんをお持ちのママは参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ